歌謡曲・演歌 唱歌・フォーク 日本語のポップス・映画音楽
日本語のシャンソン 日本語のカンツォーネ・ラテン 日本語のロシアン
日本語のハワイアン 日本語のクリスマスソング 日本語のその他

歌謡曲・演歌

■サークルのテーマソング「大きな樹」・「北の旅」




ああ上野駅
どこかに故郷の 香りをのせて 入る列車の なつかしさ
上野は俺らの 心の駅だ くじけちゃならない 人生が あの日ここから 始まった

就職列車に ゆられて着いた 遠いあの夜を 思い出す
上野は俺らの 心の駅だ 配達帰りの 自転車を とめて聞いてる 国なまり

ホームの時計を 見つめていたら 母の笑顔に なってきた
上野は俺らの 心の駅だ お店の仕事は 辛いけど 胸にゃでっかい 夢がある


愛燦燦(あいさんさん)  美空ひばり  小椋佳作詞・作曲
雨 潸潸(さんさん)と この身に落ちて わずかばかりの  運の悪さを 恨んだりして
人は哀しい 哀しいものですね それでも過去達は 優しく睫毛(まつげ)に憩(いこ)う
人生って 不思議な  ものですね

風 散散(さんざん)と この身に荒れて 思いどおりに ならない夢を 失(なく)したりして
人はかよわい かよわいものですね それでも未来達は 人待ち顔して微笑(ほほえ)む
人生って 嬉しい  ものですね

愛 燦燦(さんさん)と この身に降って 心秘そかな 嬉し涙を 流したりして
人はかわいい かわいいものですね ああ 過去達は 優しく睫毛に憩う
人生って 不思議なものですね
ああ 未来達は 人待ち顔して微笑(ほほえ)む 人生って 嬉しい  ものですね


哀愁の街に霧が降る
日暮れが青い灯 点けてゆく 宵の十字路 涙色した 霧が今日も降る
忘られぬ 瞳よ 呼べど並木に 消えて ああ 哀愁の街に霧が降る

花売り娘の 花束も 濡れる十字路 残る香に 甘く思い出す
過ぎし日の あの夜は カラー・フィルムのコマか ああ 哀愁の街に霧が降る

切なく降る降る 身も細る 霧の十字路 窓を洩れ来る 唄もすすり泣く
懐かしの ブローチ 肌に冷たく 沁みて ああ 哀愁の街に霧が降る


哀愁列車
惚れて 惚れて 惚れていながら 行く俺に 旅をせかせる ベルの音
辛いホームに 来は来たが 未練心に つまずいて 落とす涙の 哀愁列車

燃えて 燃えて 燃えて過ごした 湯の宿に うしろ髪引く 灯がひとつ
今宵逢瀬を 待ちわびる 君の幸せ 祈りつつ 旅に逃れる 哀愁列車

泣いて 泣いて 泣いているのを 知らぬげに 窓は二人を 遠くする
堪え切れずに 見返れば すがるせつない 瞳(め)のような 星が飛ぶ飛ぶ 哀愁列車


愛人
あなたが 好きだから それでいいのよ たとえ一緒に 街を歩けなくても
この部屋に いつも 帰ってくれたら 私は 待つ身の 女でいいの
尽くして 泣きぬれて そして愛されて 時が二人を 離さぬように
見つめて 寄り添って そして抱きしめて このままあなたの胸で 暮らしたい

巡り合い 少しだけ 遅いだけなの 何も言わずいてね 分かっているわ
心だけせめて 残してくれたら 私は見送る 女でいいの
尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日が二人を 壊さぬように
離れて 恋しくて そして逢いたくて このままあなたの胸で 眠りたい

尽くして 泣きぬれて そして愛されて 明日が二人を 壊さぬように
離れて 恋しくてそして逢いたくて このままあなたの胸で 暮らしたい


逢いたいなぁあの人に
島の日暮れの 段々畑 紺のモンペに 涙がホロリ ホロホロリ
逢いたいなァ あの人に 子どもの昔に 二人して 一番星を エ〜エ〜エ 探したね

風が泣いてる 夕風夜風 姉さんかむりに 花びらホロリ ホロホロリ
逢いたいなァ あの人に つばめは今年も 来たけれど わたしは一人 エ〜エ〜エ 待ちぼうけ

たばこ畑の 石ころ小道 はいた草鞋に 夜露がホロリ ホロホロリ
逢いたいなァ あの人に 今夜もこっそり 裏山に 出てみりゃ淋し エ〜エ〜エ おぼろ月


愛の言葉も今はいらない
あなたの愛に 沈んでゆく夜は、何も言わずに 愛してほしい
窓打つ雨が 二人を隠す 束の間でいい、すべてが欲しい
愛の言葉も 今は要らない 何も言わずに 抱きしめて  アイラビュー アイラビュー

はじめて指を からませた日から 分っていたわ 黙っていても
どれほど深く 愛されているか 苦しいほどに 感じていたわ
愛の言葉も 今は要らない 何も言わずに 抱きしめて  アイラビュー アイラビュー


愛のフィナーレ
恋の終わりは 涙じゃないの それは 想い出の 始まりなのよ
知っていました 別れは来ると だからいいのよ 言い訳なんか
誰にも負けずに あなたを 愛した 私なの
今ではひたすら あなたの幸せ 祈るだけ
恋は消えても 残る思い出 指で数えて 私は生きる

思えばはかなく 短い月日の恋でした
悔やんでないから 私は言えるの さよならを
愛の思い出 あなたがくれた 一人ぼっちの 私のために


愛のふれあい
アアーー ルルーー
感じていたの 今夜は始めから 私をじっと 見る目が違う
胸に秘めた 深い悩み たとえ聞いても言わないで 
アア アアあなただけ好きだから 愛をなくす 愛をなくす 明日が怖いの

アアーー ルルーー
過ちなんて 誰にもあることよ 忘れてほしい お願いだから
あなただけが 支えなのよ だから一人にさせないで
アア アア いつまでも側にいて 愛をなくす 愛をなくす 明日が怖いの

アアーー ルルーー
それから先は 秘密にしておいて 私のことを 思っていたら
今は 愛を 信じ合って 済んだことなどふれないで
アア アア どこへでもついて行く 愛をなくす 愛をなくす 明日が怖いの


青い山脈  西條八十 作詞  服部良一 作曲
若くあかるい 歌声に 雪崩は消える 花も咲く
青い山脈 雪割桜 空のはて 今日もわれらの 夢を呼ぶ

古い上衣よ さようなら さみしい夢よ さようなら
青い山脈 バラ色雲へ あこがれの 旅の乙女に 鳥も啼く

雨にぬれてる 焼けあとの 名も無い花も ふり仰ぐ
青い山脈 かがやく嶺の なつかしさ 見れば涙が またにじむ

父も夢見た 母も見た 旅路のはての その涯の
青い山脈 みどりの谷へ 旅をゆく 若いわれらに 鐘が鳴る


青葉城恋唄    星野船一 作詞  さとう宗幸 作曲
広瀬川 流れる岸辺 想い出は 帰らず 早瀬 躍る光に 揺れていた君の瞳
時はめぐり また夏が来て あの日とおな じ 流れの岸 
瀬音ゆかしき 杜の都 あの人はもういない

七夕の 飾りは揺れて 想い出は帰らず 夜空 輝く星に 願いをこめた君の囁き
時はめぐり また夏が来て あの日とおなじ 七夕祭り
葉ずれさやけき 杜の都 あの人はもういない

青葉通り 薫る葉緑 想い出は 帰らず 樹かげ こぼれる灯に 濡れていた君の頬
時はめぐり また夏が来て あの日とおなじ 通りの角
吹く風やさしき 杜の都 あの人はもういない

時はめぐり また夏が来て あの日とおなじ 通りの角
瀬音ゆかしき 杜の都 あの人はもういない


赤いグラス
くちびる 寄せれば なぜかしびれる 赤いグラスよ
愛しながら 別れて 今もなお 遠く愛しむあの人の 涙 涙 涙

別れの 言葉を 思い出させる 赤いグラスよ
わたしだけが 知ってる あの夜の 恋の苦しみ もう一度 夢を 夢を 夢を

帰らぬ あの日よ 今宵再び 赤いグラス
花は咲いても 散っても 想い出は 赤いグラスに口づけて いつも いつも いつも


赤いハンカチ
アカシヤの 花の下で あの娘がそっと 瞼を拭いた 赤いハンカチよ
怨みに濡れた 目がしらに それでも涙は こぼれて落ちた

北国の 春も逝く日 俺たちだけが しょんぼり見てた 遠い浮雲よ
死ぬ気になれば 二人とも 霞の彼方に 行かれたものを

アカシヤの 花も散って あの娘はどこか 俤(おもかげ)匂う 赤いハンカチよ
背広の胸に この俺の こころに遺(のこ)るよ 切ない影が


赤いランプの終列車
白い夜霧の 灯りに濡れて 別れ切ない プラットホーム
ベルが鳴る ベルが鳴る さらばと告げて 手を振る君は 赤いランプの 終列車

涙かくして 微笑み合うて 窓に残した 心の温み
あの人は あの人は 何日また逢える 旅路の人か 赤いランプの 終列車

遠い汽笛に うすれる影に 一人佇む プラットホーム
さようなら さようなら 瞼の奥に 哀しく消える 赤いランプの 終列車


赤城の子守歌
泣くなよしよし ねんねしな 山の鴉が 啼いたとて
泣いちゃいけない ねんねしな 泣けば鴉が 又さわぐ

坊や男児(おとこ)だ ねんねしな 親がないとて 泣くものか
お月様さえ ただひとり 泣かずにいるから ねんねしな

にっこり笑って ねんねしな 山の土産に 何をやろ
どうせやくざな 犬張子 貰ってやるから ねんねしな


アカシヤの雨がやむとき
アカシヤの雨に うたれて このまま 死んでしまいたい
夜が明ける 日がのぼる 朝の光の その中で
冷たくなった わたしを見つけて あの人は 涙を流して くれるでしょうか

アカシヤの雨に 泣いてる 切ない 胸はわかるまい
思い出の ペンダント 白い真珠の この肌で
淋しく今日も あたためてるのに あの人は 冷たい瞳(め)をして 何処かへ消えた

アカシヤの雨が 止む時 青空さして 鳩がとぶ
むらさきの 羽の色 それはベンチの片隅で
冷たくなった わたしのぬけがら あの人を さがして遥かに 飛び立つ影よ


赤と黒のブルース
夢をなくした 奈落の底で 何をあえぐか 影法師
カルタと酒に ただれた胸に なんで住めよか なんで住めよか ああ あのひとが

赤と黒との ドレスの渦に ナイトクラブの 夜は更ける
妖しく燃える 地獄の花に 暗いこころが 暗いこころが ああ またうずく

月も疲れた 小窓の空に 見るは涯ない 闇ばかり
倒れて眠る モロッコ椅子に 落ちた涙を 落ちた涙を ああ 誰が知ろ


紅とんぼ
からにしてって 酒もつまみも 今日でおしまい 店じまい
五年ありがとう 楽しかったわ いろいろお世話になりました
しんみりしないでよ ケンさん 新宿駅裏 紅とんぼ 思い出してね 時々は

いいのいいから つけは帳消し 貢あいても いないもの
だけどみなさん 飽きもしないで よくよく通ってくれました
唄ってよ騒いでよ しんちゃん 新宿駅裏 紅とんぼ 思い出してね 時々は

だからほんとよ くにへ帰るの 誰ももらっちゃ くれないし
みんなありがとう 嬉しかったわ 溢れてきちゃった 想い出が
笑ってよ なかないで チーちゃん 新宿駅裏 紅とんぼ 思い出してね 時々は


憧れのハワイ航路
晴れた空 そよぐ風 港出船の ドラの音愉(たの)し
別れテープを 笑顔で切れば 希望(のぞみ)はてなき 遥かな潮路
ああ あこがれの ハワイ航路

(二)
波の背を バラ色に 染めて真赤な 夕陽が沈む
一人デッキで ウクレレ弾けば 歌もなつかし あのアロハオエ
ああ あこがれの ハワイ航路

(三)
とこ夏の 黄金月(こがねづき) 夜のキャビンの 小窓を照らす
夢も通うよ あのホノルルの 椰子の並木路 ホワイトホテル
ああ あこがれの ハワイ航路


あざみの歌   横井 弘 作詞   八洲秀章 作曲
山には山の 愁いあり 海には海の かなしみや
ましてこころの花園に 咲きしあざみの 花ならば

高嶺の百合の それよりも 秘めたる夢も ひとすじに
くれない燃ゆるその姿 あざみに深き わが想い

いとしき花よ 汝はあざみ こころの花よ 汝はあざみ
さだめの道ははてなくも かおれよせめて わが胸に

熱海の夜
たった一度の 倖(しあわ)せが はかなく消えた ネオン街(まち)
忘れられない 面影を 月にうつした 湯の宿よ 熱海の夜

妻と書かれた 宿帳に 沁(し)みた涙の 傷あとよ
ままにならない 人の世に やせて悲しい 枯れ柳 熱海の夜

恋も湯けむり 消えるもの 知っていたけど 燃えました
こんな女の 私でも 夢に見るのよ あの人を 熱海の夜


熱海ブルース
昨日来た街  昨日来た街 今日また暮れて つきぬ情(おも)いの 湯けむりよ
雨の匂いも やさしく甘く 君は湯上り 春の顔

宮(みや)を泣かした 宮を泣かした 横磯(よこいそ)あたり おぼろ薄月 気にかかる
女ごころと 温泉(いでゆ)のなさけ 口にはいえない ことばかり

熱海湯の町 熱海湯の町 湯の香に聞く 花は白梅 山ざくら
仇に散らすな 奥山しぐれ 濡れて玄岳(くろだけ) 越えらりょか


熱き心に
北国の 旅の空 流れる雲 はるか 時に 人恋しく
くちびるに 触れもせず 別れた女 いずこ 胸は 焦がれるまま
熱き心に 時よ戻れ なつかしい想い つれもどれよ
ああ 春には 花咲く日が ああ 夏には 星降る日が 夢を誘う 愛を語る

熱き心に 君を重ね 夜の更けるままに 想いつのらせ
ああ 秋には 色づく日が ああ 冬には 真白な日が 胸を叩く 歌を歌う  歌を・・・
オーロラの 空の下 夢追い人 一人 風のすがたに似て 熱き 心 君に・・・


あなたのすべてを   佐々木 勉   佐々木 勉 作詞/作曲
名前も知らない 貴方と私 なのに不思議ね 胸がときめく
恋はこうして 生まれるものなのね おしえて欲しい 貴方のすべてを
今宵一人で歌う 貴方への歌

初めて会った あの日から 私の心を はなれない
これが本当の 恋というものかしら おしえて欲しい 貴方のすべてを
今宵一人で想う 貴方だけのこと

今度逢えるのは いつの日かしら あなたと会った このお店で
明日も私は そっとあなたを待つの おしえて欲しい 貴方のすべてを
今宵一人で歌う 貴方への歌 貴方への愛 貴方への歌


あなたのブルース
雨が窓をうつ 私の胸を打つ 私は指をかむ 切なく指をかむ
あなた あなた あなた あなた あなた ああ 私のあなた
あなた あなた あなた あなた あなた ラー ルルラ ルルラ ルーラー
暗いお部屋で空しく 一人唄うは ああ ああ あなたのブルース

夢で逢う人も 逃げて行く幻も 昔の想いでも 明日の希望も
あなた あなた あなた あなた あなた ああ 全てが あなた
あなた あなた あなた あなた あなた ラー ルルラ ルルラ ルーラー
押さえきれずに 激しく 泣いて歌うは ああ ああ あなたのブルース


あの歌が流れる夜
思い出すわ あの頃を今夜も M・・ あなたを、M・・あなたを
辛いけれど 辛いけれど 思い出すのよ M・・ 今夜も M・・ 今夜も
あなたがよく歌っていた あの歌がほら 聞こえるわ きれいな歌ねこの歌は いつ聞いても

寂しいわね こんな夜は 一人ぼっちで  気が付けばいつだって こうして 酒浸り
そんな目で 私を 見つめないでよ 分ってはいるのよ 分ってはいるのよ
あなたがよく歌っていた あの歌がほら 聞こえるわ きれいな歌ね この歌は いつ聞いても

思い出すわ あの頃を 今夜も M・・ あなたを M・・ あなたを
辛いけれど 辛いけれど 思い出すのよ M・・ 今夜も M・・ 今夜も


網走番外地
春に 春に追われし 花も散る 酒(きす)ひけ酒ひけ 酒暮(きすぐ)れて
どうせ俺(おい)らの 行く先は その名も 網走番外地

キラリ キラリ光った 流れ星 燃えるこの身は 北の果て
姓は誰々 名は誰々その名も 網走番外地

遥か 遥か彼方にゃ オホーツク 紅(あか)い 真っ紅(か)な ハマナスが
海を見てます 泣いてます その名も 網走番外地

追われ 追われこの身を 故里で かばってくれた 可愛いい娘(こ)
かけてやりたや 優(やさ)言葉 今の俺らじゃ ままならぬ


雨音に時を忘れて
小雨が降り続く 冷たい街を 傘も差さずに 来るなんて 馬鹿ね
どうしてそんなに あなたはいつも 無茶なことばかり するのかしら
思い出すわ あのころを 若さに きらめいて
愛の中で 揺れていた あなたと私
おどけているような 小雨の音に 時を忘れる 雨の夜です

まがったネクタイを 直してあげるから ねえお願い じっとしていてね
紅茶にしましょうか?それともブランディー?何から何まで私任せね
久しぶりに あなたの 胸に頬寄せて
酔いに任せ いつまでも 踊ってみたいわ
おどけているような 小雨の音に 時を忘れる 雨の夜です


天城越え
隠し切れない 移り香が いつしかあなたに 染みついた
誰かにとられる くらいなら あなたを殺していいですか
寝乱れて 隠れ宿 つづら折り 浄蓮の滝
舞い上がり 揺れ落ちる 肩の向こうに あなた 山が燃える
何があってももういいの くらくら燃える火をくぐり あなたと越えたい 天城越え

口を開けば 別れると 刺さったまんまの 割れガラス
二人でいたって 寒いけど 嘘でも抱かれりゃ 暖かい
わさび沢 隠れ道 小夜しぐれ 寒天橋
恨んでも 恨んでも 体うらはら あなた 山が燃える
戻れなくてももういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え

走り水 迷い恋 風の群れ 天城隧道
恨んでも 恨んでも 体うらはら あなた 山が燃える
戻れなくてももういいの くらくら燃える 地を這って あなたと越えたい 天城越え


雨が止んだら
雨が止んだら お別れなのね 二人の思い出 水に流して
二度と開けない 南の窓に ブルーのカーテン 引きましょう
濡れたコートで 濡れた身体で あなたは あなたは 誰に 誰に 逢いに行くのかしら
雨がやんだら あたしはひとり ドアにもたれて 泪にむせぶ

雨が止んだら 出て行くあなた 冷たい靴音 耳に残して
あなたがつくった インクのしみを 花瓶をずらして 隠しましょう
濡れたコートを 濡れた身体を あなたは あなたは 誰に 誰に あたためてもらうの
雨がやんだら あたしはひとり あなたのガウンを まとってねむる


雨に咲く花
およばぬことと 諦めました だけど恋しい あの人よ
儘になるなら いま一度 ひと目だけでも 逢いたいの

別れた人を 思えばかなし 呼んでみたとて 遠い空
雨に打たれて 咲いている 花がわたしの 恋かしら

はかない夢に すぎないけれど 忘れられない あの人よ
窓に涙の セレナーデ ひとり泣くのよ むせぶのよ


雨の銀座
雨の銀座の 街角で 一人涙に 濡れながら
うそと知りつつ 待ちました 男ごころは 移り雨

女ごころの 古傷に かけた情けが うれしくて
うそと知りつつ 待ちました 恋の銀座は 小ぬか雨

濡れて待つ身の みじめさを 一目あなたに 見せたくて
うそと知りつつ 待ちました 女泣かせの 通り雨

ついてゆきたい どこまでも それが女の 意地だから
うそと知りつつ 待ちました 夜の銀座は にわか雨

雨よ雨雨 降らないで 今日も銀座の 街角で
うそと知りつつ 待ちました 馬鹿な女の 涙雨


雨のバラード
降りしきる 雨の舗道 頬つたう 銀のしずく 傘もささず 歩いてた
ああ あの人の うしろ姿が 淋しそうで・・・・・

声かけて 呼び止めたい なぜか心 さそわれて 足止めて 振り返れば
ああ あの人の うしろ姿が 雨にけむる 街角
名も知らぬあなたに 昔の僕をみた 恋して燃えた火を 雨が消してしまった
遠い過去の 思い出

忘られぬ 雨の舗道 頬つたう 銀のしずく 傘もささず 歩いてた
ああ あの時の 僕の姿に よく似ている あの人
名も知らぬあなたに 昔の僕をみた 恋して燃えた火を 雨が消してしまった
遠い過去の 思い出

降りしきる 雨の舗道 頬つたう 銀のしずく 傘もささず 歩いてた
ああ あの人の うしろ姿が 淋しそうで・・・・・
ラララ ラララ ララララ〜ラ ラララ ラララ ララララ〜ラ
ラララ ラララ ララララ〜ラ ラララ ラララ ララララ〜ラ


雨の慕情
心が忘れた あのひとも 膝が重さを 覚えてる
長い月日の 膝まくら 煙草プカリと ふかしてた
にくい 恋しい にくい 恋しい めぐりめぐって 今は恋しい
雨雨ふれふれ もっとふれ 私(わたし)のいいひと つれて来い
雨雨ふれふれ もっとふれ 私のいいひと つれて来い

ひとりで覚えた 手料理を なぜか味見を させたくて
すきまだらけの テーブルを 皿でうずめて いる私
きらい逢いたい きらい逢いたい くもり空なら いつも逢いたい
雨雨ふれふれ もっとふれ 私のいいひと つれて来い
雨雨ふれふれ もっとふれ 私のいいひと つれて来い 

雨雨ふれふれ もっとふれ 私のいいひと つれて来い
雨雨ふれふれ もっとふれ 私のいいひと つれて来い


雨の御堂筋
小糠雨降る 御堂筋 こころ変わりな 夜の雨
あなた・・・ あなたは何処よ あなたをたずねて 南へ歩く

本町あたりに あなたはいると 風の知らせを 背中で聞いて
こんな・・・ 女がひとり 探していたことを 誰かつたえて

ああ 降る雨に 泣きながら 肌(み)をよせて 傘もささず 濡れて 夜の

いちょう並木は 枯葉をおとし 雨の舗道は 淋しく光る
あなた・・・ あなたのかげを あなたを偲んで 南へ歩く

ああ 降る雨に 泣きながら 肌(み)をよせて 傘もささず 濡れて 夜の

梅田新道 心斎橋と 雨の舗道は 淋しく光る
あなた・・・ あなたのかげを あなたを偲んで 南へ歩く


雨降る街角
辛いだろうが やぼな事言うでない これきり逢えぬ 二人じゃないさ
せめて震える 肩を引きよせ 揺れて歩けば 雨が降る ああ 別れ街角

あれもこれも ひとときの夢ならば 今さら俺が 泣けたりするか
洩れる吐息に うるむ青い灯 なぜか今宵も 雨が降る ああ 馴れた街角

想い出して ただ一人待っていな  忘れずきっと 迎えにゃ来るぜ
未練きれずに 濡れてたたずむ  影に嘆きの 雨が降る  ああ さらば街角


アンコ椿は恋の花
三日おくれの 便りをのせて 船が行く行く 波浮港
いくら好きでも あなたは遠い 波の彼方へ いったきり
あんこ便りは あんこ便りは あ・・・・・・あ 片便り

三原山から 吹き出す煙り 北へなびけば 思い出す
惚れちゃならない 都のひとに よせる思いが 灯ともえて
あんこ椿は あんこ椿は あ・・・・・・あ すすり泣き

風にひらひら かすりの裾が 舞えばはずかし 十六の
長い黒髪 プッツリ切って かえるカモメに たくしたや
あんこつぼみは あんこつぼみは あ・・・・・・あ 恋の花


斑鳩にて
斑鳩を 旅するのなら 春よりも 秋がいい あなたが言ってた 通りです
ひと筆の 墨絵のような 山の辺の スケッチを 都会のあなたに 送ります
あーー 沁みるでしょう 夕日の赤が あなたの 口紅より淡い色でしょう
万葉集の 文庫本手に 坂道登れば 葉は紅(くれない)に
あーー それは失くした 恋の色どりでしょう

斑鳩を 行き交う人は なぜかしら 一人旅 生きてることって 淋しいね
寺にある 絵馬の裏には いくつもの 願い事 あなたの名前も ありそうで
あーー 沁みるでしょう 秋から冬へ 季節の 縫い目たどる 僕が見えますか
ススキの海が 二つに割れて 手を振りかけよる あなたが揺れる
あーー それは失くした 恋の揺らめきでしょう

斑鳩は 古(いにしえ)の里 街の色 浸み込んだ 自分が不思議に 恥ずかしい
君だけが 女じゃないと 嘘ぶいて 強がった 昨日が歯がゆく 思えます
あーー 沁みるでしょう 時の流れが 二人の つないだ手を ほどいていたのです
ポケットカメラ 構える僕に あなたによく似た 少女が笑う
あーー それは失くした 恋のカゲロウでしょう


粋な別れ
命の終わりがある 恋にも終わりがくる 秋には枯葉が小枝と別れ
夕べには太陽が 空と別れる 誰も 涙なんか 流しはしない
泣かないで 泣かないで 粋な別れを しようぜ

命の終わりがある 恋にも終わりがくる はかない命は 切なく燃えて
どこか消えて行く たばこの煙 恋の行方なんか 分かりはしない
追わないで 追わないで 粋な別れをしようぜ


意気地なし
あなたとならば 血の出るような 苦労も 覚悟の うえでした
私からあなたを取るのなら いっそ死ねと言われた 方が良い
別れるなんて 言わないで バカ バカ あなたほんとに 意気地なし

あなたの側に いられるだけで 他には 何にも 欲しくない
置き去りにしないで 行かないで そうよ強いその手で その腕で
捕まえていて 欲しいのに バカ バカ あなたほんとに 意気地なし

片時も 惜しまず 尽くすのよ そうよ影に日向に なりながら
しもべとなって 耐えるのに バカ バカ あなたほんとに 意気地なし


異国の丘
今日も暮れ行く 異国の丘に 友よ辛かろ 切なかろ
我慢だ待ってろ 嵐が過ぎりゃ 帰る日もくる 春がくる

今日も更け行く 異国の丘に 夢も寒かろ 冷たかろ
泣いて笑うて 歌ってたえりゃ 望む日がくる 朝がくる

今日も昨日も 異国の丘に  おもい雪空 陽がうすい
倒れちゃならない 祖国の土に  辿りつくまで その日まで


石狩川エレジー
君と歩いた 石狩の 流れの岸の 幾曲り
思い出ばかり 心につづく ああ初恋の 遠い日よ

ひとり仰げば ただわびし 木立の丘の 日ぐれ雲
くろかみ清く まぶたに消えぬ ああ初恋の 面影よ

君を思えば 身にしみる 石狩川の 夕風よ
二度とは逢えぬ この道なれば ああ初恋の 日が恋し


居酒屋
【男】  もしもきらいで なかったら 何か一杯 飲んでくれ
【女】  そうねダブルの バーボンを  遠慮しないで いただくわ
【男】  名前きくほど 野暮じゃない まして身の上 話など
【女】  そうよたまたま 居酒屋で 横にすわった だけだもの
【男女】絵もない花もない 歌もない 飾る言葉も 洒落もない そんな居酒屋で

【男】  外へ出たなら 雨だろう さっき小雨が パラついた
【女】  いいわやむまで ここにいて ひとりグイグイ のんでるわ
【男】  それじゃ朝まで つき合うか 悪い女と 知り合った
【女】  別に気にする ことはない あなたさっさと 帰ってよ
【男女】絵もない花もない 歌もない 飾る言葉も 洒落もない そんな居酒屋で


石狩挽歌   なかにし 礼 作詞   浜 圭介 作曲
海猫(ごめ)が鳴くから ニシンが来ると 赤い筒袖(つっぽ)の ヤン衆がさわぐ
雪に埋もれた 番屋の隅で わたしゃ夜通し 飯を炊く
あれからニシンは どこへ行ったやら 破れた網は 問い刺し網か
今じゃ 浜辺で オンボロロ オンボロ  ボロロー
沖を通るは 笠戸丸 わたしゃ涙で にしん曇りの 空を見る

燃えろ篝火 朝里の浜に 海は銀色 にしんの色よ 
ソーラン節に 頬そめながら わたしゃ大漁の 網を曳く
あれからニシンは どこへ行ったやら オタモイ岬の ニシン御殿も
今じゃ さびれて オンボロロ オンボロ  ボロロー
かわらぬものは 古代文字 わたしゃ涙で 娘ざかりの 夢を見る

伊勢佐木町ブルース
あなた知ってる 港ヨコハマ 街の並木に 潮風吹けば
花散る夜を 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる
恋と情の ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥバ 灯がともる

あたしはじめて 港ヨコハマ 雨がそぼ降り 汽笛が鳴れば
波止場の別れ 惜しむよに 伊勢佐木あたりに 灯がともる
夢をふりまく ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥバ 灯がともる
  
あなた馴染みの 港ヨコハマ 人にかくれて あの娘が泣いた
涙が花に なる時に 伊勢佐木あたりに 灯がともる
恋のムードの ドゥドゥビ ドゥビドゥビ ドゥビドゥバ 灯がともる


潮来笠
潮来の伊太郎 ちょっと見なれば 薄情そうな 渡り鳥
それでいいのさ あの移り気な 風が吹くまま 西東
なのにヨー なぜに眼に浮く 潮来笠

(二)
田笠(たがさ)の紅緒が ちらつくようじゃ 振り分け荷物 重かろに
わけはきくなと 笑ってみせる 粋な単衣(ひとえ)の 腕まくり
なのにヨー 後髪引く 潮来笠

(三)
旅空夜空で いまさら知った 女の胸の 底の底
ここは関宿 大利根川へ 人にかくして 流す花
だってヨー あの娘川下 潮来笠


潮来花嫁さん   柴田よしかず 作詞   水時富士夫 作曲
潮来 花嫁さんは 潮来 花嫁さんは 舟で ゆく
月の 出潮を ギッチラ  ギッチラ  ギッチラコ
人の 噂に かくれて 咲いた 花も十八 嫁御寮

潮来 花嫁さんは 潮来 花嫁さんは 舟で ゆく
夢を いだいて ギッチラ  ギッチラ  ギッチラコ
好きな あの人 東京 育ち わたしゃ 潮来の 水 そだち

潮来 花嫁さんは 潮来 花嫁さんは 舟で ゆく
花の 都へ ギッチラ  ギッチラ  ギッチラコ
別れ 惜しむか よしきり さえも 泣いて 見送る 葦 のかげ


一度だけなら
一度だけなら 許してあげる 好きなあなたの 嘘だもの
騙されましょう 聞かぬふりして 許してあげる

一度だけなら 酔わしてあげる 飲みたいでしょうよ 辛いのね
夢が壊れた 男の心 酔わせてあげる

一度だけなら忘れてあげる ほんの短い 気まぐれと
あの人のこと 水に流して 忘れてあげる


いつでも夢を   佐伯孝夫 作詞   吉田 正 作曲
星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも 歌ってる
声がきこえる 淋しい胸に 涙に濡れた この胸に
言っているいる お持ちなさいな いつでも夢を いつでも夢を
星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも 歌ってる

歩いて歩いて 悲しい夜更けも あの娘の声は 流れくる
すすり泣いてる この顔上げて きいてる歌の 懐かしさ
言っているいる お持ちなさいな いつでも夢を いつでも夢を
歩いて歩いて 悲しい夜更けも あの娘の声は 流れくる

言っているいる お持ちなさいな いつでも夢を いつでも夢を
はかない涙を うれしい涙に あの娘はかえる 歌声で


愛しき日々
風の流れの 激しさに 告げる想いも 揺れ惑う
かたくなまでの 一筋のみち 愚か者だと 笑いますか
もう少し 時が 緩やかで あったなら

雲の切れ間に 輝いて 空しき願い また浮かぶ
ひたすら夜を 飛ぶ流れ星 急ぐ命を 笑いますか
もう少し 時が 優しさを 投げたなら
愛しき日々の はかなさは 消え残る夢 青春の影

生真面目すぎた まっすぐな愛 不器用ものと 笑いますか
もう少し 時が 穏やかに過ぎたなら
愛しき日々は ほろ苦く 一人夕陽に 浮かべる涙
愛しき日々の はかなさは 消え残る夢 青春の影


命くれない
生まれる前から 結ばれていた そんな気がする 紅の糸
だから死ぬまで 二人は一緒 あなた おまえ 夫婦みち
命くれない 命くれない ふたりづれ

人目偲んで隠れて泣いた そんな日もある 傷もある
苦労つみにの 木の葉の船で あなた おまえ あぶな川
命くれない 命くれない ふたりづれ

なあにもいらない あなたが居れば 笑顔ひとつで 生きられる
泣く日 笑う日 花咲く日まで あなた おまえ 手を重ね
命くれない 命くれない ふたりづれ


命のブルース
好きよ 好きなの 信じているの だから お願い 捨てないで
あなたなしでは 生きては行けぬ 恋が 女の 命なの

たとえ この身は うらぶれようと 好きな あなたの ためならば
死ねと言われりゃ 死んでもいいわ それが 私の さだめなの

あなた 一人が 生きがいなのに なんで 私を 泣かせるの
離れたくない いついつまでも せめて 命の 果てるまで


祝い酒
浮世 荒波 ヨイショと越える 今日はお前の 晴れの門出だよ
親が咲かせた 命の花が 二つ並んだ 鶴とかめ 笑顔嬉しい 祝い酒

五臓六腑に 樽酒しみる 酔うてめでたい 歌のはなむけさ
七つ転んで 八つで起きろ 明日は苦労の 二人坂 縁がうれしい 祝い酒

花も嵐も 人生航路 愛が舵とる 若い二人だよ
吹けば飛ぶよな 小さな木でも 枝は栄える 葉も茂る 門出うれしい 祝い酒


上を向いて歩こう   歌:坂本九   曲:中村八大   詞:永六輔
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 思い出す春の日 一人ぼっちの夜
上を向いて歩こう にじんだ星をかぞえて 思い出す夏の日 一人ぼっちの夜
幸せは雲の上に 幸せは空の上に
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜
(間奏) 
思い出す 秋の日 一人ぼっちの夜 
悲しみは星のかげに 悲しみは月のかげに
上を向いて歩こう 涙がこぼれないように 泣きながら歩く 一人ぼっちの夜〜
一人ぼっちの夜〜 一人ぼっちの夜〜


うそ
折れたタバコの吸い殻で あなたの嘘が分かるのよ
誰か良い人できたのね できたのね
あー 半年余りの恋なのに あー エプロン姿が良く似合う
爪も染めずにいてくれと 女が後から泣けるような 悲しい嘘のつける人

あなた残した悪い癖 夜中に電話かける癖
鍵をかけずにねむるる癖 ねむる癖
あー 一緒になる気もない癖に あー 花嫁衣装はどうするの
僕は着物が好きだよと  暑い口づけくれながら 冷たい嘘の つける人

あーあんまり飲んではいけないよ あー 帰りの車も気を付けて
一人の体じゃないなんて 女がほろりと来るような 優しい嘘の つける人


ウナセラディ東京
哀しいことも ないのになぜか 涙がにじむ ウナ・セラ・ディ東京 ム〜〜〜
いけない人じゃ ないのにどうして 別れたのかしら ウナ・セラ・ディ東京 ム〜〜〜

あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても寂しい
街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム〜〜〜

あの人はもう 私のことを 忘れたかしら とても寂しい
街はいつでも 後姿の 幸せばかり ウナ・セラ・ディ東京 ム〜〜〜
ウナ・セラ・ディ東京 ム〜〜〜


越後獅子の歌
笛にうかれて 逆立ちすれば 山が見えます ふるさとの
わたしゃ孤児(みなしご) 街道ぐらし ながれながれの 越後獅子

今日も今日とて 親方さんに 芸がまずいと 叱られて
撥(バチ)でぶたれて 空見上げれば 泣いているよな 昼の月

うつや太鼓の 音さえ悲し 雁(かり)が啼く啼く 城下町
暮れて恋しい 宿屋の灯(あかり)  遠く眺めて ひと踊り

ところ変われど 変わらぬものは 人の情の 袖時雨(そでしぐれ)
ぬれて涙で おさらばさらば 花に消えゆく 旅の獅子

越冬つばめ   石原信一 作詞   篠原義彦 作曲
娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で 背を向ける人
報われないと 知りつつ抱かれ 飛び立つ鳥を 見送る私
季節そむいた 冬のつばめよ 吹雪に打たれりや 寒かろに
ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼いてます
ヒュルリ ヒュルリララ ききわけのない 女です

絵に描いたような 幸せなんて 爪の先ほども 望んでません
からめた小指 互いに噛めば あなたと痛み 分けあえますか
燃えて燃えつき 冬のつばめよ なきがらになるなら それもいい
ヒュルリ ヒュルリララ 忘れてしまえと 啼いてます
ヒュルリ ヒュルリララ 古い恋ですか 女です

ヒュルリ ヒュルリララ ついておいでと 啼いてます
ヒュルリ ヒュルリララ 聞き分けのない 女です


江梨子
ア〜アアア〜アアア〜〜〜ア〜〜〜
冷たい雨が 降る朝に 一人で江梨子は 死んでしまった
かわいそうな 江梨子よ きれいだった 江梨子よ
涙に濡れた その顔を 花で飾って あげましょう

だまされたって 傷つかぬ やさしいこころの 娘(むすめ)だったが
大人たちが 江梨子よ わるいんだぜ 江梨子よ
苦しみのない 天国で きっとなるでしょ 幸福(しあわせ)に

海辺のお墓 その下で 静かに江梨子は 眠っている
野菊だけど 江梨子よ つんできたぜ 江梨子よ
今では逢えは しないけど 残る名前の 美しさ


襟裳岬   岡本おさみ 作詞   吉田拓郎 作曲
北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やし始めてるらしい
わけのわからないことで 悩んでいるうち 老いぼれてしまうから
だまりとおした歳月を ひろい集めて暖めあおう えりもの春は 何もない春です 

君は二杯めだよね コーヒーカップに 角砂糖をひとつだったね
捨ててきてしまった わずらわしさだけを くるくるかきまわして
通りすぎた夏のにおい 想い出して なつかしいね えりもの春は 何もない春です

日々の暮らしはいやでも やってくるけど 静かに 笑ってしまおう
いじけることだけが 生きることだと かいならしすぎたので
身構えながら 話すなんて ああ 臆病なんだよね えりもの春は 何もない春です
寒い友だちが 訪ねてきたよ 遠慮はいらないから 暖まってゆきなよ


大きな樹  
歌:たいらいさお   作詞:飯泉昌子
大きな樹の下に すみれの花が 咲いていた
母さんの好きな うす紫の花
大きな樹の下で 風の歌を 聴いていた
自転車に初めて のれた夏休み
たとえ遠く離れても たとえ生まれ変わろうと
大きな樹はいつも 私の友だちふるさと

大きな樹はいつも 両手を広げて 立っていた
友だちのように 暖かだった幹
たとえ遠く離れても たとえ生まれ変わろうと
大きな樹はいつも私の友だちふるさと

たとえ遠く離れても たとえ生まれ変わろうと
大きな樹はいつも私の友だちふるさと


王将
吹けば飛ぶよな 将棋の駒に 賭けた命を 笑わば笑え
うまれ浪花の 八百八橋 月も知ってる 俺らの意気地

あの手この手の 思案を胸に やぶれ長屋で 今年も暮れた
愚痴も言わずに 女房の小春 つくる笑顔が いじらしい

明日は東京へ 出て行くからは なにがなんでも 勝たねばならぬ
空に灯がつく 通天閣に 俺の闘志が また燃える


大阪の女(ひと)   橋本 淳 作詞   中村泰士 作曲
まるで私を 責めるよに 北の新地に 風が吹く
もっと尽くせば よかったわ わがまま言って 困らせず 泣いて別れる 人ならば 

とても上手に 誘われて ことのおこりは このお酒
がまんできずに 愛したの 悪いうわさも 聞いたけど やさしかったわ 私には

あなたのそばで 眠れたら 幸せそれとも 不幸せ
夢を信じちゃ いけないと 言った私が 夢を見た 可愛い女は あかへんわ

きっといいこと おきるから 京都あたりへ 行きたいわ 
酔ったふりして 名を呼べば 急にあなたが 来るようで 離れられない 大阪を


大阪ラプソディー
あの人もこの人も そぞろ歩く宵の街 どこへ行く二人づれ 御堂筋は恋の道
映画を見ましょうか それともこのまま 道頓堀まで 歩きましょうか
七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街

昨日よりまた今日は 別れ辛(つら)くなりそうよ 戎橋(えびすばし)法善寺 どこも好きよ二人なら
嬉しいはずでも あなたといる時 なぜだかこの胸 痛んでくるの
店灯(みせあか)り懐かしく 甘い夜を呼んでいる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街

覚えておきます 小さなことまで あなたとすごした 大事な夜は
七色のネオンさえ 甘い夢を唄ってる 宵闇の大阪は 二人づれ恋の街


大利根月夜
あれをご覧と 指さすかたに 利根の流れを 流れ月
昔 笑うて 眺めた月も 今日は 今日は 涙の 顔で見る

愚痴じゃないけど 世が世であれば 殿の招きの 月見酒
男 平手と もてはやされて 今じゃ 今じゃ 浮世を 三度笠

元をただせば サムライ育ち 腕は自慢の 千葉仕込み
何が不足で 大利根暮らし くにじゃ くにじゃ 妹が 待つものを


お吉物語
泣いて昔が 返るなら なんで愚痴など 言うものか
花のいのちは 一度だけ よしておくれよ 気休めは

  なにもかもおしまいなんだ でもさ わたしにゃわかっていたのさ
 どんなに男を憎んだって 女は女 女ひとりじゃ暮らせないってことがさ
 世の中を渡り歩いて しみじみそう思ったんだよ わたしだって女だものねぇ

夢も見ました 恋もした 二世を誓った 人も居た
娘ごころの 紅つばき どこでどなたが 折ったやら

  ハリスさんも死んだ 鶴さんも死んだ 今度は私の番なんだ 今のわたしは
 穴のあいた三味線みたいなものなんだ  どんなにつくろって見たって
 もう昔の音(ね)なんか 出やっしない お酒だよ お酒おくれッ!

辛い浮世の 路地うらで 毒と知りつつ 呑むお酒
  下田港の お月様 明るすぎます お吉には


奥飛騨慕情
風の噂に ひとり来て 湯の香恋しい 奥飛騨路
水の流れも そのままに 君はいでゆの ネオン花 ああ 奥飛騨に 雨が降る

情けの渕に 咲いたとて 運命(さだめ)悲しい 流れ花
未練残した 盃(さかずき)に 面影ゆれて また浮かぶ ああ 奥飛騨に 雨が降る

抱いたのぞみの はかなさを 知るや谷間の 白百合よ
泣いてまた呼ぶ 雷鳥の 声も悲しく 消えてゆく ああ 奥飛騨に 雨が降る


お座敷小唄
富士の高嶺に 降る雪も 京都先斗町に 降る雪も
雪に変りは ないじゃなし 溶けて流れりゃ みな同じ

好きで好きで 大好きで 死ぬ程好きな お方でも
妻と言う字にゃ 勝てやせぬ 泣いて別れた 河原町

ぼくがしばらく 来ないとて 短気おこして やけ酒を
飲んで身体を こわすなよ お前一人の 身ではない

一目見てから 好きになり ほどのよいのに ほだされて
呼んで呼ばれて いる内に 忘れられない 人となり

どうかしたかと 肩に手を どうもしないと うつむいて
目にはいっぱい 泪ため 貴方しばらく 来ないから

唄はさのさか どどいつか 唄の文句じゃ ないけれど
お金も着物も いらないわ 貴方一人が 欲しいのよ


小樽のひとよ
逢いたい気持ちが ままならぬ 北国の街は 冷たく遠い
粉雪まいちる 小樽の駅に ああ ひとり残して 来たけれど
忘れはしない 愛するひとよ

二人で歩いた 塩谷の浜辺 偲べば懐かし 古代の文字よ
悲しい別れを ふたりで泣いた ああ 白い小指の つめたさが
この手の中に いまでも残る

小樽は寒かろ 東京も こんなにしばれる 星空だから
語り明かした 吹雪の夜を  ああ 思い出してる 僕だから
かならずいくよ 待ってておくれ  待ってておくれ〜〜


落ち葉しぐれ
旅の落葉が しぐれに濡れて 流れ果てない ギター弾き
のぞみも夢も はかなく消えて 唄もなみだの 渡り鳥

酒にやつれて 未練にやせて 男流れの ギター弾き
あの日も君も かえらぬものを 呼ぶな他国の 夜のかぜ

暗い裏町 酒場の隅が せめてねぐらの ギター弾き
灯(ほ)かげもさみし 蛍光灯の かげにしみじみ 独り泣く


男と女のはしご酒
【女】夜のとばりがおりて 街に灯がともる     【男】なみだ過去に流して 人はすれ違う
【女】星の数ほど愛も 悲しみもあるわ     【男】誰も苦い思い出 お酒で紛らわす
【女】この店で逢って      【男】君に一目ぼれさ
【女】このままずっとね      【男】たよりなさ かくして     【男女】時間は流れてゆく
【女】別れがつらいヒロシ     【男】車は来ないユウコ     【男女】明日また逢えるのに 嫌よさよならは
【女】男はあなたヒロシ     【男】女は君さユウコ     【男女】切なさが 胸に来る せめてはしご酒

【女】雨の降る日もあるわ 夜の薄化粧     【男】甘い花の香り 心を惑わす
【女】知らず知らずのうちに 好きになることも     【男】嘘の言葉信じて 体傷つける
【女】これきり逢えない     【男】いつまでも忘れない
【女】幸せになってね     【男】帰らないあの日     【男女】時間が止まってた
【女】もう一度抱いてジョージ     【男】涙をお拭きジュンコ     【男女】結ばれぬこいだから 燃えて離れない
【女】男はあなたジョージ     【男】女は君さジュンコ     【男女】優しさを温めて せめてはしご酒

【女】約束してねナオキ     【男】心はいつもキョウコ     【男女】いつまでも 後ろから ついて行きたいの
【女】男はあなたナオキ     【男】女は君さキョウコ     【男女】夜はまだ早いから せめてはしご酒


男と女のラブゲーム
【女】飲み過ぎたのは あなたのせいよ     【男】弱い女の愛しさを
【女】飲み過ぎたのは あなたのせいよ     【男】かわいいお前のつよがりを

【女】お久しぶりね あなたが来るなんて 噂をしてたの 女の勘ね
【男】仕事のせいさ いつでも思うのは お前のことだけさ
【女】嘘つきね     【男】困らせる     【女】意地悪ね     【男】わかるだろ
【男女】すねて甘えて 我がままを

【女】飲み過ぎたのは あなたのせいよ     【男】弱い女の愛しさを
【女】抱きしめて     【男】抱きしめて  返したくない
【男女】水割り 行きずり 古い傷 男と女のラブゲーム

【女】知らない誰かと 浮気なんかしちゃ 嫌なの いい女が ここに居るわ
【男】奇麗なバラは 一輪あればいい 部屋に飾るのさ
【女】約束を     【男】耳元で     【女】幸せを     【男】くちびるで
【男女】せめて一夜の くすりゆび

【女】飲み過ぎたのは あなたのせいよ     【男】かわいいお前の 強がりを
【女】抱きしめて     【男】抱きしめて  返したくない
【男女】水割り 行きずり 古い傷 男と女のラブゲーム

【女】飲み過ぎたのは あなたのせいよ     【男】かわいいお前の 強がりを
【女】抱きしめて     【男】抱きしめて  返したくない
【男女】水割り 行きずり 古い傷 男と女のラブゲーム


お富さん
粋な黒塀 見越しの松に 仇な姿の 洗い髪
死んだ筈だよ お富さん 生きていたとは お釈迦さまでも
知らぬ仏の お富さん エーサオー 玄冶店(げんやだな)

過ぎた昔を 恨むじゃないが 風も沁みるよ 傷の跡
久しぶりだな お富さん 今じゃ呼び名も 切られの与三よ
これで一分じゃ お富さん エーサオー すまされめえ

かけちゃいけない 他人の花に  情けかけたが 身のさだめ
愚痴はよそうぜ お富さん せめて今夜は さしつさされつ
飲んで明かそよ お富さん エーサオー 茶わん酒

逢えばなつかし 語るも夢さ 誰が弾くやら 明烏(あけがらす)
ついてくる気か お富さん 命みじかく 渡る浮世は
雨もつらいぜ お富さん エーサオー 地獄雨


踊子   喜志邦三 作詞   渡久地政信 作曲
さよならも 言えず 泣いている 私の踊子よ ああ 船が出る
天城峠で 会うた日は 絵のように あでやかな 袖が雨に 濡れていた 赤い袖に 白い雨
月のきれいな 伊豆の宿 紅いろの 灯に かざす扇 舞いすがた 細い指の なつかしさ
さよならも 言えず 泣いている 私の踊子よ ああ 船が出る
下田街道 海を見て 目をあげた 前髪の ちいさな櫛も 忘られぬ 伊豆の旅よ さようなら


お久しぶりね
お久しぶりね あなたに逢うなんて あれから何年 経ったのかしら
少しは私も大人になったでしょう あなたは良い人 できたでしょうね
お茶だけのつもりが 時のたつのも忘れさせ 別れづらくなりそうで なんだか怖い
それじゃさよなら 元気でと 冷たく背中を向けたけど
今でもほんとは 好きなのと 呟いてみる
もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 巡り合いたいね

お久しぶりね こんな真夜中に あなたから 電話を くれるなんて
おかしいくらい 真面目な声で 私に迫るから 眠気も冷めた
もしも今でも一人なら 映画みたいな恋をして  愛を育ててみたいねと 笑って見せる
それじゃさよなら これきりと 冷たく受話器を置いたけど
涙が知らずに あふれ出す どうかしてるね
もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 巡り合いたいね
もう一度 もう一度 生まれ変わって もう一度 もう一度 巡り合いたいね


お前に
そばにいてくれる だけでいい 黙っていても いいんだよ
僕のほころび ぬえるのは おなじ心の 傷をもつ
おまえのほかに だれもない そばにいてくれる だけでいい

そばにいてくれる だけでいい 泣きたい時も ここで泣け
涙をふくのは 僕だから おなじ喜び 知るものは
おまえのほかに だれもない そばにいてくれる だけでいい

そばにいてくれる だけでいい 約束をした あの日から
遠くここまで 来た二人 おなじ調べを 唄うのは
おまえのほかに だれもない そばにいてくれる だけでいい


お店ばなし
昨日かわった この店に 北国育ちが 二人いる
色白の アキさんも そうだって ママにきいたわ 入るとき だからお酒が 強いのね

演歌好みの まりさんが カラオケまわして うたうのは
有線で よく聞いた 淋しげな ちょうど私の 身の上に にてる流行の うたばかり

いつか小さな パブだけど 持つのが私の 今の夢
順という この名前 占いじゃ 恋をするより 商売に 向いた字画と いわれたわ

おそい時間に 少しだけ 車でよる人 まだこない
手作りの おにぎりが 好きだって どこか彼女に 似てるって かげのあるよな 指輪して


思い出色の秋
二人の思い出に 色づく秋は 涙が あふれて きます
何もかもが 鮮やかに 心に しみるから
あのときに君が つぶやいた 小さな「さよなら」が
澄んだ青空に 溶け込んで 流れてゆく

枯葉舞い散る道 恋人たちの 笑顔で 輝いている
僕は一人 ただ一人 時の流れを 見てる
心が震えて 眠れない そんな 恋だから
思い出に染まる 秋の日は 涙の色
心が震えて 眠れない そんな 恋だから
思い出に染まる 秋の日は 涙の色


おもいで酒
無理して飲んじゃ いけないと 肩をやさしく 抱きよせた
あの人どうして いるかしら 噂をきけば あいたくて おもいで酒に 酔うばかり

ボトルに別れた 日を書いて そっと涙の 小指かむ
あの人どうして いるかしら 出船の汽笛 ききながら おもいで酒に 酔うばかり

いつかは忘れる 人なのに 飲めば未練が またつのる
あの人どうして いるかしら くらしも荒れた このごろは おもいで酒に 酔うばかり


思い出よこの愛を優しく抱きしめて
いつもあの人の 思い出ばかり 抱きしめている 
私だから こんな夜は泣きたくなるの
やすらぎに満ちて 光あふれた 二人の暮らし。
そう、あなたとの 夢のような 愛の温もり
思い出よ この愛を 優しく抱きしめて
そして めぐりくる 季節を飾るのよ
優しすぎた 人だから あなた 
私一人 こんな夜は 思い出の中

薄れゆく秋の 光の中を 時は過ぎてく
私一人 こんな夜は 取り残される
あなたの愛した 秋の枯葉が 街を染め行く
見つめていて、私がいつか そばに 行くまで
思い出よ この愛を 優しく抱きしめて
そして めぐりくる 季節を 飾るのよ
見つめていて、いつまでも あなた
私一人 こんな夜は 思い出の中


おもいやり
泣いてくらすなよ 酒もほどほどに やせたりして体を悪くするじゃない
せめて別れの握手に 心こめながら お前に 囁く 胸の内を
じっと聞いてくれ すねて泣くじゃない

惚れて転ぶなよ 恋に溺れるな 一途になり 自分を 捨ててけがするな
別れ間際に余計な ことと思うけど お前を 愛した 男だから
これがはなむけさ 思い出してくれ

五年過ぎたかな ここの愛の巣も 気付かないでいたけど みんな思い出さ
大人同士の暮らしに 幕を下ろす時 お前が行くまで しゃれていたい
肩で泣くじゃない 胸で泣くじゃない


面影
いつか来た道 あの街角で 一人求める 想い出いずこ
ああ 一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない
叶うはずない空しい祈り さすらい歩く 悲しみの街

いつかの店の いつかの椅子で 一人眺める 想い出の街
ああ 一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない
心に想い 面影たずねて 見果てぬ夢の 降り積もる街

別れ告げよう あの思い出に 別れ告げよう あの面影に
ああ 一度だけ 恋して燃えた ああ あの時は もう帰らない
告げた別れが 涙ににじむ 明日は どこか 旅立ちの街


おやじの海
海はよ 海はよ でっかい海はよ 俺を育てた 親父の 海だ
沖で苦労の 白髪も増えて 潮の匂いが 肌身にしみた そんな 親父が 愛おしい

今はよ 今はよ 静かな海もよ 一度荒れたら 岩をも砕く
しぶき たちこめ 打ち寄す波に 右にテグスを 左で 櫓こぎ つらい 漁師に 耐えてきた

空はよ 空はよ 入道雲がよ どこか似ている 親父の顔に
辛い時には 入道雲を じっと睨んで 親父の苦労 思い出しては 耐えてゆく


お嫁においで  岩谷時子 作詞  弾 厚作 作曲
もしもこの船で  君の幸せ見つけたら  すぐに帰るから  僕のお嫁においで
月も無く寂しい  暗い夜も  僕に歌う 君の微笑み  
船が見えたなら  濡れた体で駆けてこい  サンゴでこさえた  赤い指輪あげよう

もしもこの海で  君の幸せ見つけたら  すぐに帰るから  僕のお嫁においで
波も夢を見てる  星の夜は  僕に揺れる 君のささやき
船が見えたなら  濡れた体で飛んでこい  空へ抱き上げて  燃える口づけしよう


折り鶴
誰が教えて くれたのか 忘れたけれど 折鶴を 無邪気だったあの頃 今は願いごと
折ってたたんで 裏がえし まだおぼえてた 折鶴を 今あの人の胸に とばす夕暮れどき
「わたしは待っています」と伝えて いつでも きれいな夢を
いろんなことが あるけれど それはだれでも そうだけど 悔いのない青春を うたって歩きたい

誰に教わった わけじゃなく 忘れられない 面影を これが恋と気づいた そよ風の季節
会って別れて 会いたくて 白い指先 折鶴に 人に言えない想い 託す夕暮れどき
「わたしは大好きです」と伝えて 小さな夢が 燃えてる
泣いて笑って 明日また それはいつでも そうだけど 青い空の心で あなたを愛したい


女占い
胸にほくろのある人は 好きな男にだまされる
ダイヤの指輪をしていても あの子は悲しい恋に泣く あの子は悲しい恋に泣く

名前ばかりを取り換える あの子お金に縁がない
左にえくぼのかわいい子 小さなお店のママになる 小さなお店のママになる

酔ったふりして からみつく あの子ほんとに男好き
フランス香水匂わせる あの子は秘密が多すぎる あの子は秘密が多すぎる


女の意地
こんなに 別れが 苦しい ものなら 二度と 恋など したくはないわ
忘れられない あの人だけど 別れにゃ ならない 女の意地なの

二度と 会うまい 別れた人に 会えば未練の 涙を誘う
夜風冷たく 瞼にしみて 女心は はかなく悲し

思い出すまい 別れた人を 女心は 頼りないのよ
涙こらえて 夜空を仰げば 瞬く星が 滲んで こぼれた


女心の唄
あなただけはと 信じつつ 恋におぼれて しまったの
こころ変わりが せつなくて つのる想いの しのび泣き

どうせ私を だますなら だまし続けて 欲しかった
酔っている夜は 痛まぬが さめてなおます 胸の傷

うわべばかりと つい知らず 惚れてすがった 薄情け
酒がいわせた 言葉だと なんでいまさら 逃げるのよ

女ですもの 人並みに 夢をみたのが なぜ悪い
今夜しみじみ 知らされた 男心の 裏表(うらおもて)

逃げた人なぞ 追うものか 追えばなおさら 辛くなる
遠いあの夜の 想い出を そっと抱くたび ついほろり

散って砕けた 夢の数 つなぎあわせて 生きてゆく
いつか来る春 幸せを のぞみ捨てずに ひとり待つ


女船頭唄
嬉しがらせて 泣かせて消えた 憎いあの夜の 旅の風
思い出すさえ ざんざら真菰 鳴るなうつろな この胸に
   
所詮かなわぬ えにしの恋が なぜにこうまで 身を責める
呼んでみたとて はるかな灯り 濡れた水棹が 手に重い
  
利根で生まれて 十三七つ 月よわたしも 同じ年
かわいそうなは みなしごどうし 今日もお前と つなぐ船


女のみち
私(わたし)がささげた その人に あなただけよと すがって泣いた
うぶな私が いけないの 二度としないわ 恋なんて これが女の みちならば

ぬれたひとみに またうかぶ 捨てたあなたの 面影(おもかげ)が
どうしてこんなに いじめるの 二度と来ないで つらいから これが女の みちならば

暗い坂道 一筋に 行(ゆ)けば心の 灯(ひ)がともる
きっとつかむわ 幸(しあわ)せを 二度とあかりを けさないで これが女の みちならば


おんなの宿
想い出に降る 雨もある  恋に濡れ行く 傘もあろ
伊豆の夜雨を 湯舟できけば  明日の別れが 辛くなる

例えひと汽車 遅れても すぐに別れは 来るものを
わざと遅らす 時計の針は 女ごころの かなしさよ

もえて火となれ 灰となれ  添えぬ恋なら さだめなら 
浮いてさわいだ 夜の明け方は 箸を持つ手が 重くなる


女ひとり  永 六輔 作詞  いずみたく 作曲  
京都 大原 三千院 恋に疲れた女が一人 
結城(ゆうき)に 潮瀬(しおぜ)のすがきの帯が 池の水面(みなも)に揺れていた
京都 大原 三千院 恋に疲れた女が一人 

京都 栂尾(とがのお) 高山寺(こうざんじ) 恋に疲れた女が一人 
大島 紬(つむぎ)につづれの帯が 影を落とした石畳
京都 栂尾(とがのお) 高山寺(こうざんじ) 恋に疲れた女が一人

京都 嵐山 大覚寺(だいかくじ) 恋に疲れた女が一人 
塩沢 絣(がすり)に名古屋帯 耳をすませば滝の音
京都 嵐山 大覚寺(だいかくじ) 恋に疲れた女が一人


かえり舟
波の背の背に 揺られて揺れて 月の潮路の かえり船
霞む故国よ 小島の沖に 夢もわびしく よみがえる

捨てた未練が 未練となって 今も昔の せつなさよ
瞼あわせりゃ 瞼ににじむ 霧の波止場の 銅鑼の音

熱いなみだも 故国に着けば  うれし涙と 変わるだろう
鴎ゆくなら 男のこころ  せめてあの娘に つたえてよ


加賀の人
君と出会った 香林坊の 酒場に赤い 灯がともる
あーーー金沢は 金沢は 三年前とおんなじ夜が 静かに俺を 待ってる街だ

忘れられよか 天神橋の たもとに残る 物語り
あーーーあの人も あの人も 想いの糸の 細白糸を かけるか遠い 都の空に

うたが ふるふる 加賀ほうしょうの 木漏れ日青い 石畳み
ああーー金沢は 金沢は 身も世も捨てて あなたのために  生きるといった 君住む町よ


柿の木坂の家   石本美由起 作詞   船村 徹 作曲
春には 柿の花が咲き 秋には 柿の実が熟れる
柿の木坂は 駅まで三里 思い出すなァ ふる里のョ 乗合バスの 悲しい別れ 

春には 青いめじろ追い 秋には 赤いとんぼとり
柿の木坂で 遊んだ昔 懐かしいなァ しみじみとョ こころに返る 幼い夢が

春くりゃ 偲ぶ馬の市 秋くりゃ 恋し村祭り
柿の木坂の あの娘の家よ 逢ってみたいなァ 今も尚ョ はた織りながら 暮らしていてか


影を慕いて   古賀政男 作詞/作曲   
まぼろしの 影を慕いて 雨に日に 月にやるせぬ 我が思い 
つつめば燃ゆる 胸の火に 身は焦がれつつ 忍び泣く

わびしさよ せめて痛みの なぐさめに ギターを取りて 爪弾(つまび)けば
どこまで時雨(しぐれ) 行く秋ぞ トレモロ寂し 身は悲し

君故(君ゆえ)に 永き人生(ひとよ)を 霜枯れて 永遠(とわ)に春見ぬ 我が運命(さだめ)
ながろうべきか 空蝉(うつせみ)の はかなき影よ 我が恋よ


学生時代  平岡精二 作詞/作曲
つたのからまるチャペルで 祈りを捧げた日 夢多かりしあの頃の 想い出をたどれば
懐かしい友の顔が 一人一人うかぶ 重いカバンを抱えて かよったあの道
秋の日の図書館の ノートとインクのにおい 枯葉の散る窓辺 学生時代

賛美歌を歌いながら 清い死を夢見た 何の装いもせずに 口数も少なく
胸の中に秘めていた 恋への憧れは いつもはかなくやぶれて 一人書いた日記 
本棚に目をやれば あの頃読んだ小説 過ぎし日よわたしの 学生時代

ロウソクの灯に輝く 十字架を見つめて 白い指を組みながら うつむいていた友
その美しい横顔 姉のように慕い いつまでもかわらずにと 願ったしあわせ
テニスコート キャンプファイアー なつかしい日々は帰らず すばらしいあの頃
学生時代    すばらしいあの頃 学生 時 代


籠の鳥   −正調−   千野かほる 作詞   鳥取春陽 作曲
(女性) 逢いたさ見たさに 怖さを忘れ 暗い夜道を ただ一人
(男性) 逢いに来たのに なぜ出て逢わぬ 僕の呼ぶ声 忘れたか
(女性) あなたの呼ぶ声 忘れはせぬが 出るに出られぬ 籠の鳥
(男性) 籠の鳥でも 知恵ある鳥は 人目忍んで 逢いに来る

(女性) 人目を忍べば 世間の人が 怪しい女と 指ささん
(男性) 怪しい女と 指さされても 誠心こめた 仲じゃもの
(女性) 指をさされちゃ 困るよ私 だから私は 籠の鳥
(男性) 世間の人よ 笑わば笑え 共に恋した 仲じゃもの

(女性) 共に恋した 二人が仲も 今は逢うさえ ままならぬ
(男性) ままにならぬは 浮世の定め 無理に逢うのが 恋じゃもの
(女性) 逢うて話して 別れるときは いつか涙が おちてくる
(男性) おちる涙は 誠が嘘か 女ごころは わからない
(一緒) 嘘に涙は 出されぬものを ほんに悲しい 籠の鳥


かごの鳥
かごの鳥でも 翼があれば 飛んでゆきたい 青い空
それも叶わぬ この世ゆえ ああ 泣くに泣けない かごの鳥

君が十九の 厄年ならば 僕は二十歳の まだ蕾(つぼみ)
花の咲く日を 待ちながら ああ 心は燃える かごの鳥

たった一度の 人生ならば 恋に生きたい この恋に
それも叶わぬ この世ゆえ ああ 死ぬに死ねない かごの鳥

カスバの女
涙じゃないのよ 浮気な雨に ちょっぴりこの頬 濡らしただけさ
ここは地の果て アルジェリヤ どうせカスバの 夜に咲く 酒場の女の うす情け

歌ってあげましょ わたしでよけりゃ セーヌのたそがれ 瞼の都
花はマロニエ シャンゼリゼ 赤い風車の 踊り子の いまさらかえらぬ 身の上を

貴方もわたしも 買われた命 恋してみたとて 一夜(ひとよ)の花火
明日はチェニスか モロッコか 泣いて手をふる うしろ影 外人部隊の 白い服


悲しい酒   石本美由紀 作詞   古賀政男 作曲
ひとり酒場で 飲む酒は 別れ涙の 味がする
飲んで棄てたい 面影が 飲めばグラスに また浮かぶ

酒よこころが あるならば 胸の悩みを 消してくれ
酔えば悲しく なる酒を 飲んで泣くのも 恋のため

一人ぼっちが 好きだよと 言った心の 裏で泣く
好きで添えない 人の世を 泣いて怨んで 夜が更ける


悲しき口笛
丘のホテルの 赤い灯も 胸のあかりも 消えるころ
みなと小雨の 降るように ふしも悲しい 口笛が
恋の街角 路地の細道 ながれ行く
 
いつかまた逢う 指きりで 笑いながらに 別れたが
白い小指の いとしさが 忘れられない さびしさを
歌に歌って 祈るこころの いじらしさ

夜のグラスの 酒よりも もゆる紅色 色さえた
恋の花ゆえ 口づけて 君に捧げた 薔薇の花
ドラの響きに ゆれて悲しや 夢と散る


硝子のジョニー
黒い面影 夜霧に濡れて ギターも 泣いてる ジョニーよどこに
いつかは 消えてよく 恋の夢よ

赤い花束 涙に潤む なぜか 帰らぬ ジョニーよどこに
いつまた 会える日 淡い夢よ

黒い太陽 瞼に消えて 空しい グラスよ ジョニーよどこに
かたらん いついつ 恋の夢よ


からたち日記
こころで好きと 叫んでも 口ではいえず ただあの人と
小さな傘を かたむけた ああ あの日は雨 雨の
小径に 白い仄かな からたち からたち からたちの花

くちずけすらの 想い出も のこしてくれず 去りゆく影よ
単衣(ひとえ)の袖を かみしめた ああ あの夜は霧 霧の
小径に 泣いて散る散る からたち からたち からたちの花

からたちの実が 実っても 別れた人は もう帰らない
乙女の胸の 奥深く ああ 過ぎゆく風 風の
小径に いまは遥かな からたち からたち からたちの花


川の流れのように   秋元 康 作詞   見岳 章 作曲
知らず知らず 歩いて来た 細く長いこの道 振り返れば はるか遠く 故郷が見える
デコボコ道や 曲がりくねった道 地図さえない それもまた 人生
ああ 川の流れのように ゆるやかに いくつも時代は 過ぎて
ああ 川の流れのように とめどなく 空が黄昏に 染まるだけ

生きることは 旅すること 終わりのない この道 愛する人 そばにつれて 夢探しながら
雨に降られて ぬかるんだ道でも いつかはまた 晴れる日が 来るから
ああ 川の流れのように おだやかに この身をまかせていたい
ああ 川の流れのように 移りゆく 季節雪解けを 待ちながら

ああ 川の流れのように おだやかに この身をまかせていたい
ああ 川の流れのように いつまでも 青いせせらぎを 聞きながら


川は流れる   横井 弘 作詞   桜田誠一 作曲
病葉(わくらば)を 今日も浮かべて 街の谷 川は流れる
ささやかな 望み破れて 哀しみに 染まる瞳に 黄昏の 水のまぶしさ

思い出の 橋のたもとに 錆びついた 夢のかずかず
ある人は 心つめたく ある人は 好きで別れて 吹き抜ける 風に泣いてる

ともし灯も 薄い谷間を ひとすじに 川は流れる
人の世の 塵にまみれて なお生きる 水をみつめて 嘆くまい 明日は明るく


岸壁の母
母は来ました 今日も来た この岸壁に 今日も来た
届かぬ願いと 知りながら もしやもしやに もしやもしやに ひかされて

呼んでください おがみます ああ おっ母さん よく来たと
海山千里と 云うけれど なんで遠かろ なんで遠かろ 母と子に

悲願十年 この祈り 神様だけが 知っている
流れる雲より 風よりも つらいさだめの つらいさだめの 杖ひとつ


祇園小唄   長田幹彦作詞・佐々紅華作曲
月はおぼろに東山 霞(かす)む 夜毎(よごと)のかがり火に
夢もいざよう紅桜 しのぶ思いを振袖(ふりそで)に 祇園 恋しや だらりの帯よ

夏は河原の夕涼み 白い襟(えり)あし ぼんぼりに かくす涙の口紅も
燃えて身をやく大文字(だいもんじ) 祇園 恋しや だらりの帯よ

鴨(かも)の河原の水やせて 咽(むせ)ぶ 瀬音(せおと)に 鐘の声
枯れた柳に秋風が 泣くよ今宵(こよい)も 夜もすがら 祇園 恋しや だらりの帯よ

雪はしとしと まる窓に つもる逢(お)うせの 差向(さしむか)い
灯影(ほかげ)冷たく 小夜(さよ)ふけて もやい枕に川千鳥  祇園 恋しや だらりの帯よ


傷だらけの人生
『古い奴だとお思いでしょうが、古い奴こそ新しいものを欲しがるもん
 でございます。どこに新しいものがございましょう。生まれた土地は
 荒れ放題、今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか。』

何から何まで 真っ暗闇よ すじの通らぬ ことばかり
右を向いても 左を見ても ばかと阿呆の からみあい どこに男の 夢がある

『好いた惚れたと、けだものごっこがまかり通る世の中でございます。
 好いた惚れたは、もともと「こころ」が決めるもの・・・・・こんなことを
 申し上げる私もやっぱり古い人間でござんしょうかね。』

ひとつの心に 重なる心 それが恋なら それもよし
しょせんこの世は 男と女 意地に裂かれる 恋もあり 夢に消される 意地もある

『なんだかんだとお説教じみたことを申して参りましたがそういう私も
 日陰育ちのひねくれ者、お天道様に背中を向けて歩く・・・・・馬鹿な
 人間でございます。』 

真っ平ご免と 大手を振って 歩きたいけど 歩けない
嫌だ嫌です お天道様よ 日陰育ちの 泣きどころ 明るすぎます 俺(おい)らには


北上夜曲   菊地 規 作詞   安藤睦夫 作曲
匂い優しい 白百合の 濡れているよな あの瞳
想い出すのは 想い出すのは 北上河原の 月の夜

宵の灯 点すころ 心ほのかな 初恋を
想い出すのは 想い出すのは 北上河原の せせらぎよ

銀河の流れ 仰ぎつつ 星を数えた 君と僕
想い出すのは 想い出すのは 北上河原の 星の夜

春のそよ風 吹く頃に 楽しい夜の 接吻を
想い出すのは 想い出すのは 北上河原の 初恋よ


北空港
【女】夜の札幌 あなたに逢えて 凍てつく心に 灯りがともる
【男】これからは 二人だよ もう泣かないで ついておいでよ 涙を捨てて 過去さえ捨てて
【女・男】愛が飛び立つ 北空港

【男】夜の札幌 お前に惚れて さすらう旅路に 明日が見える
【女】信じてもいいですね もうあなただけ 命尽くすわ 何だを捨てて 過去さえ捨てて
【女・男】愛が飛び立つ 北空港

【女】夜の札幌 舞い散る雪も
【男】二人の夜空で 咲く花になる どこまでも一緒だよ もう離れずに
【女・男】夢を探そう 何だを捨てて過去さえ捨てて 愛が飛び立つ 北空港


北国の春
白樺 青空 南風 こぶし咲くあの丘 北国の ああ 北国の春  
季節が都会では わからないだろと 届いたおふくろの 小さな包み
あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな

雪どけ せせらぎ 丸木橋 からまつの芽がふく北国の ああ 北国の春
好きだと おたがいに いいだせないまま 別れてもう五年 あの娘はどうしてる
あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな

やまぶき 朝霧 水車小屋 わらべ唄きこえる北国の ああ 北国の春
あにきもおやじ似で 無口なふたりが たまには酒でも 飲んでるだろか
あの故郷へ 帰ろかな 帰ろかな


北酒場
北の 酒場通りには 長い 髪の女が似合う
ちょっと お人よしが良い くどかれ 上手な方が良い
今夜の 恋は たばこの先に 火をつけて くれた人
からめた 指が さだめの様に 心を 許す
北の 酒場通りには 女を 酔わせる恋がある

北の 酒場通りには 涙 もろい男が似合う
ちょっと 女好きが良い 瞳で 口説ける方が良い
夢追い人は グラスの酒と 想い出を 飲み干して
やぶれた恋の 数だけ人に 優しく できる
北の 酒場通りには 男を 泣かせる歌がある

今夜の 恋は たばこの先に 火をつけて くれた人
からめた 指が さだめの様に 心を 許す
北の 酒場通りには 女を 酔わせる恋がある


北の旅  
岬回れば 風は冷たく 眠る異国の船 寂しげに 揺れてる
海鳴りだけの 港町 君の思いを胸に
見知らぬ人と 飲み交わす 今はもう 秋ですね

繋がれたまま 忘れ去られた 古い船の姿 あまりにも悲しい
いとしき君の面影を 胸に抱いて歩く
海鳴りだけの 港町 今はもう 秋ですね
いとしき君の面影を 胸に抱いて歩く
海鳴りだけの 港町 今はもう 秋ですね


北の宿から    都はるみ  作詞:阿久悠  作曲:小林亜星
あなた 変わりはないですか 日ごと寒さが つのります
着てはもらえぬセーターを 寒さこらえて 編んでます
おんな ごころの 未練でしょう あなた 恋しい 北の宿

吹雪 まじりに 汽車の音  すすり泣くよに 聞こえます
お酒並べて ただ一人 涙歌など 歌います
おんな ごころの 未練でしょう あなた 恋しい 北の宿

あなた 死んでも いいですか 胸がしんしん 泣いてます
窓に映して 寝化粧を しても心は 晴れません
おんな ごころの 未練でしょう あなた 恋しい 北の宿
おんな ごころの 未練でしょう あなた 恋しい 北の宿


北の漁場
いのち温めて 酔いながら 酒を回し飲む 明日の稼ぎを夢に見て 腹にさらし巻く
海の男にゃよ 凍る波しぶき 北の漁場はよ 男の仕事場さ

沖は魔物だ 吠えながら 牙をむいてくる 風にさらした 右腕の 傷は守り札
海の男にゃよ 雪が巻いて飛ぶ 北の漁場はよ 男の仕事場さ

銭の重さを 数えても 帰るあてはない 二百カイリを ぎりぎりに 網をかけてゆく
海の男にゃよ なみが華になる 北の漁場はよ 男の死に場所さ


希望
希望という名の あなたをたずねて 遠い国へと また汽車にのる
あなたは昔の あたしの思い出 ふるさとの夢 始めての恋
けれどあたしが 大人になった日に 黙ってどこかへ 立ち去ったあなた
いつかあなたに また逢うまでは あたしの旅は 終わりのない旅

希望という名の あなたをたずねて 今日もあてなく また汽車にのる
あれからあたしは ただ一人きり 明日はどんな 町につくやら
あなたのうわさも 時折聞くけど 見知らぬ誰かに すれちがうだけ
いつもあなたの 名を呼びながら あたしの旅は 返事のない旅

希望という名の あなたをたずねて  寒い夜更けに また汽車にのる
悲しみだけが あたしの道連れ  となりの席に あなたがいれば
涙ぐむとき そのとき聞こえる  希望という名の あなたのあの唄
そうよあなたに また逢うために  あたしの旅は いままた始まる


君からお行きよ
どちらが悪い わけでもないさ そんな別れも この世にあるさ
どこの誰より 幸せそうに 寄せたほほにも 今はこの雨
君からお行きよ 振り向かないで

愛したことに 終わりが来ても 君の名残は 消えはしないさ
二つそろえた 朝のカップも 明日の僕には 辛いだろうが
君からお行きよ 振り向かないで
君からお行きよ 振り向かないで


気を付けるんだ かわいい君よ そういう僕は 居ないんだから
愛を重ねた 二人の部屋を 僕のこの手で 閉じてゆくから
君からお行きよ 振り向かないで


君恋し
宵闇せまれば 悩みは果てなし みだるる心に うつるは誰が影
君恋し 唇あせねど 涙はあふれて 今宵も更け行く

唄声すぎゆき 足音ひびけど いずこにたずねん こころの面影
君恋し おもいはみだれて 苦しき幾夜を 誰がため忍ばん

君恋し 唇あせねど 涙はあふれて 今宵も更け行く
今宵も更け行く 今宵も更け行く


君だけを
いつでも いつでも 君だけを 夢にみている ぼくなんだ
星の光を うつしてる 黒い瞳に 出合うたび 胸がふるえる ぼくなんだ

いつでも いつでも 君だけが 待っていそうな 街の角
そんな気持に させるのは 君の素敵な 黒い髪 雨に濡れてた 長い髪

いつでも いつでも 君だけと 歩きたいのさ 夜の道
ふたつ並んだ あの星も いつも仲よく ひかってる 君と僕との そのように


君といつまでも
ふたりを夕やみが つつむこの窓辺に あしたもすばらしい しあわせがくるだろう
君のひとみは 星とかがやき 恋するこの胸は 炎と燃えている
大空そめていく 夕陽いろあせても ふたりの心は 変わらない いつまでも

【台詞】
「幸せだなァ・・・・・僕は君といるときが一番幸せなんだ
僕は死ぬまで君を離さないぞ、いいだろう・・・・・」

君はそよかぜに 髪を梳(と)かせて やさしくこの僕の しとねにしておくれ
今宵も日が昏(く)れて 時は去りゆくとも ふたりの想いは 変わらない いつまでも


君の名は   菊田一夫 作詞   古関裕而 作曲
君の名はと たずねし人あり その人の 名も知らず
今日砂山に ただひとりきて 浜昼顔に きいてみる

夜霧の街 思い出の橋よ 過ぎた日の あの夜が
ただ何となく 胸にしみじみ 東京恋しや 忘られぬ

海の涯に 満月が出たよ 浜木綿の 花の香に
海女は真珠の 涙ほろほろ 夜の汽笛が かなしいか


君は心の妻だから
愛しながらも 運命(さだめ)に敗(ま)けて 別れたけれど 心はひとつ
ぼくの小指を 口にくわえて 涙ぐんでた 君よ
ああ 今でも 愛している 君は心の妻だから

めぐり逢えたら はなしはしない 二人といない やさしい人よ
君のうなじの あのぬくもりを 忘れられない 今日も
ああ 思えば 涙がでる 君は心の妻だから

強く生きるよ 生きてることが いつかは君に 幸せ運ぶ
ぼくにすがって 胸をたたいて きっと泣くだろ 君は
ああ その日を 夢見ている 君は心の妻だから


君待てども
君待てども 君待てども まだ来ぬ宵 わびしき宵
窓辺の花 一つの花 蒼白きバラ いとしその面影 香り今は失せぬ
諦めましょう 諦めましょう わたしはひとり

君待てども 君待てども まだ来ぬ宵 朧(おぼろ)の宵
そよふく風 冷き風 そぞろ身に沁む 待つ人の影なく 花片は舞い来る
諦めましょう 諦めましょう わたしはひとり

君待てども 君待てども まだ来ぬ宵 嘆きの宵
そぼふる雨 つれなき雨 涙にうるむ 待つ人の音なく 刻む雨の雫
諦めましょう 諦めましょう わたしはひとり


君忘れじのブルース
雨ふれば 雨に泣き 風ふけば 風に泣き
そっと夜更けの 窓をあけて 歌う女の 心は一つ
あ〜あ せつなくも せつなくも 君を忘れ〜じの ブルースよ

面かげを 抱きしめて 狂おしの いく夜ごと
どうせ帰らぬ 人と知れど 女ごころは 命も夢も
あ〜あ せつなくも せつなくも 君を忘れ〜じの ブルースよ

君を忘れ〜じの ブルースよ


兄弟船
波の谷間に 命の花が 二つ並んで 咲いている
兄弟船は 親父の形見 型は古いが 時化には強い
俺と兄貴のよ 夢の揺りかごよ

おかにあがって 酒飲む時は いつも張り合う 恋いがたき
けれども沖の 漁場につけば やけに気の合う 兄弟カモメ
力合せてよ 網を 巻き上げる

たった一人の おふくろさんに 楽な暮らしを させたくて
兄弟船は 真冬の海へ 雪の すだれを くぐって進む
熱いこの血はよ おやじゆずりだぜ


今日でお別れ  なかにし礼 作詞  宇井あきら 作曲
今日でお別れね もう逢えない 涙を見せずに いたいけれど
信じられないの そのひとこと あの甘い言葉を ささやいたあなたが
突然さよなら 言えるなんて

最後のタバコに 火をつけましょう 曲がったネクタイ なおさせてね
あなたの背広や 身のまわりに やさしく気を配る 胸はずむ仕事は
これからどなたが するのかしら

今日でお別れね もう逢えない あなたも涙を 見せてほしい
何も云わないで 気安めなど こみあげる涙は こみあげる涙は
言葉にならない さようなら         さようなら


京都から博多まで
傘に冷たい 小雨が重い 思いきれない 未練が重い
鐘が鳴る鳴る 憐れむように 馬鹿な女と言うように
京都から博多まで あなたを追って 西へながれて 行く女

二度も三度も 恋した挙句 やはりあなたと 心に決めた
汽車がゆくゆく 瀬戸内沿いに 沈む気持ちを振り捨てて
京都から博多まで 恋を訪ねて 行く女

京都育ちが 博多になれて かわい訛りも いつしか消えた
一人しみじみ 不幸を感じ ついてないわと言いながら
京都から博多まで 今日も会えずに 泣く女


京都の恋
風の噂を信じて 今日からは あなたと別れ 傷ついて 旅に出かけて来たの
わたしの心に 鐘が鳴る 白い京都に 雨が降る
後姿の あの人は 今は帰らぬ 遠い人


涙見せたくないの 今日からは 一度離れた 恋なんか 二度とは したくない
(間奏)
このまま死んで しまいたい 白い京都に つつまれて


恋によごれた女は 明日から 白い京都の 片隅に 想い出をすてるの
想い出をすてるの


京都の夜
別れないでと 抱きしめて 愛してくれた あの人は
白い夜霧に 消えたまま 淋しく今日も 求めてうたう
甘い京都の夜は ふけゆく

聞かせておくれ 今一度 優しいあなたの ささやきを
祇園の雨に 濡れながら シャネルの人を せつなく今日も
さがす京都の夜は ふけゆく  さがす京都の夜は ふけゆく


京都慕情
あの人の姿 懐かしい 黄昏(たそがれ)の 河原町
恋は 恋は 弱い女を どうして 泣かせるの
苦しめないで ああ責めないで 別れの姿 知りながら
あの人の言葉 思い出す 夕焼の 高瀬川

遠い日の愛の 残り火が 燃えてる 嵐山
すべてすべて あなたのことが どうして 消せないの
苦しめないで ああ責めないで 別れの姿 知りながら
遠い日は 二度と帰らない 夕闇の 東山

苦しめないで ああ責めないで 別れの姿 知りながら
遠い日は 二度と帰らない 夕闇の 桂川


今日はなぜかメランコリー
洒落たクラブで あなたと二人 こうして飲むのも 久しぶりね
誰にでも そんなに あなたは優しく 話しも上手ね
だけど なぜか今日は 私とても メランコリー
そうね こんな夜も あるのね たまには

厚い あなたの 胸に頬を うずめて 踊って みるのよ。
アンドゥトゥルワ あなたに抱かれて 楽しい はずなのに
だけど なぜか今日は 何をしても メランコリー
そうね こんな夜も あるのね たまには

私し あまり 飲めない方だけれど 今夜は ずいぶん 飲んだわ
あなたも 陽気に 歌を歌ってる。誰もが 楽しそう
だけど なぜか今日は いくら飲でも メランコリー
そうね こんな夜も あるのね たまには


霧子のタンゴ
好きだから とてもとてもとても 好きだから 別れて来たんだよ
霧子は この俺 信じてくれた それだから 俺はつらくなって 旅に出たんだよ

逢いたくて とてもとてもとても 逢いたくて おまえの名を呼んだ
かわいい 霧子よ 泣いてはせぬか 今すぐに 汽車に乗っていきたい 愛のふるさとへ

愛してる 今も今も今も 愛してる 死ぬほど愛してる
心の 奥に 生きてる霧子 幸せになっておくれ霧子 幸せに霧子
幸せに霧子 幸せに霧子


霧にむせぶ夜
涙じゃないよと 言いたいけれど こらえても こらえても まつ毛がぬれる
君より切ない この俺なのさ だから笑顔が ほしいのに
さよならが さよならが 霧にむせぶ夜

逢いたくなったら 夢でも逢える はなれても はなれても かわらぬ心
君より激しい この恋なのさ だから死ぬほど つらいのに
さよならが さよならが 霧にむせぶ夜

分ってくれたら 泣くのをやめて  いつまでも いつまでも 待たせはしない
君より淋しい この胸なのさ だからみじかい 旅なのに
さよならが さよならが 霧にむせぶ夜


霧の摩周湖
霧にだかれて しずかに眠る 星も見えない 湖にひとり
ちぎれた愛の 思い出さえも 映さぬ水に あふれる涙
霧にあなたの 名前を呼べば こだませつない 摩周湖の夜

あなたがいれば 楽しいはずの 旅路の空に 泣いてる霧に
いつかあなたが 話してくれた 北のさいはて 摩周湖の夜


銀色の道  塚田 茂 作詞  宮川 泰 作曲
遠い遠い はるかな道は 冬の嵐が 吹いてるが 
谷間の春は 花が咲いてる ひとりひとり 今日もひとり 銀色の はるかな道

ひとりひとり はるかな道は つらいだろうが 頑張ろう 
苦しい坂も 止まればさがる 続く続く 明日も続く 銀色の はるかな道

続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに
二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道

続く続く はるかな道を 暗い夜空を 迷わずに
二人の星よ 照らしておくれ 近い近い 夜明けは近い 銀色の はるかな道
はるかな道 はるかな道 はるかな道 はるかな道・・・


銀座カンカン娘
あの娘(こ)可愛いや カンカン娘 赤いブラウス サンダルはいて
誰を待つやら 銀座の街角 時計ながめて ソワソワニヤニヤ
これが銀座の カンカン娘 これが銀座の カンカン娘

雨に降られて カンカン娘 傘もささずに 靴までぬいで
ままよ銀座は 私のジャングル 虎や狼 怖くはないのよ
これが銀座の カンカン娘  これが銀座の カンカン娘

指をさされて カンカン娘 ちょいと啖呵(たんか)も 切りたくなるわ
家がなくても お金がなくても 男なんかに だまされまいぞよ
これが銀座の カンカン娘  これが銀座の カンカン娘

カルピスのんで カンカン娘 一つグラスに ストローが二本
初恋の味 忘れちゃいやよ 顔を見合わせ チュウチュウチュウチュウ
これが銀座の カンカン娘  これが銀座の カンカン娘

銀座の恋の物語
女 : 心の底まで しびれるような
男 : 吐息が切ない ささやきだから
女:泪が思わず わいてきて
男:泣きたくなるのさ この俺も
男女:東京で一つ 銀座で一つ 若い二人が 始めて逢った 真実(ほんと)の恋の 物語

女:誰にも内緒で しまっておいた
男:大事な女の 真心だけど
女:貴男のためなら なにもかも
男:くれると云う娘の いじらしさ
男女:東京で一つ 銀座で一つ 若い二人が 始めて逢った 真実の恋の 物語

女:やさしく抱かれて 瞼をとじて
男:サックスの嘆きを 聴こうじゃないか
女:灯りが消えても このままで
男:嵐が来たって 離さない
男女:東京で一つ 銀座で一つ 若い二人が 始めて逢った 真実の恋の 物語


銀座ブルース
たそがれ行く 銀座 愛しい街よ 恋の火つく 銀座 夢買う街よ
あの子の笑顔がかわい ちょっと飲んでいこうかな
ほんとにあなたって 言い方ね でも ただそれだけね
たそがれ行く 銀座 愛しい街よ 恋の火つく 銀座 夢買う街よ

ネオン花咲く 銀座 夢売る街よ 心はずむ 銀座 夢買う街よ
気の無い素振りが憎い ちょっと寄ってやろうかな
耳打ち話が 気になるわあなた意地悪ね
ネオン花咲く 銀座 夢売る街よ 心はずむ 銀座 夢買う街よ


空港
何も知らずに あなたは言ったわ たまには 一人の 旅もいいよと
雨の空港 デッキにたたずみ 手を振るあなた 見えなくなるわ
どうぞ帰って あの人のもとへ 私は一人 去って行く

いつも静かに あなたの帰りを 待ってる 優しい 人がいるのよ
雨に煙った ジェットの窓から 涙をこらえ さよなら 言うの
どうぞ帰って あの人のもとへ 私は遠い 町へ行く

愛はだれにも 負けないけれど 別れることが 二人のためよ
どうぞ帰って あの人のもとへ 私は一人 去って行く


釧路の夜
貴方のつめたい そのひとみ なぜに私を いじめるの
やさしく抱いて ほしいのに 女心も 知らないで
貴方がにくい 貴方がにくい

風のつめたい 釧路川 今日も一人で 来てみたの
しばれた心を 抱きしめて 女心も 知らないで
貴方がにくい 貴方がにくい

霧は降る降る 今日も又 一人歩きの ヌサマイ橋よ
船の汽笛も 泣いている 女心も 知らないで
貴方がにくい 貴方がにくい


くちなしの花
いまでは指輪も まわるほど やせてやつれた おまえのうわさ
くちなしの花の 花のかおりが 旅路のはてまで ついてくる
くちなしの 白い花 おまえのような 花だった

わがままいっては 困らせた 子どもみたいな あの日のおまえ
くちなしの雨の 雨の別れが いまでも心を しめつける
くちなしの 白い花 おまえのような 花だった

小さな幸せ それさえも 捨ててしまった 自分の手から
くちなしの花を 花を見るたび 淋しい笑顔が また浮かぶ
くちなしの 白い花 おまえのような 花だった


黒い花び
黒い花びら 静かに散った あの人は帰らぬ 遠い夢
俺は知ってる 恋の哀しさ 恋の苦しさ
だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ

黒い花びら 涙に浮かべ 今はない あの人 ああ 初恋
俺は知ってる 恋の寂しさ 恋のせつなさ
だから だから もう恋なんか したくない したくないのさ


黒百合の歌
黒百合は 恋の花 愛する人に 捧げれば 二人はいつかは 結びつく
あ〜あ〜 あ- - - - -あ〜〜  あ〜あ〜 あ- - - - -あ〜〜
この花ニシパに あげようか あたしはニシパが 大好きさ

黒百合は 魔物だよ 花の香りが しみついて 結んだ二人は はなれない
あ〜あ〜 あ- - - - -あ〜〜  あ〜あ〜 あ- - - - -あ〜〜
あたしが死んだら ニシパもね あたしはニシパが 大好きさ


圭子の夢は夜ひらく
赤く咲くのは けしの花 白く咲くのは ゆりの花
どう咲きゃいいのさ この私 夢は夜ひらく

十五 十六 十七と 私の人生 暗かった
過去はどんなに 暗くても 夢は夜ひらく

昨日マー坊 今日トミー 明日はジョージか ケン坊か
恋ははかなく 過ぎて行き 夢は夜ひらく

夜咲くネオンは 嘘の花 夜飛ぶ蝶々も 嘘の花
嘘を肴に 酒をくみゃ 夢は夜ひらく

前を見るよな がらじゃない うしろ向くよな がらじゃない
よそみしてたら 泣きをみた 夢は夜ひらく

一から十まで バカでした バカにゃ未練は ないけれど
忘れられない 奴ばかり 夢は夜ひらく


芸者ワルツ
あなたのリードで 島田もゆれる チーク・ダンスのなやましさ
みだれる裾も はずかしうれし 芸者ワルツは 思い出ワルツ

空には三日月 お座敷帰り 恋に重たい 舞い扇
逢わなきゃよかった 今夜のあなた これが苦労の はじめでしょうか

あなたのお顔を 見たうれしさに 呑んだら酔ったわ 踊ったわ
今夜はせめて 介抱してね どうせ一緒にゃ くらせぬ身体

気強くあきらめ 帰した夜は 更けて涙の 通り雨
遠く泣いてる 新内流し 恋の辛さが 身にしみるのよ


恋あざみ
愛し合っても どうにもならぬ 今日と言う日が 行き止まり
想い出だけの あなたゆえ 遠くで幸せ 祈りましょう
あたしは 酒場の 恋あざみ

うぶな気持ちで 愛していても 生きて行くには 辛すぎる
あたしは どうせ 夜の花 優しい言葉は かけないで
このまま 黙って 別れたい

恋の苦さを 忘れるために 飲めぬお酒を 飲みました
どうせ咲かない 花だもの これきり あなたにゃ 逢いません
あたしは 涙の 恋あざみ


恋しや悲しや風が啼く
誰にも言えぬ 涙のわけを 流しておくれよ 大見川
遠くかすかに 揺れて見えます 湯の町灯り
忘れられない 思いを抱いて 女が一人 泣いている

一人の夜は 夜風がしみる 恋しや悲しや 風が啼く
月の光りも 寂しく揺れる 湯の町の夜 
瞼閉じれば 涙がほろり 女が一人 泣いている

いで湯の宿の 障子の影で 女が一人 泣いている


恋に落ちて
もしも願いが 叶うなら 吐息を白い バラに変えて
会えない日には 部屋中に飾りましょう あなたを 想いながら
ダーリン アイ ウォンチュー 会いたくて ときめく恋に 駆け出しそうなの
迷子のように 立ちすくむ 私をすぐに 届けたくて
ダイヤル 回して 手を止めた アイム ジャスタ ウーマン フォーリンラブ

イフ マイ ウィッシュ キャン ビー トゥルー  ウィルユー チェンジ マイ サイ   
トゥ ローゼス ホワイター ローゼス  デコレーゼム フォー ユー
スィンキン バウチュー エヴリナイトゥ    アンドゥ ファインダウトゥ ウェアー アイアム
アイム ナットゥ   リヴィング イン ヨー ハートゥ
ダーリン アイ ニードュー どうしても 口に出せない 願いがあるのよ
土曜の夜と 日曜の あなたがいつも 欲しいから
ダイヤル 回して 手を止めた アイム ジャスタ ウーマン フォーリンラブ

ダーリン ユー ラブミー 今すぐに あなたの声が 聴きたくなるのよ
両手でほほを 押さえても 途方に暮れる 夜が嫌い
ダイヤル 回して 手を止めた アイム ジャスタ ウーマン フォーリンラブ
ドンチュ リメンバ ウェン ユーワーヒアー
ウィザウタ スィンキン   ウィ ワー コート イン ファイアー
アイブ ガット ア ラブ ソング   バット ウェア イットゥ ゴーズ
スリー ラヴィング ハーツ アー  プーリン アパートォブ ワン
カン ストッピュー  カン ホードュー  カン ウェイノモー
アイム ジャスタ ウーマン フォーリンラブ    アイム ジャスタ ウーマン  フォーリン  ラブ


恋の季節
忘れられないの(忘れられないの) あの人が好きよ(あの人が好きよ)
青いシャツ着てさ(青いシャツ着てさ) 海を見てたわ(海を見てたわ)
私ははだしで(私ははだしで) 小さな貝の舟(小さな貝の舟)
浮かべて泣いたの(浮かべて泣いたの) わけもないのに(ないのに)
恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ
死ぬまで私を(死ぬまで私を) ひとりにしないと(ひとりにしないと)
あの人が云った(あの人が云った) 恋の季節よ(季節よ)

ルルルルルルルー ルルルルルルルー
ルルルルルルルー ルルルルルルルー
恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ
夜明けのコーヒー(夜明けのコーヒー) ふたりで飲もうと(ふたりで飲もうと)
あの人が云った(あの人が云った) 恋の季節よ(季節よ)

恋は 私の恋は 空を染めて 燃えたよ
夜明けのコーヒー(夜明けのコーヒー) ふたりで飲もうと(ふたりで飲もうと)
あの人が云った(あの人が云った) 恋の季節よ(季節よ)
恋の季節よ 恋の季節よ・・・・・


恋のしずく
肩をぬらす 恋のしずく 濡れたままでいいの
このまま歩きたい きっとからだの 中までしみるわ
そしてあなたの あなたの言葉を 忘れないように したいの

頬をぬらす 恋のしずく あなたのせいなのよ
わたしのためにだけ それは二人の 愛のしるしね
だからやさしい やさしい心を じっとだきしめて いたいの

髪をぬらす 恋のしずく やさしい手が触れると
青空が見えるの そうよあなたは 太陽なのね
だから私は 私はいつでも あなたを愛して いたいの


恋のバカンス
ため息の出るような あなたの口づけに 甘い恋を夢見る 乙女心よ
金色に輝く 熱い砂の上で 裸で恋をしよう 人魚のように
日に焼けたほほ寄せて 囁いた約束は 二人だけの秘め事 ため息が出ちゃう
ああ 恋の喜びに バラ色の月日よ 初めてあなたを見た 恋の バカンス

日に焼けたほほ寄せて 囁いた約束は 二人だけの秘め事 ため息が出ちゃう
ああ 恋の喜びに バラ色の月日よ 初めてあなたを見た 恋の    バカンス


恋のフーガ
追いかけて 追いかけて すがり付きたいの あの人が 消えて行く 雨の曲がり角
幸せも 思い出も 水に流したの 小窓打つ 雨の音 ほほ濡らす涙
始めから 結ばれない 約束の あなたと私しーー
つかの間の 戯れと みんな諦めて 泣きながら はずしたの 真珠の指輪を

始めから 結ばれない 約束の あなたと私しーー
帰らない 面影を 胸に抱きしめて 口づけを してみたの 雨のガラス窓
パヤ パヤパヤ ドゥドゥビドゥワー ドゥドゥドゥニドゥワー  ・・・・・・・・・


恋の町札幌
時計台の 下で逢って 私の恋は はじまりました
だまってあなたに ついてくだけで 私はとても 幸せだった
夢のような 恋のはじめ 忘れはしない 恋の町札幌

はじめて恋を 知った私 やさしい空を 見上げて泣いたの
女になる日 だれかの愛が 見知らぬ夜の 扉を開く
私だけの 心の町 アカシヤも散った 恋の町札幌

淋しい時 むなしい時 私はいつも この町に来るの
どこかちがうの この町だけは なぜか私に やさしくするの
恋人なのね 故里なのね ありがとう私の 恋の町札幌


高原の駅よさようなら
しばし別れの 夜汽車の窓よ いわず語らずに 心とこころ
またの逢う日を 目と目でちかい 涙見せずに さようなら

旅のおひとと うらまでお呉れ 二人抱いて ながめた月を
離れはなれて 相呼ぶ夜は 男涙で くもらせる

わかりましたわ わかってくれた  あとは言うまい きかずにお呉れ
想い切なく 手に手をとれば  笛がひびくよ 高原の駅


高原列車は行く
汽車の窓から ハンケチ振れば 牧場の乙女が 花束投げる
明るい青空 白樺林 山越え谷越え はるばると
ランラララ ララッラ ララ ラッラ 高原列車は ラララララ 行くよ

みどりの谷間に 山百合ゆれて 歌声ひびくよ 観光バスよ
君らの泊まりも 温泉(いでゆ)の宿か 山越え谷越え はるばると
ランラララ ララッラ ララ ラッラ 高原列車は ラララララ 行くよ

峠を越えれば 夢見るような  五色の湖 飛び交う小鳥
汽笛も二人の 幸せうたう  山越え谷越え はるばると
ランラララ ララッラ ララ ラッラ  高原列車は ラララララ 行くよ


高校三年生
赤い夕陽が 校舎をそめて ニレの木蔭に はずむ声
ああ 高校三年生 ぼくら 離れ離れに なろうとも クラス仲間は いつまでも

泣いた日もある 怨んだことも 思い出すだろ なつかしく
ああ 高校三年生 ぼくら フォーク・ダンスの 手をとれば 甘く匂うよ黒髪が

残り少ない 日数を胸に 夢がはばたく 遠い空
ああ 高校三年生 ぼくら 道はそれぞれ 別れても 越えて歌おう この歌を


荒城の月  土井晩翠 作詞  瀧 廉太郎 作曲
春高楼の 花の宴 巡る盃 かげさして 
千代の松が技 わけ出でし 昔の光 いまいずこ

秋陣営の 霜の色 鳴きゆく雁の 数見せて
植うる剣に 照りそいし 昔の光 いまいずこ

いま荒城の 夜半の月 替らぬ光 誰がためぞ
垣に残るは ただ葛 松に歌うは ただ嵐

天上影は 替らねど 栄枯は移る 世の姿
写さんとてか 今もなお 鳴呼荒城の 夜半の月


ここに幸あり
嵐も吹けば 雨も降る 女の道よ なぜ険し
君を頼りに わたしは生きる ここに幸あり 青い空

誰にも言えぬ 爪のあと 心に受けた 恋の鳥
ないてのがれて さまよい行けば 夜の巷の 風かなし

命のかぎり 呼びかける 谺(こだま)の果てに 待つは誰
君によりそい 明るく仰ぐ ここに幸あり 白い雲


小雨のカフェテラス
あなたには 何もかもが 分かっているとでも 言うの?
私の この胸の 悲しみの 深さが?
言わないで 慰めは、やめてよ、お願いよやめて
一人にしておいて、なぐさめは 要らない
アベマリア アベマリア アベマリア もう私は泣かない

昼下がりの カフェテラス、あの人と 別れたところ
あの日は 朝から 小雨が 降っていた
私は雨の中 濡れながら さまよい歩いた
それから 後のことは 覚えてはいない
アベマリア アベマリア アベマリア もう私は泣かない
アベマリア アベマリア アベマリア もう私は泣かない


古城   高橋掬太郎 作詞   細川潤一 作曲
松風さわぐ 丘の上 古城よひとり 何しのぶ
栄華(えいが)の夢を 胸に追い あゝ 仰げば侘びし 天守閣

くずれしままの 石垣に 哀れをさそう 病葉(わくらば)や
矢弾(やだま)のあとの ここかしこ あゝ むかしを語る 大手門

いらかは青く こけむして 古城よひとり 何しのぶ
たたずみおれば 身にしみて あゝ 空行く雁の 声悲し

この世の花
赤く咲く花 青い花 この世に咲く花 数々あれど
涙にぬれて 蕾のままに 散るは乙女の 初恋の花

想うひとには 嫁がれず 想わぬひとの 言うまま気まま
悲しさこらえ 笑顔を見せて 散るもいじらし 初恋の花

君のみ胸に 黒髪を うずめたたのし 想い出月夜
よろこび去りて 涙はのこる 夢は返らぬ 初恋の花


湖畔の宿
山の淋しい湖に ひとり来たのも悲しい心 胸の痛みに耐えかねて
昨日と夢と 炊き捨てる 古い手紙の うす煙り

水に黄昏迫る頃 岸の林を静かに行けば 雲は流れてむらさきの
薄きすみれに ほろほろと いつか涙の 陽が落ちる

ランプ引き寄せふるさとへ 書いて又消す 湖畔の便り 旅の心のつれづれに
一人占う トランプの 青いインクの 淋しさよ


コモエスタ赤坂           ロス インディオス
コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ
酔いしれてみたいのよ 赤坂の夜
分かれた人に 会えるような そんな気がして ならないの
それが 赤坂 赤坂 デル コラソン

コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ
酔いしれてみたいのよ あなたと私
これから恋が 生まれるような そんな気がして ならないの
それが 赤坂 赤坂 デル コラソン

コモエスタ セニョール コモエスタ セニョリータ
酔いしれて震えるの ろうそくの炎
一人暮らしの 私には ここが いつもの 愛の部屋
それが 赤坂 赤坂 デル コラソン


小指の思い出
あなたが噛んだ 小指が痛い きのうの夜の 小指が痛い
そっとくちびる 押しあてて あなたのことを しのんでみるの
私をどうぞ ひとりにしてね きのうの夜の 小指が痛い

あなたが噛んだ 小指がもえる ひとりでいると 小指がもえる
そんな秘密を 知ったのは あなたのせいよ いけない人ね
そのくせすぐに 逢いたくなるの ひとりでいると 小指がもえる

あなたが噛んだ 小指が好きよ かくしていたい 小指が好きよ
誰でもいいの 何もかも 私の恋を おしえてみたい
ほんとにだけど 言えないものね かくしていたい 小指が好きよ


ゴンドラの唄   吉井 勇 作詞   中山晋平 作曲
いのち短し 恋せよおとめ 朱(あか)き唇 あせぬ間に 
熱き血潮の 冷えぬ間に 明日の月日の ないものを

いのち短し 恋せよおとめ いざ手をとりて かの舟に
いざ燃ゆる頬を 君が頬に ここにはだれも 来ぬものを

いのち短し 恋せよおとめ 波にただよい 波のように
君が柔手(やわて)を わが肩に ここには人目 ないものを

いのち短し 恋せよおとめ 黒髪の色 あせぬまに
心のほのお 消えぬまに 今日はふたたび 来ぬものを


今夜は離さない
【女】抱いてほしいなんて 女の口から 言えるわけなどないわ いじめないでね
【男】すねた君の顔が たまらなく好きさ このまま二人きり 踊り続けよう
【男】恋は魔法さ     【女】お酒のようね
【男女】知らず知らずに 二人を酔わす
【男】今夜は離さない      【男女】離れられない

【女】好きと言えば好きと 答えてほしいの 女心はいつも 欲張りなのね
【男】そんなことはないさ 男の心は 勝手さでも今は 君しか見えない
【男】恋は魔法さ     【女】夢見るようね
【男女】交わす吐息も 一つになれる
【男】今夜は離さない      【男女】離れられない

【女】よそ見してはいやよ いたずら夜風が そっと素肌に触れて 通り過ぎるわ
【男】ほほを寄せていれば 言葉はいらない 小指の先までも 愛しているから
【男】恋は魔法さ     【女】揺れる灯りを
【男女】甘い香りの花に変えるよ
【男】今夜は離さない      【男女】離れられない


再会
逢えなくなって 初めて知った 海より深い恋心
こんなにあなたを愛してるなんて ああああ カモメにも分かりはしない

みんなは悪い人だといううが 私にゃいつも いい人だった
ちいっちゃな青空 監獄の壁を ああ ああ 見つめつつ 泣いてるあなた

仲よく二人 泳いだ海へ 一人で今日は 来た私
再び会える日 指折り数える ああ ああ 指先に 夕日が沈む


酒場にて
好きでお酒を 飲んじゃいないわ 家(うち)にひとり帰る時が 怖い私(あたし)よ
あのドアを開けてみたって あなたはいない 暗い闇が私を 待ってるだけよ
また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋

どうぞお店が 終わるときまで ここにおいてひとりだけで 飲んでいるから
死ぬこともできず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私(あたし)
また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋

死ぬこともできず今でも あなたを想い 今日もひとり酒場で 泣いてる私
また長い夜をどうして すごしましょう 愛の香りも 消えたあの部屋


さくら貝の歌
美(うるわ)しき 桜貝ひとつ 去り行ける  きみに捧げん
この貝は 去年(こぞ)の浜辺に われ一人 拾いし貝よ

ほのぼのと うす紅染むるは わが燃ゆる さみし血潮よ
はろばろと 通う香りは きみ恋うる 胸のさざなみ

ああなれど わが想いは儚(はかな)く うつし世の渚に果てぬ


さざんかの宿
くもりガラスを 手でふいて あなた明日(あした)が 見えますか
愛しても 愛しても ああ 他人(ひと)の妻
赤く咲いても 冬の花 咲いてさびしい さざんかの宿

ぬいた指輪の 罪のあと かんでください 思いきり
燃えたって 燃えたって ああ 他人の妻
運命(さだめ)かなしい 冬の花 明日(あす)はいらない さざんかの宿

せめて朝まで 腕の中 夢を見させて くれますか
つくしても つくしても ああ 他人の妻
ふたり咲いても 冬の花 春はいつくる さざんかの宿


さすらい
夜がまた来る 想い出連れて 俺を泣かせに 足音もなく
何をいまさら 辛くはないが 旅の灯りが 遠く 遠く 潤むよ

知らぬ他国を 流れながれて 過ぎて行くのさ 夜風の様に
恋に生きたら 楽しかろうが どうせ死ぬまで 一人 一人ぼっちさ

後を振り向きゃ 心細いよ それでなくても はるかな旅路
いつになったら この寂しさが 消える日があろ 今日も 今日も 旅ゆく


淋しげなラブソング
うずくまる 子猫のように 淋しげな ラブソング
錆びついた 扉の奥で 横たわる ラブソング
君の ために 書いた 歌が 今は むなしく 響く ラブソング

薄れゆく 夏の陽ざしに 黙り込む 二人
遠い日の あどけない恋 きらめいた ラブソング
はるか かなたの 夏の 夜に 君に 捧げた 甘い ラブソング
はるか かなたの 夏の 夜に 君に 捧げた 甘い ラブソング


錆びたナイフ
砂山の砂を 指で掘ってたら 真赤に錆びた ジャックナイフが 出てきたよ
どこのどいつが 埋めたか 胸にジンとくる 小島の秋だ

薄情な女(やつ)を 思い切ろうと ここまで来たか 男泣きした マドロスが
恋のなきがら 埋めたか そんな気がする 小島の磯だ

海鳴りはしても 何も言わない 真赤に錆びた ジャックナイフが いとしいよ
俺もここまで 泣きに来た 同じ思いの 旅路の果てだ


さようならの風景
もう 何にも 言わないで あなたの事だもの 判ってる
恋でも愛でも なかったのね 言い訳なんて 言わないで
心から 信じてた 優しい人だもの
誰よりも あなたを あなたを 愛してた
もう 忘れましょう さようなら 今ならまだ あなたが好きだから

わすれられない 思い出が そこにも ここにも 残ってる
二人で 暮らした この部屋を 悲しいけれど 出てゆくわ
そんな目で 見つめないで 心が崩れそう
誰よりも あなたを あなたを 愛してた
もう 忘れましょう さようなら 今ならまだ あなたが好きだから


さようならは五つのひらがな
さようならは さようならは 五つのひらがな
たった五つの ひらがなに 秘められた女の すすり泣き
明日から 明日から ただ一人 あなたのくれた 悲しみを
あなたの代わりに 抱いて行くのよ

あなたには あなたには 小さな思い出
だけど女の 一生を この恋に捧げて きた私
憎い人 憎い人 でも好きよ 泣き顔だけは見せないで
あなたを送って あげたかったわ

さようならは さようならは 五つのひらがな
たった五つの ひらがなに 隠された女の 忍び泣き
喜びも 悲しみも この文字に 包んで捨てる さようならの
言葉が震える 霧の三叉路


さよならはダンスの後に   横井 弘 作詞   小川寛興 作曲
何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょ
だってさよならは つらい ダンスの後に してね
ここはお馴染みの クラブ いつものように 踊りましょう
せめてキャンドルの下で 泣くのだけは やめて
    誰にも負けず 深く愛してた 燃えるその瞳もその手も これきりね
何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょ
だってさよならは つらい ダンスの後に してね

少しカクテルを ちょうだい 酔ったらまた 踊りましょう
だってさよならは つらい ダンスの後に してね
いまは懐かしい クラブ 気のすむまで 踊りましょう
せめて恋人の ままで やさしく肩を 抱いて
   初めて聞いた 夜のささやきが たとえ短い夢でも 忘れない
少しカクテルを ちょうだい 酔ったらまた 踊りましょう
だってさよならは つらい ダンスの後に してね

   あなたがとても 好きなこの曲も 明日はどこかで独りで 聞くだけね
何も言わないで ちょうだい 黙ってただ 踊りましょ
だってさよならは つらい ダンスの後に してね


さよならルンバ
このまま お別れしましょう あなたの言葉のまま
ダリアの花びらさえも 恋の時すぎりゃ 色はさめる
ああ さめた後から いくら泣いて泣いて 泣いてみたとて
かえらぬ 恋の終りは しおれた 花びら

それでは お別れしましょう あなたの言葉のまま
タバコのすいがらのように 道に捨てられた あたしなのね
ああ つらいけれども いくら泣いて泣いて 泣いてみたとて
かえらぬ 恋の終りは はかない けむりよ

さよなら さよなら さよなら


サライ
遠い夢 捨てきれずに ふるさとを捨てた
穏やかな 春の日差しが揺れる 小さな駅舎(えき)
別れより 悲しみより あこがれは強く
淋しさと 背中合わせの ひとりきりの 旅立ち
動き始めた 汽車の窓辺を 流れてゆく 景色だけを じっと見ていた
サクラ吹雪の サライの空は 悲しいほど 青く澄んで 胸が震えた

恋をして 恋に破れ 眠れずに過ごす アパートの
窓ガラス越し 見てた 夜空の星
この街で 夢追うなら もう少し強く ならなけりゃ
時の流れに 負けてしまいそうで
動き始めた 朝の街角 人の群れに 埋もれながら 空を見上げた
サクラ吹雪の サライの空へ 流れてよく 白い雲に 胸が震えた

離れれば 離れるほど なおさらに募る この想い
忘れられずに 開く 古いアルバム
若い日の 父と母に 包まれて過ぎた
柔らかな 日々の暮らしを なぞりながら生きる
まぶた閉じれば 浮かぶ景色が 迷いながら いつか帰る 愛のふるさと
サクラ吹雪の サライの空へ いつか帰る その時まで 夢は捨てない

まぶた閉じれば 浮かぶ景色が 迷いながら いつか帰る 愛のふるさと
サクラ吹雪の サライの空へ いつか帰る いつか帰る きっと帰るから


懺悔の値打もない
あれは二月の 寒い夜(よる) やっと十四(じゅうし)に なった頃
窓にちらちら 雪が降り 部屋はひえびえ 暗かった
愛というのじゃ ないけれど 私は抱かれて みたかった

あれは五月の 雨の夜 今日で十五と 云う時に
安い指輪を 贈られて 花を一輪(いちりん) かざられて
愛と云うのじゃ ないけれど 私は奉(ささ)げて みたかった

あれは八月 暑(あつ)い夜 すねて十九を 越えた頃
細いナイフを 光らせて にくい男を 待っていた
愛と云うのじゃ ないけれど 私は捨てられ つらかった

そしてこうして 暗い夜 年も忘れた 今日のこと
街にゆらゆら 灯(あか)りつき みんな祈りを するときに
ざんげの値打ちも ないけれど 私は話して みたかった


桑港のチャイナタウン
桑港のチャイナタウン 夜霧に濡れて 夢紅く誰を待つ 柳の小窓
泣いている 泣いている おぼろな瞳 花やさし霧の街 チャイナタウンの恋の夜

桑港のチャイナタウン ランタン燃えて 泪顔ほつれ髪 翡翠の篭よ
忘らりょか 忘らりょか 蘭麝(らんじゃ)の香り 君やさし夢の街 チャイナタウンの恋の夜
 
桑港のチャイナタウン 黄金門(きんもん)湾の 君と見る白い船 旅路は遠い
懐かしや 懐かしや 故郷の夢よ 月やさし丘の街 チャイナタウンの恋の夜


思案橋ブルース
泣いているような 長崎の街 雨に打たれて 流れた
二つの 心は 帰らない 帰らない 無常の雨よ あーあ 長崎 思案橋 ブルース

呼んでくれるな 俺の名前を 戻りはしないさ むかしの
気ままな この俺 忘れてよ 忘れてよ つれない雨よ あーあ 長崎 思案橋 ブルース

夢は捨てたのさ 今のこの俺 じっと孤独を かみしめ
お前を 好きだと 言ってみた 言ってみた 冷たい雨に あーあ 長崎 思案橋 ブルース



四季の歌
春を愛する人は 心清き人 スミレの花のような ぼくの友だち

夏を愛する人は 心強き人 岩をくだく波のような ぼくの父親

秋を愛する人は 心深き人 愛を語るハイネのような ぼくの恋人

冬を愛する人は 心広き人 根雪を溶かす大地のような ぼくの母親

ランララララランランラン ランラララララ ラ・・・・・


シクラメンのかほり
真綿色したシクラメンほど 清(すが)しいものはない
出逢いの時の君のようです ためらいがちに かけた言葉に
驚いたよにふりむく君に 季節が頬をそめて 過ぎてゆきました

うす紅色のシクラメンほど まぶしいものはない
恋する時の君のようです 木もれ陽あびた 君を抱けば
淋しささえもおきざりにして 愛がいつのまにか 歩き始めました

疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく
呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう

うす紫のシクラメンほど 淋しいものはない
後ろ姿の君のようです 暮れ惑う街の別れ道には
シクラメンのかほり空しくゆれて 季節が知らん顔して過ぎてゆきました

疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく
呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう


下町育ち   良池まもる 作詞   叶 弦大 作曲
三味と踊りは 習いもするが 習わなくても 女は泣ける
つらい運命の 花街育ち 義理がからんだ 花ばかり

母と呼べずに わが子と抱けず 嘘とまことで とく紅かなし
金がもの云う 浮世と知れど 金じゃとらない 左づま

忘れなければ いけない人と 知ったあの夜は 袂(たもと)がぬれる
強く生きるの 女の街で 秘めてかざした 舞扇


下町の太陽
下町の空に かがやく太陽は よろこびと悲しみ 写すガラス窓
心のいたむ その朝は 足音しみる 橋の上 ああ太陽に 呼びかける

下町の恋を 育てた太陽は 縁日に二人で 分けた丸いあめ
口さえきけず 別れては 祭りの午後に なつかしく ああ太陽に 涙ぐむ

下町の屋根を 温(ぬく)める太陽は 貧しくも笑顔を 消さぬ母の顔
悩みを夢を うちあけて 路地にも幸(さち)の くるように ああ太陽と 今日もまた


島育ち
赤いソテツの 実も熟れる頃 かなも年頃 かなも年頃 大島育ち

くるしゅ くるかみ おなぐみの  かなしゃ おもいまむねに おもいまむねに 大島紬

朝は西風 夜は南風 沖のたちかみ 沖のたちかみ またかたせ波


上海帰りのリル
船を見つめていた ハマのキャバレーにいた 風の噂はリル 上海帰りのリル リル
あまい切ない 思い出だけを 胸にたぐって 探して歩く
リル リル 何処に居るのかリル だれかリルを 知らないか

黒いドレスをみた 泣いていたのを見た 戻れこの手にリル 上海帰りのリル リル
夢の四馬路の 霧降る中で なにもいわずに 別れたひとみ
リル リル 一人さまようリル だれかリルを 知らないか

海を渡ってきた ひとりぼっちできた 望み捨てるなリル 上海帰りのリル リル
暗き運命(さだめ)は 二人で分けて 共に暮らそう 昔のままで
リル リル 今日も逢えないリル だれかリルを 知らないか


十九の春   沖縄俗謡歌   本竹祐助 補作詞
(女性) 私があなたに 惚(ほ)れたのは ちょうど十九の 春でした
       いまさら離縁(りえん)と いうならば もとの十九に しておくれ
(男性) もとの十九に するならば 庭の枯木を 見てごらん
       枯木に花が 咲いたなら 十九にするのも やすけれど
(女性) みすて心が あるならば 早くお知らせ 下さいね
       年も若く あるうちに 思い残すな 明日の花
(男性) 一銭二銭の 葉書さえ 千里万里と 旅をする
       同じコザ市に 住みながら あえぬ吾が身の せつなさよ
(女性) 主(ぬし)さん主さんと 呼んだとて 主さんにゃ立派な 方がある
       いくら主さんと 呼んだとて 一生忘れぬ 片思い
(一緒) 奥山住まいの うぐいすは 梅の小枝で 昼寝して
       春が来るよな 夢を見て ホケキョホケキョと 鳴いていた


城ケ崎ブルース
行かねばならぬ 男が一人 行かせたくない 女が一人
二人の恋の  城ケ崎 咲けよ 匂えよ 湯の花すみれ 明日のことは言わないで

命の限り 愛せたならば たった一夜の 夢でもよいと
わたしを泣かす 城ケ崎 霧よ隠せよ あのシャボテンの とげより痛い 別れ風

愛してくれた 小指の爪を そっと形見に 包んで入れた
ハンカチ白い 城ケ崎 あなたが帰る とうがさ山が 涙にかすむ 夜の果て


知りすぎたのね    ロス インディオス
知りすぎたのね あまりに私を 知りすぎたのね 私のすべて
恋は終わりね 秘密がないから 話す言葉も うつろに響く
嫌われたくなくて 嫌われたくなくて みんなあなたに あげた 馬鹿な私
捨てられたのね 私はあなたに いいのよいいの 作り涙なんか

知りすぎたのね あまりに私を 知りすぎたのね 私のすべて
花から花へ チョウチョが舞うように 他の誰かを 恋するあなた
嫌われたくなくて 嫌われたくなくて みんなあなたに あげた 馬鹿な私
捨てられたのね 私はあなたに しおれた花が 捨てられるように


知床旅情  森繁久弥 作詞/作曲  
知床の岬に はまなすの咲く頃 思い出しておくれ 俺たちのことを
飲んで騒いで 丘に登れば はるか国後(くなしり)に 白夜は明ける

旅の情けか 酔うほどにさまよい 浜に出て見れば 月は照る波の上(え)
今宵こそ君を 抱きしめんと 岩陰によれば ピリカが笑う

別れの日は来た 知床の村にも 君は出てゆく 峠を越えて
忘れちゃいやだよ 気まぐれ烏さん 私を泣かすな 白いかもめよ 白いかもめよ


白い花の咲く頃
白い花が咲いてた ふるさとの遠い夢の日 さよならと言ったら
黙ってうつむいてた おさげ髪 哀しかったあの時の あの白い花だよ

白い花が咲いてた ふるさとの 高いあの峯 さよならと言ったら
コダマがさようならと 呼んでいた 淋しかったあの時の あの白い花だよ

白い花が咲いてた ふるさとの 丘の木立に さようならと言ったら
涙の瞳でじっと 見つめてた 哀しかったあの時の あの白い花だよ


人生いろいろ   中村大三郎 作詞 浜口庫之助 作曲
死んでしまおうなんて 悩んだりしたわ バラもコスモスたちも 枯れておしまいと
髪を短くしたり 強く小指をかんだり 自分ばかりをせめて 泣いて過ごしたわ
ねえ おかしいでしょ若いころ ねえ 滑稽でしょ若いころ
笑いばなしに 涙がいっぱい 涙の中に 若さがいっぱい
人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの

恋は突然くるわ 別れもそうね そして心を乱し 神に祈るのよ
どんな大事な恋も 軽いあそびでも 一度なくしてわかる 胸のときめきよ
いま かがやくのよ 私たち いま 飛び立つのよ 私たち
笑いばなしに 希望がいっぱい 希望の中に 若さがいっぱい
人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの
人生いろいろ 男もいろいろ 女だっていろいろ 咲き乱れるの


人生劇場
やると思えば どこまでやるさ それが男の 魂じゃないか
義理がすたれば この夜はやみだ なまじとめるな 夜の雨

あんな女に 未練はないが なぜか涙が 流れてならぬ
男ごころは 男でなけりゃ 分かるものかと あきらめた

時世時節は 変わろとままよ  吉良の仁吉は 男じゃないか
おれも生きたや 仁吉のように  義理と人情の この世界


新雪   佐伯孝夫 作詞   佐々木俊一 作曲
紫けむる 新雪の   峰ふり仰ぐ この心 
麓の丘の 小草を敷けば 草の青さが 身に沁みる 

汚れを知らぬ 新雪の 素肌へ匂う 朝の陽よ
若い人生に 幸あれかしと 祈る瞼(まぶた)に 湧く涙

大地を踏んで がっちりと 未来に続く 尾根伝い
新雪光る あの峰越えて 行こうよ元気で 若人よ


好きだった
好きだった 好きだった 嘘じゃなかった 好きだった
こんな一言 あの時に 言えばよかった
胸にすがって 泣きじゃくる 肩のふるえを ぬくもりを
忘れられずに いるのなら

好きだった 好きだった 俺は死ぬ程 好きだった
云っちゃならない 「さよなら」を 云ったあの日よ
笑うつもりが 笑えずに 顔をそむけた 悲しみを
今も捨てずに いるくせに

好きだった 好きだった 口にゃ出さぬが 好きだった
夢にまで見た せつなさを 知っていたやら
馬鹿な男の 強がりを せめて恨まず いておくれ
逢える明日(あした)は ないけれど


好きと一言いえたなら
暗い酒場の片隅で 思い出抱きしめ 酒を飲む
こんな女の独り言 酒よ伝えて あの人に
悲しくて 悲しくて 涙に濡れた夜もある
忘れられない人だけど 生きて見せます一人でも

若い頃から気が強く 意地で歩いた夜の道
好きと一言 言えたなら 好きと一言 言えたなら
あの人に あの人に 縋り付いてみたかった
忘れられない人だけど 生きて見せます一人でも

寂しくて 寂しくて 駄目になりそな 夜明け前
忘れられない人だけど 生きて見せます一人でも


鈴懸の径   佐伯孝夫 作詞   灰田有紀彦 作曲
友と語らん  鈴懸の径(みち)  通いなれたる  学校(まなびや)の 街(まち)
やさしの小鈴   葉かげに  なれば   夢はかえるよ   鈴懸の径(みち)

やさしの小鈴   葉かげに  なれば   夢はかえるよ   鈴懸の径(みち)


すずめの涙
世の中で あんたが一番好きだったけど 追いかけてすがり付き 泣いてもみじめになるだけ
幸せを窓に閉じ込めて 飼いならしてみても 悲しみが胸の隙間から 忍び込んでくる
たかが人生 成り行き任せ 男なんかは 星の数ほど
泥んこになる前に きれいにあばよ 好きであるうちに 許してあばよ

もし今度 生まれてくるなら 孔雀より すずめ 口紅も香水も付けないで 誰かと暮らすわ
色づいた夢を見るよりも ささやかでいいの 私が飛べる青空を 持ってる人ならば
たかが人生 奇麗な時は 花よりもっと 短いはずね
酔いどれになる前に 背中にあばよ 好きでいるうちに 許してあばよ

たかが人生 成り行き任せ 男なんかは 星の数ほど
泥んこになる前に きれいにあばよ 好きであるうちに 許してあばよ  許してあばよ



目を閉じて何も見えず 哀(かな)しくて目を開ければ
荒野に向かう道より 他(ほか)に見えるものはなし
ああ 砕(くだ)け散る 宿命(さだめ)の星たちよ
せめて密(ひそ)やかに この身を照らせよ
我は行(い)く 蒼白(あおじろ)き頬のままで
我は行く さらば昴(スバル)よ

呼吸(いき)をすれば胸の中 凩(こがらし)は吠(な)き続ける
されど我が胸は熱く 夢を追い続けるなり
ああ さんざめく 名もなき星たちよ
せめて鮮(あざ)やかに その身を終われよ
我も行く 心の命ずるままに
我も行く さらば昴よ

ああ いつの日か 誰かがこの道を
ああ いつの日か 誰かがこの道を
我は行く 蒼白き頬のままで
我は行く さらば昴よ
我は行く さらば昴よ


すみだ川   佐藤惣之助 作詞   山田栄一 作曲   唄 東海林太郎
銀杏がえしに 黒繻子(くろじゅす)かけて 泣いて別れた すみだ川
思い出します 観音さまの 秋の 日暮れの 鐘の声

娘心の 仲見世歩く 春を待つ夜の 歳の市
更けりゃ泣けます 今戸の空に 幼馴染の お月様

都鳥さえ 一羽じゃ飛ばぬ むかし恋しい 水の面(おも)
逢えば溶けます 涙の胸に 河岸の 柳も 春の雪


世界は二人のために
愛 あなたと二人   花 あなたと二人   恋 あなたと二人   夢 あなたと二人
二人のため 世界はあるの 二人のため 世界はあるの

空 あなたと仰ぐ   道 あなたと歩く   空 あなたと見つめ   丘 あなたと登る
二人のため 世界はあるの 二人のため 世界はあるの

なぜ あなたと居るの   いつ あなたと会うの   どこ あなたと行くの   今 あなたと二人
二人のため 世界はあるの 二人のため 世界はあるの
二人のため 世界はあるの 二人のため 世界はあるの


惜別の歌   島崎藤村 作詞   藤江英輔 作曲
遠き別れに 耐えかねて この高殿に のぼるかな
悲しむなかれ わが友よ 旅の衣を ととのえよ

別れといえば 昔より この人の世の 常なるを
流るる水を ながむれば 夢はずかしき 涙かな

君がさやけき 目の色も 君くれないの 唇も
君がみどりの 黒髪も またいつか見ん この別れ


瀬戸の花嫁   山上路夫 作詞   平尾昌晃 作曲
瀬戸は 日暮れて 夕波小波 あなたの島へ お嫁にゆくの
若いと 誰もが 心配するけれど 愛があるから だいじょうぶなの
だんだん畑と さよならするのよ 幼い弟 行くなと泣いた
男 だったら 泣いたりせずに 父さん母さん だいじにしてね

岬 まわるの 小さな船が 生まれた島が 遠くになるわ
入り江の 向こうで 見送る人たちに 別れ告げたら 涙が出たわ
島から島へと 渡ってゆくのよ あなたとこれから 生きてく私
瀬戸は 夕焼け 明日も晴れる 二人の門出 祝っているわ


船頭小唄   野口雨情 作詞   中山晋平 作曲
己(おれ)は河原の 枯れ芒(すすき)  同じお前も かれ芒
どうせ二人は この世では 花の咲かない 枯れ芒

死ぬも生きるも ねえお前 水の流れに 何変(かわ)ろ
己(おれ)も お前も 利根川の 船の船頭で 暮らそうよ

枯れた真菰(まこも)に 照らしてる 潮来(いたこ) 出島(でじま)の お月さん
わたしゃこれから 利根川の 船の船頭で 暮らすのよ

なぜに冷たい 吹く風が 枯れた芒の 二人ゆえ
熱(あつ)い涙の 出た時は 汲(く)んで お呉れよ お月さん


宗右衛門町ブルース
きっと来てねと 泣いていた かわいいあの子は うぶなのさ
何故に 泣かすか 宗右衛門町よ さよなら さよなら また来る日まで
涙を拭いて さようなら

街のネオンも 消えて行く うぶなあの子も 消えて行く
なぜか 淋しい 宗右衛門町よ さよなら さよなら 後姿も
夜霧に 濡れて 淋しそう

イチョウ並木に 春が来る 君にも来るよ 幸せが
なぜか 悲しい 宗右衛門町よ さよなら さよなら もう一度だけ
明るい 笑顔を 見せとくれ


蘇州夜曲
君がみ胸に 抱かれてきくは 夢の船歌 鳥の唄 (注:1)
水の蘇州の 花散る春を 惜しむか柳が すすりなく

花を浮かべて 流れる水の 明日の行方は 知らねども
今宵うつした 二人の姿 消えてくれるな いつまでも

髪にかざろか 口づけしよか 君が手折りし 桃の花
涙ぐむよな おぼろの月に 鐘が鳴ります 寒山寺


そんな女のひとり言
お店つとめは はじめてだけど 真樹さんの 紹介で
あなたの隣りに 座ったの あそびなれてる ひとみたい
ボトルの名前で わかるのよ そんな女の ひとりごと

身体に毒だわ つづけて飲んじゃ ユミさんは こないけど
十時に電話が はいるわよ あなた歌でも 唄ったら
すこしは気持も はれるでしょ そんな女の ひとりごと

車でおくると いわれたけれど 奈美さんに しかられる
あなたの浮気は 有名よ ジンのにおいで わたしまで
酔わせるつもりね 今夜また そんな女の ひとりごと

グレーの背広に ラークのタバコ ママさんの いいひとね
身の上ばなしを したいけど 渋い笑顔に どことなく
かなしい昔が あるみたい そんな女の ひとりごと


そんな夕子に惚れました
やさしい言葉 暗い過去 みんな鏡が 知っている
ひとりぼっちの かわいい女 そんな夕子に そんな夕子に ほれました

小さな一間 アパートに 白いお鍋が 光ってた
そっと生きてる かわいい女 そんな夕子に そんな夕子に ほれました

グラスを持つ手 ふるわせて 愛が欲しいと 泣いていた
ナイトクラブの かわいい女 そんな夕子に そんな夕子に ほれました

キャベツをきざむ 手を止めて 今日はこのまま そばにいて
いつも甘える かわいい女 そんな夕子に そんな夕子に ほれました


武田節
甲斐の山々 陽に映えて われ出陣に うれいなし
おのおの 馬は飼いたるや 妻子に つつが あらざるや あらざるや

それい まします この山河 敵に踏ませて なるものか
人は石垣 人は城 情けは味方 あだは敵 あだは敵

つつじがさきの 月さやか うたげを尽くせ 明日よりは
おのおの 京を 目指しつつ 雲と おこれや 武田節 武田節


たそがれの銀座   古木花江 作詞   中川博之 作曲
二人だけのところを 誰かに見られ うわさの花が 咲く銀座
一丁目のやなぎが ため息ついて 二丁目の柳が ささやいた 
あなたの愛が 目をさます 銀座銀座銀座 銀座銀座銀座 たそがれの銀座

僕のすきなあの娘は 毎日いちど 銀座をみなきゃ 眠れない
三丁目のサロンで 待たせたままで 四丁目の彼氏にプロポーズ 
それでもなぜか にくめない 銀座銀座銀座 銀座銀座銀座 たそがれの銀座

プラタナスの葉かげに ネオンがこぼれ おもいでがかえる 並木通り
五丁目のフユ子は 小唄が上手 六丁目のナツ子は ジャズが好き
あなたをよんで 霧もふる 銀座銀座銀座 銀座銀座銀座 たそがれの銀座

数寄屋橋はきえても 銀座はのこる 柳とともに いつまでも
七丁目の酒場で おぼえたお酒 八丁目のクラブで 知った恋
あなたが夢を くれた街 銀座銀座銀座 銀座銀座銀座 たそがれの銀座


たそがれマイラブ
今は夏 側にあなたの匂い 幸せな夢に溺れていたけれど
夕立が 白い稲妻連れて 悲しみ色の 日暮れにしていった
しびれた指 滑り落ちた コーヒーカップ 砕け散って
私はただ あなたの目を 言葉もなく 見つめるだけ
さだめと言う いたずらに 引き裂かれそうな この愛

今は冬 側にあなたはいない 石畳 白く 粉雪が舞い踊る
引き裂かれ 愛はかけらになって それでも胸で 暑さをなくさない
凍える手で 広げて読む 手紙の文字が 赤く燃えて
私はもう あなたの背に もたれかかる 夢を見てる
さだめと言う いたずらに 引き裂かれそうな この愛


たった二年と二ヶ月で
小さな部屋でも お城と信じ 小さな愛でも 命と信じ
互いにつくして 暮らしてきたが 今日から他人で 別れる二人
誰を責めたらいい 誰と泣いたらいい
たった二年と二ヶ月で 終わってしまうの 二人の愛は

憎しみ合っての 別れであれば 傷つけあっての 別れであれば
互いの明日を 思った末に こうした別れを 選んだ二人
何が間違いなの 何につまづいたの
たった二年と二ヶ月で 終わってしまうの 二人の暮らし

何が間違いなの 何につまづいたの
たった二年と二ヶ月で 終わってしまうの 二人の暮らし


他人船
別れてくれと言う前に 死ねよと言ってほしかった
あー この黒髪の 先までが あなたを愛しているものを
ひきはなす ひきはなす 他人船

背中を向けた 桟橋で さよなら言えず 濡らす頬
あー この指切りの 指までが あなたを愛しているものを
ひきはなす ひきはなす 他人船

いつか会えると それだけを 望みにかけて 生きて行く
あー この目の下の ほくろさえ あなたを愛しているものを
ひきはなす ひきはなす 他人船


旅笠道中
夜が冷たい 心が寒い 渡り鳥かよ 俺等(オイラ)の旅は
風のまにまに 吹きさらし

風が変われば 俺等も変わる 仁義双六 丁半かけて
渡るやくざの たよりなさ

亭主もつなら 堅気をおもち とかくやくざは 苦労の種よ
恋も人情も 旅の空


旅姿三人男
清水港の 名物は お茶の香りと 男伊達
見たか聞いたか あの啖呵 粋な小政の 粋な小政の旅姿

富士の高嶺の 白雪が 解けて流れる 真清水で
男磨いた 勇み肌 なんで大政 なんで大政国を売る

腕と度胸じゃ 負けないが 人情からめば ついほろり
見えぬ片目に 出る涙 森の石松 森の石松よい男


旅の夜風 「愛染かつら」より   西條八十 作詞   万城目正 作曲
花も嵐も 踏み越えて 行くが男の 生きる途(みち)
泣いてくれるな ほろほろ鳥よ 月の比叡(ひえい)を 独り行く

優しかの君 ただ独り 発(た)たせまつりし 旅の空
可愛い子供は 女の生命 なぜに淋しい 子守唄

加茂の河原に 秋長(た)けて 肌に夜風が 沁みわたる
男柳が なに泣くものか 風に揺れるは 影ばかり

愛の山河 雲幾重(いくえ) 心ごころを 隔てても
待てば来る来る 愛染(あいぜん)かつら やがて芽をふく 春が来る


旅人よ  岩谷時子 作詞  弾 厚作 作曲
風にふるえる 緑の草原 たどる瞳輝く 若き旅人よ
お聞きはるかな 空に鐘が鳴る 遠い故郷にいる 母の歌に似て
やがて 冬が冷たい 雪を 運ぶだろう 君の 若い足あと 胸に 燃える恋もうずめて
草は枯れても 命果てるまで 君よ夢を心に 若き旅人よ

紅(あか)い雲行く 夕日の草原 たどる心やさしい 若き旅人よ
ごらんはるかな 空を鳥が行く 遠い故郷に聞く 雲の歌に似て
やがて 深いしじまが 星を 飾るだろう 君の 熱い想い出 胸に うるむ夢をうずめて
時は行くとも 命果てるまで 君よ夢を心に 若き旅人よ んんん んんん・・・


誰か故郷を想わざる
花積む野辺に 陽は落ちて みんなで肩を 組ながら
歌を歌った 帰り道 幼馴染の あの友 この友 あー 誰か故郷を 想わざる

一人の姉が 嫁ぐ夜に 小川の岸で 淋しさに
泣いた涙の 懐かしさ 幼馴染の あの山 この川 誰か故郷を 想わざる

都に雨の 降る夜は 涙に胸も 湿りがち
遠く呼ぶのは 誰の声 幼馴染の あの夢 この夢 誰か故郷を 想わざる


誰もいない
誰もいない 誰もいない 長い 長い 孤独の夜よ
寒い心に ひざ掛けまいて 宛名の無い 手紙を書くの

誰もいない 誰もいない 信じられない 手品のように
レースを編んで 編んではほぐし 針の止まった 時計を見るの

誰もいない 誰もいない 遠い 遠い 想い出だけね
涙を隠す マスクをつけて 終わりのない 本を読むの 本を読むの


誰よりも君を愛す
誰にも言われず たがいに誓った かりそめの恋なら 忘れもしようが
あーあ 夢ではない ただ一筋 誰よりも誰よりも 君を愛す

愛した時から 苦しみが始まる 愛された時から 別れが待っている
あーあ それでもなお 命かけて 誰よりも誰よりも 君を愛す

あなたが なければ 生きては行けない あなたがあるから 明日も生きられる
あーあ 幾歳月 変わることなく 誰よりも誰よりも 君を愛す


ダンスパーティーの夜
赤いドレスが よくにあう 君と初めて 会ったのは
ダンスパーティーの 夜だった 踊りつかれて 二人で
ビルのテラスに 出てみたら 星がきれいな 夜だった

燃える想いを 秘めながら そっと唇 ふれたのも
ダンスパーティーの 夜だった 甘くせつない ブルースよ
何にも言わずに 頬よせて 二人いつまでも 踊ったね

熱い泪を ためながら 君が別れを 告げたのも
ダンスパーティーの 夜だった はかない夢と あきらめて
忘れましょうと 言った君 星がつめたい 夜だった


小さなスナック
僕が初めて 君を見たのは 白いとびらの 小さなスナック
一人ぼっちの うしろ姿の 君のうなじが やけに細くて いじらしかったよ

僕がその次 君を見たのも バラにうもれた いつものスナック
ギターつまびく 君の指さき ちょっぴりふるえて つぶやくようで かわいかったよ

僕が初めて 君と話した 赤いレンガの 小さなスナック
見つめる僕に ただうつむいて なにもこたえず はずかしそうで 抱きしめたかったよ

今日も一人で 待っているんだ 君に会えない さびしいスナック
キャンドルライトに 面影ゆれる どこへ行ったの かわいい君よ 忘れられない
どこへ行ったの かわいい君よ 忘れられない

 
千曲川
水の流れに 花びらを そっと浮かべて 泣いたひと
忘れな草に かえらぬ初恋こいを 想い出させる 信濃の旅路たび

明日(あす)はいずこか 浮き雲に 煙りたなびく 浅間山
呼べどはるかに 都は遠く 秋の風立つ すすきの径(みち)よ

一人たどれば 草笛(くさぶえ)の 音(ね)いろ 哀(かな)しき千曲川
よせるさざ波 くれゆく岸に 里の灯(ひ)ともる 信濃の旅路たび


チャンチキおけさ
月がわびしい 露地裏の 屋台の酒の ほろ苦さ
知らぬ同志が 小皿叩いて チャンチキおけさ おけさ切なや やるせなや

一人残した あのむすめ 達者でいてか お袋は
すまぬすまぬと 詫びて今夜も チャンチキおけさ おけさおけさで 身をせめる

故郷(くに)を出る時 持って来た 大きな夢を さかずきに
そっと浮かべて もらすため息 チャンチキおけさ おけさ涙で くもる月


津軽海峡冬景色   阿久 悠 作詞   三木たかし 作曲
上野発の夜行列車 降りたときから 青森駅は 雪の中
北へ帰る人の群は 誰も無口で 海鳴りだけを きいている
私もひとり 連絡船に乗り こごえそうな鴎(かもめ)見つめ 泣いていました 
ああ 津軽海峡 冬景色

ごらんあれが竜飛岬(たっぴみさき) 北のはずれと 見知らぬ人が 指をさす
息でくもる窓のガラス ふいてみたけど はるかにかすみ 見えるだけ
さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに 
ああ 津軽海峡 冬景色

さよならあなた 私は帰ります 風の音が胸をゆする 泣けとばかりに
ああ 津軽海峡 冬景色


疲れたわけじゃないわ
疲れたわけじゃないわ 忘れたわけじゃない
これ以上出来ることは 何にもないの
みんなあげたわ あなたにだけは 裸になれた 私の心
背いたのはあなたね 傷ついたのはわたし
一人で散った行くわ 花びらみたい

疲れたわけじゃないわ 忘れたわけじゃない
これ以上出来ることは 何にもないの
せめて最後の さよならだけは 嘘で作った 想い出に言うの
あなたのせいじゃないわ 私は大丈夫
泣けるだけ泣いてみるわ 振り向かないで


津軽平野
津軽平野に 雪降る頃はよ おどう一人で 出稼ぎ支度
春にゃ必ず おどうは帰る 土産一杯 ぶら下げてよ
淋しくなるけど なれたや おどう

十三港は西風強くて 夢もしばれる 吹雪の夜更け
降るな 降るなよ 津軽の雪よ 春が今年も 遅くなるよ
ストーブ列車よ あいたや おどう

山の雪解け 花咲くころはよ 母ちゃん やけによ そわそわするね
いつもじょんがら 大きな声で おどう唄って 汽車から降りる
お岩木山よ 見えたか おどう


月がとっても青いから
月がとっても 青いから 遠廻りして 帰ろ あのすずかけの 並木路(じ)は
想い出の 小径よ 腕を優しく 組み合って 二人っきりで さあ帰ろう

月の雫に 濡れながら 遠廻りして 帰ろ ふとゆきずりに 知り合った
想い出の この径 夢をいとしく 抱きしめて 二人っきりで さあ帰ろう

月もあんなに うるむから 遠廻りして 帰ろ もう今日かぎり 逢えぬとも
想い出は 捨てずに 君と誓った 並木みち 二人っきりで さあ帰ろう


月の沙漠   加藤まさを 作詞   佐々木すぐる 作曲
月の沙漠を はるばると 旅のらくだが 行きました 
金と銀との くらおいて 二つならんで 行きました

金のくらには 銀のかめ 銀のくらには 金のかめ
二つのかめは それぞれに ひもでむすんで ありました

先のくらには 王子さま あとのくらには お姫さま
乗った二人は おそろいの 白い上衣を 着てました

広い沙漠を ひとすじに 二人はどこへ 行くのでしょう
おぼろにけぶる 月の夜を 対(つい)のらくだは とぼとぼと
沙丘を越えて 行きました だまって越えて 行きました


月の法善寺横丁
庖丁一本 晒(さらし)にまいて 旅へ出るのも 板場の修業
待ってて こいさん 哀しいだろうが
ああ 若い二人の 思い出にじむ 法善寺 月も未練な 十三夜

【台詞】
「こいさんが私(わて)を初めて法善寺へ 連れて来てくれはったのは『藤よ志』に
奉公に上がった晩やった。早う立派な 板場はんになりいやあ言うて、
長いこと水掛不動さんにお願いしてれはりました なァ。
あの晩から私(わて)は、私はこいさんが好きになりました。

腕をみがいて 浪花に戻りゃ 晴れて添われる 仲ではないか
お願い こいさん 泣かずにおくれ
ああ いまの私(わて)には 親方はんにすまないが 味の暖簾にゃ 刃がたたぬ

【台詞】
「死ぬ程苦しかった私らの恋も、  親方はんは許してくれはった。
あとはみっちり包丁の修業を積んで  一人前の料理人になる事や。
な、こいさん、待っててや。ええな、こいさん」

意地と恋とを 庖丁にかけて 両手あわせる 水掛不動
さいなら こいさん  しばしの別れ
ああ 夫婦善哉 思い出横丁法善寺 名残りつきない 燈がうるむ


つぐない
窓に西日が あたる部屋は いつもあなたの 匂いがするわ
一人暮らせば 思い出すから 壁の傷も 残したまま 置いてゆくわ
愛を償(つぐな)えば 別れになるけど こんな女でも 忘れないでね
優し過ぎたのあなた 子供みたいなあなた 明日は他人同士に なるけれど

心残りは あなたのこと 少し煙草も 控えめにして
過去に縛られ 暮らす事より 私よりも 可愛い人 探すことよ
愛を償(つぐな)えば 重荷になるから この町を離れ 暮らしてみるわ
お酒飲むのも一人 夢を見るのもひとり 明日は他人同士に なるけれど

愛を償(つぐな)えば 別れになるけど こんな女でも 忘れないでね
優し過ぎたのあなた 子供みたいなあなた 明日は他人同士に なるけれど


妻恋道中
好いた女房に 三下り半を 投げて長脇差(ながどす) 永の旅
怨むまいぞえ 俺等のことは またの浮世で 逢うまでは

惚れていながら 惚れない素振り それがやくざの 恋とやら
二度と添うまい 街道がらす 阿呆阿呆で 旅ぐらし

泣いてなるかと 心に誓や 誓う矢先に またほろり
馬鹿を承知の 俺等の胸を 何故に泣かすか 今朝の風


つめ      作詞作曲:平岡精二
二人暮らした アパートを 一人一人で 出てゆくの
済んだことなの 今はもう とてもきれいな 夢なのよ
あなたでなくて できはしない 素敵な夢を 持つことよ
もう よしなさい わるい癖 爪を噛むのは 良くないわ

若かったのね お互いに あの頃のこと 嘘みたい
もう しばらくは この道も 歩きたくない なんとなく
私のことは 大丈夫よ そんな顔して どうしたの
直しなさいね わるい癖 爪を噛むのは 良くないわ  爪を噛むのは 良くないわ


出船
今宵出船か お名残り惜しや 暗い波間に 雪が散る
船は見えねど 別れの小唄に 沖じゃ千鳥も 泣くぞいな

今鳴る汽笛は 出船の合図 無事で着いたら 便りをくりゃれ
暗い淋しい 灯影の下で 涙ながらに 読もうもの


天国に結ぶ恋
【男】 今宵名残りの 三日月も 消えて淋しき 相模灘
涙にうるむ 漁火(いさりび)に この世の恋の はかなさよ

【男】 あなたを他所に 嫁がせて なんで生きよう 生きらりょう
僕も行きます 母様(かあさま)の お傍へあなたの 手を取って

【女】 ふたりの恋は 清かった 神様だけが 御存知よ
死んで楽しい 天国で あなたの妻に なりますわ

【男・女】 いまぞ楽しく 眠りゆく 五月(さつき)青葉の 坂田山
愛の二人に ささやくは やさしき波の 子守唄


東京アンナ
ライトの虹を 踏みながら 銀座の夜を ひらく薔薇
ああ 誰(たれ)か呼ぶ 舞姫の その名はアンナ 東京アンナ 噂のアンナ

柔(やわら)な肌を 黒髪に 隠せど甘き 流し瞳(め)よ
ああ 誰ゆえに 情熱の その名はアンナ 東京アンナ 妖しきアンナ

重ねる酒の 激しさは  堪(こら)えた恋の しわざやら
ああ 誰が知ろ くずれ咲く その名はアンナ 東京アンナ 吐息のアンナ


東京音頭
ハア 踊り踊るなら チョイト 東京音頭ヨイヨイ 花の都の 花の都の真ん中で
サテ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ

ハア 花は上野よ チョイト 柳は銀座ヨイヨイ 月の隅田の 月の隅田の屋形船
サテ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ

ハア 幼なじみの チョイト 観音様はヨイヨイ 屋根の月さえ 屋根の月さえ懐かしや
サテ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ

ハア 西に富士ヶ嶺 チョイト 東に筑波ヨイヨイ 音頭とる子は 音頭とる子は真ん中で
サテ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ

ハア 寄せて返して チョイト 返して寄せるヨイヨイ 東京繁昌の 東京繁昌の人の波
サテ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ ヤートナソレ ヨイヨイヨイ


東京午前三時
真っ紅なドレスが よく似合う あの娘(こ)想うて むせぶのか
ナイト・クラブの 青い灯に 甘くやさしい サキソフォン
ああ 東京の 夜の名残りの 午前三時よ

可愛い顔して 街角の 白い夜霧に 濡れながら
待っていそうな 気もするが あの娘気ままな 流れ星
ああ 東京の 恋の名残りの 午前三時よ

おもかげまぶたに 裏路(うらみち)へ 出れば冷たい アスファルト
似た娘乗せゆく キャデラック テイル・ランプが ただ赤い
ああ 東京の 夜の名残りの 午前三時よ


東京だよおっかさん
久しぶりに 手を引いて 親子で歩ける うれしさに
小さい頃が 浮かんできますよ おっ母さん
ここが ここが二重橋 記念の写真をとりましょうね

やさしかった 兄さんが 田舎の話を 聞きたいと
桜の下で さぞかし待つだろ おっ母さん
あれが あれが九段坂 逢ったら泣くでしょ 兄さんも

さあさ着いた 着きました 達者で長生き するように
お参りしましょよ 観音様です おっ母さん
ここが ここが浅草よ お祭りみたいに にぎやかね


東京の花売り娘   佐々詩生 作詞   上原げんと 作曲
青い芽をふく 柳の辻に 花を召しませ 召しませ花を
どこか淋しい 愁いをふくむ 瞳いじらし あのえくぼ あゝ東京の 花売り娘

夢を見るよに 花かご抱いて 花を召しませ 召しませ花を
小首かしげりゃ 広重(ひろしげ)えがく 月もあらたな 春の宵 あゝ東京の 花売り娘

ジャズが流れる ホールの灯(ほ)かげ 花を召しませ 召しませ花を
粋なジャンパーの アメリカ兵の 影を追うよな 甘い風 あゝ東京の 花売り娘


東京ナイトクラブ
M  なぜ泣くの 睫毛がぬれてる
W  好きになったの もっと抱いて
M  泣かずに踊ろよ もう夜もおそい
W  わたしが好きだと 好きだといって
M  フロアは青く 仄暗い
W  とても素敵な
M W 東京ナイト・クラブ

W  もう わたし 欲しくはないのね
M  とても可愛い 逢いたかった
W  男は気まぐれ そのときだけね
M  うるさい男と いわれたくない
W  どなたの好み このタイは
M  やくのはおよしよ
M W東京ナイト・クラブ

M  泣くのに弱いぜ そろそろ帰ろう
W  そんなのいやよ ラストまで
W  踊っていたいの
M W東京ナイト・クラブ


東京のバスガール
若い希望も 恋もある ビルの街から 山の手へ
紺の制服 身に着けて 私は東京の バスガール
「発車 オーライ」 明るく明るく 走るのよ

昨日心に とめた方 今日はきれいな 人つれて
夢ははかなく 破れても くじけちゃいけない バスガール
「発車 オーライ」 明るく明るく 走るのよ

酔ったお客の 意地悪さ  いやな言葉で どなられて
ホロリ落とした ひとしずく  それでも東京の バスガール
「発車 オーライ」  明るく明るく 走るのよ


東京の人
並木の雨の トレモロを テラスの椅子で ききながら 銀座むすめよ なに思う
洩らす吐息に うるむ青い灯 しのび泣く 恋に泣く 東京の人

夜霧の日比谷 ゆく人も 隅田の流れ 見る人も 恋に身を灼く シルエット
君は新宿 僕は浅草 しのび泣く 恋に泣く 東京の人

都のすがた 店々は 変われどつきぬ 恋の唄 月の渋谷よ 池袋
花は今日咲き 明日もかおるよ しのび泣く 恋に泣く 東京の人


東京ラプソディー
花咲き花散る宵も 銀座の柳の下で
待つは君ひとり 君ひとり 逢えば行くティールーム
楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京

現(うつつ)に夢見る君の 神田は想い出の街
いまもこの胸に この胸に ニコライの鐘も鳴る
楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京

明けても暮れても歌う ジャズの浅草行けば
恋の踊り子の 踊り子の ほくろさえ忘られぬ
楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京

夜更けにひととき寄せて なまめく新宿駅の
あの娘はダンサーか ダンサーか 気にかかるあの指輪
楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京

楽し都 恋の都 夢のパラダイスよ 花の東京


遠くへ行きたい
知らない町を 歩いてみたい どこか遠くへ 行きたい
知らない海を 眺めていたい どこか遠くへ 行きたい

遠い街 遠い海 夢はるか 一人旅
愛する人と 巡り合いたい どこか遠くへ 行きたい

愛し合い 信じ合い いつの日か 幸せを
愛する人と 巡り合いたい どこか遠くへ 行きたい


時の流れに身をまかせ
もしもあなたと 会えずにいたら 私は何を してたでしょうか
平凡だけど 誰かを愛し 普通の暮らし してたでしょうか
時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ
一度の人生それさえ 捨てることも構わない
だからお願い そばにおいてね 今はあなたしか 愛せない

もしもあなたに 嫌われたなら 明日という日 なくしてしまうわ
約束なんか いらないけれど 思い出だけじゃ 生きて行けない
時の流れに身をまかせ あなたの胸に寄り添い
きれいに なれたそれだけで 命さえもいらないわ
だからお願い そばにおいてね 今はあなたしか 見えないの

時の流れに身をまかせ あなたの色に染められ
一度の人生それさえ 捨てることも構わない
だからお願い そばにおいてね 今はあなたしか 愛せない


長崎の鐘   サトウハチロー 作詞   古関裕而 作曲
こよなく晴れた 青空を 悲しと思う せつなさよ
うねりの波の 人の世に はかなく生きる 野の花よ
なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の 鐘が鳴る

召されて妻は 天国へ 別れてひとり 旅立ちぬ
かたみに残る ロザリオの 鎖に白き わが涙
なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の 鐘が鳴る

こころの罪を うちあけて 更(ふ)け行く夜の 月すみぬ
貧しき家の 柱にも 気高く白き マリア様
なぐさめ はげまし 長崎の ああ 長崎の 鐘が鳴る


長崎の人
恋の涙か ソテツの花が 風にこぼれる 石畳
噂にすがり ただ一人 訪ねあぐんだ 港町
ああ 長崎の 長崎の人  ああ 長崎の 長崎の人

海を見下ろす 外人墓地で 君と別れた 霧の夜
サファイア色の まなざしが 燃える心に まだ残る
ああ 長崎の 長崎の人

夢をまさぐる オランダ坂に しのび泣くような 夜が来る
忘れることが 幸せと 遠く囁く 鐘の音
ああ 長崎の 長崎の人 ああ 長崎の 長崎の人


長崎の夜はむらさき
雨に湿った 讃美歌の 歌が流れる うらかみ川よ
忘れたいのに 忘れたいのに 思い出させることばかり
あー 長崎 長崎の 夜はむらさき

誰かあなたを 見たという 噂話が 泣かせる波止場
想い焦がれて 想い焦がれて 待てばやせます ひがみます
あー 長崎 長崎の 夜はなみだ

霧にうるんだ 眼鏡橋 そっと覗けば あなたが見える
そんな気がして そんな気がして 一人渡れば 胸痛む
あー 長崎 長崎の 夜はむらさき


泣かないで
さよならと さよならと 街の灯りが ひとつづつ
消えて行く 消えて行く 消えて行く
その手を早く 離しておくれ 涙を早く 拭いとくれ
明日の晩も 会えるじゃないか

さよならと さよならと むせび泣くよな クラクション
すきなのさ すきなのさ すきなのさ
忘れるものか 二人の誓い 車を早く ひろおうよ
明日の晩も 会えるじゃないか

さよならと さよならと 霧が流れる ビルの陰
泣かないで 泣かないで 泣かないで
我がまま云わず 帰っておくれ 今夜はこれで さようなら
明日の晩も 会えるじゃないか


長良川艶歌
水にきらめく かがり火は 誰に想いを 燃やすやら
あなた あなたやさしい 旅の人 逢(お)うたひと夜の 情けを乗せて
こころまかせの 鵜飼い舟

好きと言われた 嬉しさに 酔うて私は 燃えたのよ
あなた あなたすがって みたい人 肌を寄せても 明日は分かれ
窓に夜明けの 風が泣く

添えぬさだめと 知りながら いまは他人じゃ ない二人
あなた あなた私を 泣かす人 枕淋しや 鵜飼いの宿は
朝が白々 長良川


啼くな小鳩よ
啼くな小鳩よ 心の妻よ なまじ啼かれりゃ 未練がからむ
たとえ別りょうと 互いの胸に 抱いていようよ 面影を

旅ははるばる 涯ないとても 呼べば届くよ 夜毎の夢に
思い出したら 祈ろじゃないか つきぬえにしを 身の幸を

さらば小鳩よ 心の妻よ 瞳曇るな また逢う日まで
帽子振り振り 後ふり向けば 暁(あけ)の野風が ただ寒い


夏の日の想い出
奇麗な月が 海を照らし たたずむ影は 砂に浮かび
あなたの熱い 口づけが 冷たい頬に よみがえるの
夏の想い出 恋しくて ただ一人だけで 来てみたのよ
冬の浜辺は 淋しくて 寄せる波だけが 騒いでた

夜に渚に 鳴く鳥が 私の影を かすめてゆく
遥か彼方の ともしびが 私の胸を ゆするのよ
夏の想い出 恋しくて ただ一人だけで 来てみたのよ
冬の浜辺は 淋しくて 寄せる波だけが 騒いでた


何も言わないで
今は何も 言わないで 黙って そばにいて
この小さな幸せを 抱きしめたい
じっとやさしく あなたの目が 何か言いたそうに 
わたしを見てるの それだけで とてもうれしい

わかってるの 言わないで 黙って 目をとじて
ふたりだけのこの時を 大切にしたい
愛してるって 言うことは 感じるものなのね
あなたの肩に もたれてると じんとするの

おねがいなの 言わないで 黙って そばにいて
何かとても切なくて 一人じゃ嫌よ
愛を知って 心もろく やさし言葉にも
涙がでちゃうの それだから 何も言わないで


何も言わないで
ただ何気なく かわす言葉にも あのころの愛が ふとよみがえる
わけもわからず 別れた二人 優しくしないで 他人でいたい
不思議なものね いとしい人よ 会いたくなかった
どうしてこの町に あなたがいるの 逃げてしまいたい 何も言わないで

ふと見つめあう あの頃のように でも違う 今は ただ辛いだけ
無邪気に笑い 言葉をつづる あなたは何を 思っているの
不思議なものね いとしい人よ 会いたくなかった
どうしてこの町に あなたがいるの 心が崩れそう 何も言わないで

無邪気に笑い 言葉をつづる あなたは何を 思っているの
不思議なものね いとしい人よ 会いたくなかった
どうしてこの町に あなたがいるの 心が崩れそう 何も言わないで


浪花恋しぐれ
芸のためなら 女房も泣かす それがどうした 文句があるか
雨の横丁 法善寺 浪花しぐれか 寄席ばやし
今日も呼んでる 今日も呼んでる ど阿呆 春団治

側に私が ついてなければ 何もできない この人やから
泣きはしません 辛くとも いつか中座の 華になる
惚れた男の 惚れた男の でっかい夢がある

凍りつくよな 浮世の裏で 耐えて花咲く 夫婦花
これがおいらの 恋女房 あなた私の 生きがいと
笑う二人に 笑う二人に 浪花の 春が来る


涙が枯れてしまうまで
どんな 悲しみも いずれ色あせて 何気ない思い出に 変わってゆくものね
だから 今だけは 涙を流したい あの人の思い出が 色あせる その前に
愛するあなたの 最後の言葉が 今 私の心を 引き裂いているわ

いくら 尽くしても 実らぬ 恋もある 咲く前に 色あせて 散りゆく花もある
だから 今だけは 涙を流したい 傷ついたこの胸の 痛みを噛みしめて
私の暦の 季節が移り変われば 二度とはこんなに 泣いたりしないわ

だから 今だけは 涙が枯れてしまうまで 痛みに任せて 私は泣きたい


なみだ恋
夜の新宿 裏通り 肩を寄せ合う 通り雨
誰を恨んで 濡れるのか 逢えばせつない 別れがつらい しのび逢う恋 なみだ恋

夜の新宿 こぼれ花 一緒に暮らす 幸せを
一度は夢に みたけれど 冷たい風が 二人を責める しのび逢う恋 なみだ恋

夜の新宿 裏通り 夜咲く花が 雨に散る
悲しい運命(さだめ)を 占う二人 なぜか今夜は 帰したくない しのび逢う恋 なみだ恋

なみだの操
あなたのために 守り通した女の操(みさお) 今さら他人(ひと)に ささげられないわ
あなたの決してお邪魔は しないから おそばに置いてほしいのよ
お別れするより死にたいわ 女だから

あなたの匂い 肌に沁(し)みつく女の操 すてられたあと 暮らして 行(ゆ)けない
私(わたし)に悪いところが あるのなら 教えてきっと直すから
恨みはしませんこの恋を 女だから

あなたにだけは 分かるはずなの女の操 汚(よご)れを知らぬ 乙女に なれたら
誰にも心変わりは あるけれど あなたを疑いたくない
泣かずに待ちますいつまでも 女だから


なみだの宿
思い出の 思い出の 湯の町灯(あか)り   
女ゆえ 女ゆえ 涙に濡れて
さよならを さよならを 告げたあの夜

汽車が来る 汽車が来る 別れを連れて   
海沿いの 海沿いの さびれた宿に
泣き虫の 泣き虫の 影が崩れる

いやだよと いやだよと 泣いてた あの娘(こ)   
いやだって いやだって 行かなきゃならぬ
湯の町に 湯の町に 咲いた 恋花(こいばな)

(逢いたくなかった・・・  だって もう 芸者だもん・・・)

矢絣(やがすり)の 矢絣の 似合う細い子   
お前には お前には 母の田舎で
針仕事 針仕事 させておきたい


なみだ船
涙の〜〜〜ォ 終わりのひと滴
ゴムのかっぱに しみとおる どうせおいらは ヤン衆かもめ
泣くな怨むな 北海の 海に芽を吹く 恋の花

クルクル〜〜〜ゥ 帆綱を巻きあげて
暁(あけ)の千島を 忍び立ち あてにゃすまいぞ ヤン衆かもめ
舵であやつる 舟のよに 女心は ままならぬ

惚れたら〜〜〜ァ 遠慮はできまいに
いやというなら ぜひもない 夢をみるなよ ヤン衆かもめ
にしん枕に 北海の 月に哀しや なみだ船


南国土佐を後にして
南国土佐を 後にして 都へ来てから 幾歳(いくとせ)ぞ
思い出します 故郷(こきょう)の友が 門出に歌った よさこい節を
♪土佐の高知の ハリマヤ橋で   坊さんかんざし 買うをみた

月の浜辺で 焚火を囲み しばしの娯楽の 一時(ひととき)を
わたしも自慢の 声張り上げて 歌うよ土佐の よさこい節を
♪みませ見せましょ 浦戸をあけて  月の名所は 桂浜

国の父さん 室戸の沖で  鯨釣ったと 言う便り
 わたしも負けずに 励んだ後で  歌うよ土佐の よさこい節を
 ♪言うたちいかんちゃ おらんくの池にゃ 潮吹く魚が 泳ぎよる よさこい よさこい


新潟ブルース
想い出の夜は 霧が深かった 今日も霧が降る 萬代橋よ
別れの前に 抱きしめた 小さな肩よ あー あー
新潟は 新潟は 面影の街

幸せの夜を 二人過ごしたね いつか寄り添った 古町通
ほのかに 白い 指先で 涙を拭いた あー あー
想い出の 想い出の 新潟の人

忘れられなくて 一人さまよえば 青い灯が揺れる 新潟駅よ
愛したわけじゃ ないんだと 強がり言えば あー あー
新潟は 新潟は 霧に更け行く


虹色の湖
幸せが住むという 虹色の湖 幸せに会いたくて 旅に出た私(わたし)よ
ふるさとの村にある 歓(よろこ)びも忘れて あてもなく呼びかけた 虹色の湖

さよならがいえないで うつむいたあの人 ふるさとの星くずも 濡れていたあの夜
それなのにただひとり ふりむきもしないで あてもなく呼びかけた 虹色の湖

虹色の湖は まぼろしの湖  ふるさとの思い出を かみしめる私よ
帰るにはおそすぎて あの人も遠くて  泣きながら呼んでいる まぼろしの湖


人形の家
顔も見たくないほど あなたに 嫌われるなんて とても信じられない 愛が消えた今も
埃にまみれた 人形みたい 愛されて 捨てられて 忘れられた 部屋の 片隅
私は あなたに 命を 預けた

あれは かりそめの恋 心の 戯れだなんて なぜか 思いたくない 胸が痛み過ぎて
埃のまみれた 人形みたい 待ちわびて 待ちわびて 泣きぬれる 部屋の 片隅
私は あなたに 命を 預けた  私は あなたに 命を 預けた


ネオン川
誰が名づけた 川なのか 女泣かせの ネオン川
好きで来たのじゃ ないけれど いつか知らずに 流されて
浮いた浮いたの 酒を注ぐ

義理に死んでく 人もある 金に負けてく 人もある
いくら真心 尽しても 信じられずに 諦めた
恋はいくたび あったやら

泥にまみれた 川だって やがて着くだろ 青い海
お伽話の 夢だけど 晴れて素顔に 戻る日を
抱いているのさ あたしでも


野崎小唄
野崎参りは 屋形船でまいろ どこを向いても 菜の花ざかり
粋な日傘にゃ 蝶々もとまる 呼んで見ようか 土手の人

野崎参りは 屋形船でまいろ お染久松 涙の恋に
残る紅梅 久作(きゅうさく)屋敷 今も降らすか 春の雨

野崎参りは 屋形船でまいろ 音にきこえた 観音ござる
お願かけよか うたりょか滝に 滝は白絹 法(のり)の水


浜昼顔
家のない子の する恋は たとえば背戸(せと)の 赤とんぼ
ねぐらさがせば 陽が沈む 泣きたくないか 日ぐれ径 日ぐれ径

たった一度の 恋なのと 泣いてた君は 人の妻
ぼくは空行く ちぎれ雲 ここはさい涯(は)て 北の町 北の町

ひとり旅立つ 思い出に  旅行鞄(かばん)に つめてきた
浜昼顔よ いつまでも 枯れるなぼくの 愛の花  愛の花


波止場だよお父っちぁん
古い錨が 捨てられて ホラ 雨に泣いてる 波止場だよ
年はとっても 盲目(めくら)でも むかし鳴らした マドロスさんにゃ
海は 海は 海は恋しい・・・ねぇお父つぁん

岬まわった あの船の ホラ 遠い汽笛が 聞こえるね
きょうもあたいに 手を引かれ 通う港の 三本マスト
見たい 見たい 見たいだろうよ・・・ねぇお父つぁん

白髪めっきり ふえたけど  ホラ 縞のジャケツは まだ似合う
 せめてあたいが 男なら  親子二代の マドロスなのに
 泣けて 泣けて  泣けてきちゃった・・・ねぇお父つぁん


花と小父さん
ちいさい花に くちづけをしたら ちいさい声で 僕に言ったよ
小父さんあなたは やさしい人ね 私を摘んで おうちにつれてって
私はあなたの おへやのなかで いっしょうけんめい さいて なぐさめてあげるわ
どうせ短い 私の命 小父さんみてて おわるまで

かわいい花を 僕はつんで へやの机に かざっておいた
毎日僕は いそいでうちに かえって花と お話をした
小さいままで かわいいままで  ある朝花は 散っていったよ
約束どおり 僕はみていた 花の命の おわるまで

約束どおり 僕はみていた 花の命の おわるまで


花街の母
人に聞かれりゃ お前のことを 歳の離れた 妹と
作り笑顔で 答える私 こんな苦労に けりつけて
たとえ一間の 部屋で良い 母と娘の 暮らしが欲しい

厚い化粧に 憂いを隠し 酒で涙を ごまかして
三味にせかれて 務める座敷 あれが子持ちの 芸者だと
馬鹿にされても 夢がある それは お前の 花嫁姿

何度死のうと思ったことか だけど 背で泣く 乳飲み子の
声に責められ 十年過ぎた 宵につまとる 女にも
きっといつかは 幸せが 来ると今日まで 信じて生きてきた


春の一夜
つのる思いに 今日もまた 両手合わせて 宮参り
春の一夜に あなたの夢を見ました
春の一夜に あなたの夢を見ました

胸に頬寄せ 春の宵 嬉し恥ずかし 月明かり
泣きもしましょう あなたの腕の中なら
泣きもしましょう あなたの腕の中なら

逢えぬ夜には 春風も 荒れて吹きます 切なさに
眠れぬ夜に あなたの名を呼びました
眠れぬ夜に あなたの名を呼びました


久しぶりだね
久しぶりだね おまえと会うのは あれからどうして いたのかい
別れたころより また一つ 奇麗になったみたいだが
すぐ泣く癖は変わらない 幸せならば それでいい

風のうわさは 聞いていたけれど 思いがけずに」会うなんて
こうして 二人で飲んでると 遠い昔に居るようで
別れたことも 忘れるよ キャラの香りも 同じだね

二度とこうして 会えないだろうが 今なら言えるさ この気持ち
あの時 俺が大人なら 別れはしない 話さない
そいつをいつも 悔やんでる 送らないけど 幸せに


氷雨
飲ませて下さい もう少し 今夜は帰らない 帰りたくない
誰が待つというの あの部屋で そうよ誰もいないわ 今では
唄わないで下さい その歌は 別れたあの人を 思い出すから
飲めばやけに 涙もろくなる こんなあたし 許して下さい

外は冬の雨 まだやまぬ この胸を 濡らすよに
傘がないわけじゃ ないけれど 帰りたくない
もっと酔うほどに飲んで あの人を 忘れたいから

私(あたし)を捨てた あの人を 今更くやんでも 仕方ないけど
未練ごころ消せぬ こんな夜 女ひとり飲む酒 わびしい
酔ってなんかいないわ 泣いてない タバコのけむり目に しみただけなの
私酔えば 家(いえ)に帰ります あなたそんな 心配しないで

外は冬の雨 まだやまぬ この胸を 濡らすよに
傘がないわけじゃ ないけれど 帰りたくない
もっと酔うほどに飲んで あの人を 忘れたいから 忘れたいから


人妻椿
愛しの妻よ 泣くじゃない たとえ別れて 住めばとて
仰ぐみ空に 照る月は 西も東も 同じこと

また来る春が ないじゃない ふまれふまれて こぼれ散る
道の小草の 花でさえ 待てばまた咲く 時があろ

浮世の風よ 吹くじゃない  めぐり逢うまで 帰るまで
吹けば涙の 白露に  濡れて傷つく 紅椿


ひばりのマドロスさん
船のランプを 淋しく濡らし 白い夜霧の 流れる波止場
縞のジャケツの マドロスさんは パイプ喫(ふ)かして
あ〜〜ああ タラップのぼる

さようならよと つぶやくように 咽(むせ)ぶ汽笛は 別れの合図
誰のかたみか マドロスさんの 粋なマフラー
あ〜〜ああ 夜風になびく

泣いちゃいけない 出船の錨 さすが男よ 笑顔で巻いて
港離れる マドロスさんは 切れたテープに
あ〜〜ああ 名残りを惜しむ


二人の大阪
【女】頬寄せ合って あなたと踊る
【男】別れに似合いの 新地のクラブ
【女】泣かない約束 してたのに
【男】おまえの背中が しのび泣く
【女】残り【男】わずかな【女男】この刻(とき)を
【女男】ああ 抱きしめて ふたりの大阪  ラスト・ダンス

【女】忘れはしないわ あなたのことは
【男】瞼(まぶた)をとじれば 昨日(きのう)のようさ
【女】ふたりで歩いた 御堂筋
【男】そぼふる小雨の 淀屋橋
【女】残り【男】わずかな【女男】この夜を
【女男】ああ 思い出に ふたりの大阪  ラスト・ダンス

【女】さよならいわせる 時間をとめて
【男】ごめんよおまえに 幸(しあわ)せやれず
【女】だれにも負けない 愛なのに
【男】夜明けが静かに 幕をひく
【女】残り【男】わずかな【女男】この恋を
【女男】ああ 抱きしめて ふたりの大阪  ラスト・ダンス


二人の世界
君の横顔 素敵だぜ すねた その目が 好きなのさ
もっと お寄りよ 離れずに 踊ろうよ
小さなフロアーの ナイトクラブ 夢の世界さ

僕の 今夜の ネクタイを 妬いているのは おかしいぜ
君はかわいい 僕だけの ものなのさ
ギターが 酔わせる ナイトクラブ 影も寄り添う

逢えば 短い 夜だから 何も言わずに 踊ろうよ
淡い明りがまた一つ 消えて行く
別れが 切ない ナイトクラブ 恋のクラブよ


舟歌
お酒はぬるめの 燗(かん)がいい 肴(さかな)はあぶった イカでいい
女は無口な ひとがいい 灯りはぼんやり ともりゃいい
しみじみ飲めば しみじみと 想い出だけが 行き過ぎる
涙がポロリと こぼれたら 歌い出すのさ 舟唄を

沖のカモメに 深酒させてよ いとしあの娘(こ)とョ 朝寝(あさね)する ダンチョネ

店には飾りが ないがいい 窓から港が 見えりゃいい
はやりの歌など なくていい ときどき霧笛が 鳴ればいい
ほろほろ飲めば ほろほろと 心がすすり 泣いている
あの頃あの娘を おもったら 歌いだすのさ 舟唄を

ぼつぼつ飲めば ぼつぼつと 未練が胸に 舞い戻る
夜更けでさびしく なったなら 歌いだすのさ 舟唄を

ルルル ルルル〜ル ルルル〜ル ル〜〜ルルル ルルルルル〜ルルル


フランチェスカの鐘
ああ あの人と 別れた夜は ただなんとなく めんどうくさくて
さようならバイバイ 言っただけなのに
フランチェスカの 鐘の音が チンカラカンと 鳴り渡りゃ
胸はせつない 涙はこぼれる なぜか知れない この悲しみよ

ああ ふたたびは かえらぬ人か ただひとめだけ 逢いたいのよ
愛しているわ 愛しているのよ
フランチェスカの 鐘の音が チンカラカンと 鳴り渡りゃ
声をかぎりに あなたと呼べど 人はかえらず こだまがかえる

フランチェスカの 鐘の音よ チンカラカンの 鐘の音よ
心も狂う 未練の言葉 せめて一度は つたえておくれ


ブランデーグラス
これでおよしよ そんなに強くないのに 酔えば酔うほど さみしくなってしまう
涙ぐんで そっと時計をかくした 女ごころ いたいほどわかる
指で包んだ 丸いグラスの底にも 残り少ない 夢がゆれている

よせばよかった よせばよかったけれど 恋は知らずに 燃えてしまうものだよ
白い小指 ためらいながらからませ 未練ごころ 打ちあけたおまえ
雨は降る降る 部屋の中にも胸にも いつかきそうな 別れを告げて

こころひとつ 傘はふたつに離れて 逢えば夜は つかの間に過ぎる
雨は降る降る 遠く消え行く背中を いつかきそうな 別れをぬらす


ふりむかないで
泣いているのか 笑っているのか 後姿の 素敵なあなた
ついて行きたい あなたの後を 振り向かないで 東京の人

ポプラ並木に ちらつく雪が あなたの足を いそがせるのか
しばれる道が 気にかかるのか 待ってほしいな 札幌の人

たなばた祭りの 一番町で ふと行き逢って 目と目が合った
浴衣姿の 素敵なあなた 囁きたいな 仙台の人


ブルーシャトー
森と泉に かこまれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトー
あなたがぼくを 待っている 暗くて淋しい ブルーブルーブルーシャトー
きっとあなたは 赤いバラの バラの香りが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう
夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトー
ブルーブルーブルーブルーブルーブルー シャトー

きっとあなたは 赤いバラの バラの香りが 苦しくて 涙をそっと 流すでしょう
夜霧のガウンに 包まれて 静かに眠る ブルーブルーブルーシャトー
ブルーブルーブルーブルーブルーブルー シャトー


ブルーライト横浜
街の明かりが とても綺麗ね ヨコハマ ブルーライトヨコハマ
あなたと二人 しあわせよ

いつものように 愛の言葉を ヨコハマ ブルーライトヨコハマ
わたしにください あなたから

歩いても歩いても 小舟のように わたしは揺れて
揺れてあなたの 腕の中

足音だけが ついて来るのよ ヨコハマ ブルーライトヨコハマ
優しいくちづけ もう一度
 
あなたの好きな タバコのかおり ヨコハマ ブルーライトヨコハマ
二人の世界 いつまでも


ベッドでたばこを吸わないで
ベッドでたばこを吸わないで 私を好きなら 灯を消して
瞳を閉じて 優しい夢を 甘い シャネルの ため息が
今夜もあなたを待っているのよ ベッドでたばこを吸わないでね

ベッドでたばこを吸わないで ゆうべの約束 忘れたの
こっちを向いて 愛の言葉を 髪をほどいた 首筋に
なぜか煙が くすぐったいわ ベッドでたばこを吸わないでね

こっちを向いて 愛の言葉を 髪をほどいた 首筋に
なぜか煙が くすぐったいわ ベッドでたばこを吸わないでね
ベッドでたばこを吸わないでね


抱擁
ほほ寄せあった あなたの匂いが 私の一番 好きな匂いよ
目を閉じて いつまでも 踊っていたい 恋に酔う心
泣きたくなるほど あなたが好きよ

もしもあなたから 別れの言葉を 言われたとしたら 生きて行けない
あなたしか 愛せない 女にいつか なってしまったの
泣きたくなるほど あなたが好きよ

夜よお願いよ さよなら言わせる 朝など呼ばずに じっとしていて
目を閉じて 幸せを いついつまでも 恋に酔う心
泣きたくなるほど あなたが好きよ


北帰行     旅順高等学校寮歌   宇田博 作詞作曲
窓は夜露にぬれて 都すでに遠のく 北へ帰る旅人ひとり 涙流れてやまず
夢は空しく消えて 今日も闇をさすらう 遠き想いはかなき望み 恩愛(おんあい)我を去りぬ
今は黙してゆかん 何をまた語るべき さらば祖国いとしき人よ 明日はいずこの町か


星の流れに
星の流れに 身を占って どこをねぐらの 今日の宿
すさむ 心で 居るのじゃないが 泣けて涙も 枯れ果てた こんな女に 誰がした

たばこふかして 口笛吹いて あてもない夜の さすらいに
人は見かえる わが身は細る 街の 灯影の わびしさよ こんな女に 誰がした

飢えて 今頃 妹はどこに 人目逢いたい お母さん
ルージュ 哀しや 唇かめば 闇の夜風も 啼いて吹く こんな女に 誰がした


星降る街角
星の降る夜は あなたと二人で 踊ろうよ 流れるボサノバ 触れ合う指先 アー恋の夜
いたずら夜風が ほほにキスしても 二人は 何も言わないで 瞳見つめ合う あの街角

月の青い夜は 二人であてなく 歩こうよ そよぐプラタナス 二つの靴音 アー恋の夜
意地悪夜霧が 行く手邪魔しても 二人は 何も言わないで 微笑みを交わす あの街角

風のかおる夜は 朝まで二人で 話そうよ 揺れてるキャンドル 寄り添う肩先 アー恋の夜
やきもち夜露が ほほを濡らしても 二人は 何も言わないで 口づけを交わす あの街角


骨まで愛して
生きてるかぎりは どこまでも 探しつづける 恋ねぐら
傷つきよごれた わたしでも 骨まで 骨まで 骨まで愛して 欲しいのよ

やさしい言葉に まどわされ このひとだけはと 信じてる
女をなぜに 泣かすのよ 骨まで 骨まで 骨まで愛して 欲しいのよ

なんにもいらない 欲しくない あなたがあれば しあわせよ
わたしの願いは ただひとつ 骨まで 骨まで 骨まで愛して 欲しいのよ


真赤な太陽
まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの
渚を走る ふたりの髪に せつなくなびく 甘い潮風よ
はげしい愛に 灼(や)けた素肌は 燃えるこころ恋のときめき 忘れず 残すため
まっかに燃えた 太陽だから 真夏の海は 恋の季節なの

いつかは沈む 太陽だから 涙に濡れた 恋の季節なの
渚に消えた ふたりの恋に 砕ける波が 白く目にしみる
くちづけかわし 永遠(とわ)を誓った 愛の孤独海に流して はげしく 身をまかす
いつかは沈む 太陽だから 涙に濡れた 恋の季節なの
恋の季節なの 恋の季節なの


街のサンドイッチマン
ロイド眼鏡に 燕尾服 泣いたら燕が 笑うだろ
涙出た時ゃ 空を見る
サンドイッチマン サンドイッチマン 俺らは街の お道化者(おどけもの)
呆(とぼ)け笑顔で 今日も行く

嘆きは誰でも 知っている この世は悲哀(ひあい)の 海だもの
泣いちゃいけない 男だよ
サンドイッチマン サンドイッチマン 俺らは街の お道化者
今日もプラカード 抱いてゆく

あかるい舗道に 肩を振り 笑ってゆこうよ 影法師
夢をなくすりゃ それまでよ
サンドイッチマン サンドイッチマン 俺らは街の お道化者
胸にそよ風 抱いてゆく


見上げてごらん夜の星を  永 六輔 作詞  いずみたく 作曲
見上げてごらん 夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを 歌ってる 
見上げてごらん 夜の星を 僕等のように 名もない星が ささやかな幸せを 祈ってる
手をつなごう 僕と 追いかけよう 夢を 二人なら 苦しくなんか ないさ
見上げてごらん 夜の星を 小さな星の 小さな光が ささやかな幸せを 歌ってる 
見上げてごらん 夜の星を 僕等のように 名もない星が ささやかな幸せを 祈ってる


水色のワルツ   藤浦 洸 作詞   高木東六 作曲
君に逢う うれしさの 胸にふかく 水色のハンカチを ひそめる習慣(ならわし)が
いつの間にか 身に沁みたのよ 涙のあとをそっと 隠したいのよ

月影の細路を 歩きながら 水色のハンカチに 包んだ囁きが
いつの間にか 夜霧に濡れて 心の窓を閉じて 忍び泣くのよ


みだれ髪
髪の乱れに 手をやれば 紅いけだしが 風に舞う 憎(にく)や恋しや 塩屋の岬
投げて届かぬ 想いの糸が 胸に絡んで 涙をしぼる

捨てたお方の幸せを 祈る女の性(さが)悲し 辛(つら)や 重たや わが恋ながら
沖の瀬を行く 底曳網の 船に乗せたい この片情け

春は 二重に巻いた帯 三重に巻いても 余る秋
暗や果てなや 塩屋の岬 見えぬ心を照らしておくれ 一人ぼっちに しないでおくれ


乱れ花
額の髪を かきあげながら 鏡に向かえば 泣けてくる
愛する気持ちと同じだけ 憎い気持ちが募ります
乱れて咲いても花は花 いのちに限りはあるけれど
好きだから あなた一人が好きだから せめて心だけでも 置いて行ってね

だめでもいいわ 叶わなくても 望みはしないわ これ以上
私はいいのよ 馬鹿を承知で惚れたから
乱れて咲いても花は花 あなたの気の向くままでいい
好きだから あなた一人が好きだから 泣いてみるは今夜も 涙かれるまで

たばこの煙 目で追いながら ため息ばかりを 繰り返す
冷たい体を 重ねても いつか別れが待っている
乱れて咲いても花は花 私の心が見えますか
好きだから あなた一人が好きだから どうぞ忘れないでね 離れていても


港が見える丘
あなたと二人で 来た丘は 港が見える丘 
色あせた桜 唯一つ 淋しく 咲いていた
船の汽笛 咽び泣けば チラリホラリと 花片(はなびら)
あなたと私に 降りかかる 春の午後でした

あなたと別れたあの夜は 港が暗い夜
青白い灯り 唯一つ 桜を 照らしてた
船の汽笛 消えて行けば チラリチラリと 花片
涙の雫に きらめいた 霧の夜でした

あなたを想うて 来る丘は 港が見える丘
葉桜をソヨロ 訪れる しお風 浜の風
船の汽笛 遠く聞いて ウツラトロリと 見る夢
あなたの口許 あの笑顔 淡い夢でした


港町十三番地
長い旅路の 航海終えて 船が港に 泊まる夜
海の苦労を グラスの酒に みんな忘れる マドロス酒場
ああ港町 十三番地

銀杏並木の 敷石道を 君と歩くも 久し振り
点るネオン さそわれながら 波止場通りを 左にまがりゃ
ああ港町 十三番地

船が着く日に 咲かせた花を  船が出る夜 散らす風
涙こらえて 乾杯すれば  窓で泣いてる 三日月様よ
ああ港町 十三番地


港町 涙町 別れ町
港町 別れ町 未練に けむる町
明日は離れて 行く男 今日を限りに 飲む女
残してゆく 残されてゆく みんなこの町 なみだ町
    
港町 別れ町 涙に ぬれる町
夜霧に消えて 行く男  汽笛のかげに 泣く女
捨てて行く 捨てられて行く それもこの町 なみだ町


娘よ
嫁に行く日が 来なけりゃいいと 男親なら 誰でも思う
早いもんだね 二十歳を過ぎて 今日はお前の 花嫁姿
贈る言葉はないけれど 風邪をひかずに 達者で暮らせ

夕べ娘が 酌してくれた 酒の味さえ 覚えていない
古い写真を 指差しならがら ここが父さん そっくりと
頬のあたりを 撫でながら 涙ぐんでは はしゃいでくれた

笑い話で 済ませるけれど 口じゃ言えない 苦労もあった
嫁に行ったら わがまま言わず かわいい女房と 言われて欲しい
いつも笑顔を 忘れずに ついて行くんだ 信じた人に


無法松の一生
小倉生まれで 玄海育ち 口も荒いが 気も荒い
無法一代 涙を捨てて 度胸千両で 生きる道 男一代 無法松

空に響いた あの音は 叩く太鼓の いさみごま
山車の 竹ザサ 提灯は 赤いあかしに 揺れてゆく
今日は祇園の 夏祭り そろいの 浴衣の 若い衆は
綱を引き出し 音頭とる 玄界灘の風受けて ばちが激しく 右左
小倉名代は 無法松 度胸千両の あばれ打ち

泣くな 嘆くな 男じゃないか どうせ実らぬ 恋じゃもの
愚痴や 未練は 玄界灘に 捨てて 太鼓の 乱れ打ち
夢も通えよ 女男(みょうと) 波


むらさき小唄
流す涙が お芝居ならば 何の苦労も あるまいに
濡れて燕の 泣く声は 哀れ浮名の 女形(おんながた)

好いちゃいけない 好かれちゃならぬ 仇なひとよの 浮気舟
乗せて流れて いつまでか しのび逢うのも 恋じゃない

嘘か真か 偽むらさきか 男心を 誰が知る
散るも散らすも 人の世の 命さびしや 薄ぼたん


明治一代女
浮いた浮いたと 浜町河岸に 浮かれ柳の 恥かしや
人目しのんで 小舟を出せば すねた夜風が 邪魔をする

怨みますまい この世の事は 仕掛け花火に 似た命
もえて散る間に 舞台が変わる まして女は なおさらに

意地も人情も 浮世にゃ勝てぬ みんなはかない 水の泡沫(あわ)
泣いちゃならぬと 言いつつ泣いて 月に崩れる 影法師


夫婦坂
この坂を 超えたなら 幸せが 待っている
そんな言葉を信じて 超えた 七坂 四十路坂
いいのいいのよ あなたと二人
冬の木枯らし 笑顔で耐えりゃ 春の陽も射す 夫婦坂

女なら 花ならば 咲くときも 散る時も
見ててほしいの あなたに さだめ預けて 暮らしたい
いいのいいのよ 一間の部屋で
あなたを待ってる 雪割草も いつか芽を吹く 夫婦坂

流れゆく 人の世の 悲しみに 泣いたなら
枕になってね 抱いてね 肩を貸してね 背負ってね
いいのいいのよ 振り向かないわ
曲がりくねった 坂道だけど ついて行きます 夫婦坂


夫婦春秋
ついて来いとは 言わぬのに だまって後から ついて来た
俺が二十歳で お前が十九 下げた手鍋の その中にゃ
明日の飯さえなかったな おまえ

愚痴も涙も こぼさずに 貧乏おはこと 笑ってた
そんな強気の お前が一度 やっとおいらに 陽がさした
あの日涙を こぼしたな おまえ

九尺 二間が ふりだしで 胸突き八丁の 道ばかり
それが夫婦と 軽くは言ううが 俺とおまえで 苦労した
華は大事に 咲かそうな おまえ


夫婦善哉
浮き草暮らしと あなたが笑う 肩に舞うような 露地しぐれ
なにもなくても 心は錦 ついて行きます 夫婦善哉
あなたの背中が 道しるべ

ひとには見えない おとこの値打ち 惚れた女にゃ 良く見える
寒い夜には あいあい酒で 浮世七坂 夫婦善哉
今日もかわいい 馬鹿になる

ないない尽くしも 才覚ひとつ 辛抱がまんの 花が咲く
旅は道連れ 夫婦は情け 何はあっても 夫婦善哉
笑顔千両で 生きて行く


芽生えてそして
あなたのまつ毛が 振るえて閉じて 涙のしずくが 伝って落ちて
わたしに芽生えた あなたへの愛
芽生えてひ弱な 愛の心を 優しく優しく 育てる月日
やがては私を 抱きしめる愛
その愛が 私を育てた愛が 今は私を 苦しめ 悩ませるの
あなたのまつ毛が 振るえて閉じて 涙のしずくが 伝って落ちて
それが終わりの あなたへの愛

その愛が 私を育てた愛が 今は私を 苦しめ 悩ませるの
あなたのまつ毛が 振るえて閉じて 涙のしずくが 伝って落ちて
それが終わりの あなたへの愛


目ン無い千鳥
目ン無い千鳥の 高島田 見えぬ鏡に いたわしや
曇る今宵の 金屏風 誰のとがやら 罪じゃやら

千々に乱れる 思い出は すぎし月日の 糸車
廻す心の 盃に 紅はさしても 晴れる胸

雨の夜更けに 弾く琴が 白い小指 しみてゆく
花がちるちる 春が逝く 胸の扉が また濡れる

目ン無い千鳥の さみしさは 切れてはかない 琴の糸
青春(はる)の盛りの 若い葉に むせび泣くよな こぬか雨


もう一度許してくれないか
この町のスナックに 務めていたんだね 捜し歩いていたんだよ 俺は三年も
お前を 泣かせた 俺が悪かった もう一度 もう一度 許してくれないか

痩せたよな めっきりと 苦労したんだね だけどお前の優しさは 今も変わらない
二人で暮らした あの日に戻ろうよ もう一度 もう一度 許してくれないか

泣かせない 泣かせない 二度と泣かせない 何も言わずに この俺についてきておくれ
愛しているんだ お前を心から もう一度 もう一度 許してくれないか
愛しているんだ お前を心から もう一度 もう一度 許してくれないか


桃色吐息
咲かせて 咲かせて 桃色吐息 あなたに 抱かれて こぼれる花になる

海の色に染まる ギリシャのワイン 抱かれるたび素肌 夕焼けになる
二人して夜に 漕ぎ出すけれど 誰も愛の国を 見たことがない
淋しいものは あなたの言葉 異国の響きに似て 不思議
金色 銀色 桃色吐息 きれいと言われる 時は短すぎて

明り取りの窓に 月は欠けてく 女たちはそっと 呪文をかける
愛が遠くへと 行かないように きらびやかな夢で 縛り付けたい
さよならよりも 切ないものは あなたの優しさ なぜ 不思議
金色 銀色 桃色吐息 きれいと言われる 時は短すぎて
咲かせて 咲かせて 桃色吐息 あなたに 抱かれて こぼれる花になる


矢切の渡し   石本美由起 作詞   船村 徹 作曲
つれて逃げてよ ついておいでよ 夕ぐれの雨が降る 矢切の渡し
親のこころに そむいてまでも 恋に生きたい ふたりです

見すてないでね 捨てはしないよ 北風が泣いて吹く 矢切の渡し
噂かなしい 柴又すてて 舟にまかせる さだめです

どこへ行くのよ 知らぬ土地だよ 揺れながら艪(ろ)が咽(むせ)ぶ 矢切の渡し
息を殺して 身を寄せながら 明日へ漕ぎだす 別れです


柳ヶ瀬ブルース
雨の降る夜は 心もぬれる まして一人じゃ なお淋し
憎い仕打ちと うらんでみても 戻っちゃこない あの人は
ああ 柳ヶ瀬の 夜に泣いている

二度と逢えない 人なのに なぜか心が 又いたむ
忘れたいのに あの夢を 想い出させる この酒が
ああ 柳ヶ瀬の 夜に泣いている

青い灯影(ほかげ)に つぐ酒は ほろり落とした エメラルド
もだえ身を焼く 火の鳥が 雨に打たれて 夜に泣く
ああ 柳ヶ瀬の 夜に泣いている


夕陽の丘
【男】  夕陽の丘の ふもと行く バスの車掌の 襟ぼくろ
    わかれた人に 生き写し なごりが辛い たびごころ

【女】  かえらぬ人の 面影を 遠い他国で 忘れたさ
    いくつか越えた 北の町 目頭うるむ たびごころ

【男】  真菰の葦は 風にゆれ 落葉くるくる 水に舞う
    この世の秋の あわれさを しみじみ胸に バスは行く

【女】  夕陽の丘を 見上げても 湖(うみ)の畔(ほとり)を 訪ねても
    かいなき命 あるかぎり こころの傷は また疼く

【男女】  人の子ゆえに 恋ゆえに 落ちる夕陽が 瞳(め)にいたい
        さよなら丘の たそがれよ また呼ぶ秋は ないものを


ゆうべの秘密
ゆうべのことは もう聞かないで あなたにあげた わたしの秘密
幸せすぎて 幸せすぎて あなたにすべてを かけたのだから
ゆうべのことは もう聞かないで このままそっと 抱いててほしい

ゆうべのことは もう云わないで 甘えていじわる しただけなのよ
幸せなのに 涙がでるの あなたにすべてを かけたのだから
ゆうべのことは もう云わないで やさしくそっと 見つめてほしい

幸せだから 何だかこわい あなたにすべてを かけたのだから
ゆうべのように もう泣かないわ 今夜もそっと 愛してほしい


有楽町で逢いましょう
あなたを待てば 雨が降る 濡れて来ぬかと 気にかかる
ああ ビルのほとりの ティー・ルーム
雨も愛しや 唄ってる 甘いブルース あなたと私の合言葉
「有楽町で逢いましょう」

心に沁みる 雨の唄 駅のホームも 濡れたろう
ああ 小窓にけむる デパートよ
今日の映画は ロードショウ かわす囁き あなたと私の合言葉
「有楽町で逢いましょう」

悲しい宵は 悲しいよに 燃えるやさしい 街灯り
ああ 命をかけた 恋の花
咲いておくれよ いつまでも いついつ迄も あなたと私の合言葉
「有楽町で逢いましょう」


雪国
好きよあなた 今でもいまでも 暦はもう少しで 今年も終わりですね
逢いたくて恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて少しでも 話を聞いて
追いかけて 追いかけて 追いかけて・・・雪國

窓に落ちる 風と雪は 女ひとりの部屋には 悲しすぎるはあなた
酔いたくて泣きたくて ふるえるくちびる そばに来て少しでも わがまま聞いて
追いかけて 追いかけて 追いかけて・・・雪國

好きな人は いるのあなた バカねバカな女ね 意地をはってた私
逢いたくて夜汽車乗る デッキの窓に とめどなく頬つたう 涙のあとを
追いかけて 追いかけて 追いかけて・・・雪國

逢いたくて恋しくて 泣きたくなる夜 そばにいて少しでも 話を聞いて
追いかけて 追いかけて 追いかけて・・・雪國


ゆきずり
(女性)  酔った調子で抱かれたの 昨日はじめて会った人
馬鹿な女ね この私 寂しい女ね

(男性)  酒の席とは言いながら 会えてよかった 一夜でも
せめて時間の許すまで 語り明かそうよ

(女性)  二度と会えない人なのね きっといい人いるんでしょ
馬鹿な女ねこの私 強く抱きしめて

(男性)  離れたくない いつまでも 嘘じゃないんだ
この気持ち 馬鹿な男さ この俺も 惚れたみたいだぜ

(女性)  良いのよ無理はしなくても あなたとってもいい人ね
せめてさよなら言うまでは 私を愛して

(一緒)  夜明け間近の風は吹く 君の瞳がぬれている
馬鹿な女と男の 夢が消えてゆく 馬鹿な女と男の 夢が消えてゆく


雪椿
優しさと かいしょのなさが 裏と表についている
そんな男に惚れたのだから 私がその分頑張りますと
背なをかがめて 微笑み返す 花は越後の 花は越後の 雪椿

夢に見た 乙女のころの 玉の輿には 遠いけど
まるで苦労を楽しむように 寝顔を誰にも見せないあなた
雪の谷間に 紅さす母の 愛は越後の 愛は越後の 雪椿

辛くても 我慢をすれば きっときますよ 春の日が
命投げ捨て 育ててくれた あなたの口癖 あなたの涙
子供の心に 香りを残す 花は越後の 花は越後の 雪椿


湯島の白梅
湯島通れば 想い出す お蔦主税の 心意気
知るや白梅 玉垣に 残る二人の 影法師

忘れられよか 筒井筒(つついづつ) 岸の柳の 縁むすび
かたい契りを 義理ゆえに 水に流すも 江戸育ち

青い瓦斯燈(がすとう) 境内を 出れば本郷 切通し
あかぬ別れの 中空(なかぞら)に 鐘は墨絵の 上野山


湯の町エレジー
伊豆の山々 月あわく 灯りにむせぶ 湯のけむり
ああ〜 初恋の 君をたずねて 今宵また ギターつまびく 旅の鳥

風の便りに 聞く君は 温泉(いでゆ)の町の 人の妻
ああ〜 相見ても 晴れて語れぬ この思い せめてとどけよ 流し唄

淡い湯の香も 露地裏も 君住む故に なつかしや
ああ〜 忘られぬ 夢を慕いて 散る涙 今宵ギターも 咽びなく


夢芝居
恋のからくり夢芝居 セリフ一つ 忘れもしない
誰の筋書き 花舞台 行く先の影は見えない
男と女 操(あやつ)りつられ 細いきずなの 糸引き引かれ
稽古不足を 幕は待たない 恋はいつでも 初舞台

恋は怪しい夢芝居 たぎる思い 抑えきれない
化粧衣装の花舞台 垣間見る素顔かわいい
男と女 操りつられ 心の鏡 覗き覗かれ
こなしきれない 涙と笑い 恋はいつでも 初舞台

男と女 操りつられ 対の揚羽(あげは)の 誘い誘われ
心ハラハラ 舞う夢芝居 恋はいつでも 初舞台


夢は夜ひらく
雨が降るから 逢えないの 来ないあなたは 野暮な人
ぬれてみたいわ 二人なら 夢は夜ひらく

うぶなお前が 可愛いと 云ったあなたは 憎い人
いっそ散りたい 夜の花  夢は夜ひらく

嘘と知りつつ 愛したの あなたひとりが 命なの
だからひとりに させないで 夢は夜ひらく

嘘と誠の 恋ならば 誠の恋に 生きるのが
切ない女の こころなの 夢は夜ひらく

酔って酔わせた あの夜の グラスに落ちた 水色の
忘れられない あの涙  夢は夜ひらく

恋して愛して 泣きました そんな昔も ありました
思い出しては また涙  夢は夜ひらく


夜あけの歌  岩谷時子 作詞  いずみたく 作曲
夜あけの歌よ 私の心の 昨日の悲しみ 流しておくれ
夜あけの歌よ 私の心に 若い力を 満たしておくれ

夜あけの歌よ 私の心の あふれる思いを 分かっておくれ
夜あけの歌よ 私の心に 大きな望みを 抱かせておくれ

夜あけの歌よ 私の心の 小さな幸せ 守っておくれ
夜あけの歌よ 私の心に 思い出させる 故郷の空


酔いしれて        作詞:音羽たかし  作曲:高寄潤
恋に苦しみ  恋に泣いて  恋に狂った  わたしなのに
恋のせつなさ  恋の甘さが  今夜もわたしを  酔わせるの
忘れられるものなら  こんなに飲みはしない  愛した  わたしが悪い
熱い口づけに  酔いしれながら  いつか眠った  過ぎし夜よ

忘れられるものなら  こんなに飲みはしない  愛した  わたしが悪い
熱い口づけに  酔いしれながら  いつか眠った  過ぎし夜よ


宵待草
待てど暮らせど 来ぬ人を  宵待草の やるせなさ  今宵は月も 出ぬそうな

暮れて河原に 星一つ 宵待草の 花が散る 更けては風も 泣くそうな


夜霧に消えたチャコ
俺の心を 知りながら 何でえ黙って 消えたんだ
チャコ チャコ 酒場に咲いた 花だけど あの子は可憐な 子だったよ

夢の無いのが 淋しいと 霧に濡らした 白い頬
チャコ チャコ 忘れはしない いつまでも あの日の哀しい 哀しい 眼差しを



夜霧の第二国道
つらい恋なら ネオンの海へ 捨てて来たのに 忘れてきたに
バック・ミラーに あの娘の顔が 浮かぶ夜霧の あゝ 第二国道

花の唇 泪(なみだ)の瞳 想い出さすな 帰らぬ夢を
ヘッド・ライトの 光の中に つづくはてない あゝ 第二国道

闇を見つめて ハンドル切れば サイン・ボードの 灯りも暗い
泣かぬつもりの 男の胸を 濡らす夜霧の あゝ 第二国道


夜霧よ今夜もありがとう
しのびあう恋を つつむ夜霧よ 知っているのか ふたりの仲を
晴れて会える その日まで かくしておくれ 夜霧 夜霧
僕らはいつも そっと言うのさ  夜霧よ今夜もありがとう

夜更けの街に うるむ夜霧よ 知っているのか 別れのつらさ
いつか二人で つかむ幸せ 祈っておくれ 夜霧 夜霧
僕らはいつも そっと言うのさ 夜霧よ今夜もありがとう


よこはま たそがれ
よこはま たそがれ ホテルの 小部屋  くちづけ 残り香 煙草のけむり 
ブルース 口笛 女の涙
あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった  もう帰らない

裏町 スナック 酔えない お酒 ゆきずり 嘘つき 気まぐれ男
あてない 恋歌 流しのギター
あの人は 行って行ってしまった あの人は 行って行ってしまった もうよその人

木枯らし 想い出  グレーの コート  あきらめ 水色 つめたい夜明け
海鳴り 燈台 一羽のかもめ
あの人は 行って行ってしまった  あの人は 行って行ってしまった もうおしまいね


横浜ネオン街(まち)
女が一人 たたずむ街角  誰を待つやら ネオンの灯るころ
行き交う人に 目を伏せながら じっと立っている  後姿が 震えてるよな 横浜ネオン街

街のネオンに 誘われて今日も  一人飲んでる 馴染みのスナックで
話し上手な 粋なママさん 口説いてみたいけど  少し気になる 手首の傷が 横浜ネオン街

涙のわけを 解ってほしいと  泣いたあの子も 今では人の妻
一人静かに グラス傾け そっと目を閉じりゃ  別れた人の 面影浮かぶ 横浜ネオン街

このまま君と 夜に包まれて  朝が来るまで 二人で踊ろうか
甘く優しく 流れる調べ 夜に溶けてゆく  濡れた唇 うるんだ瞳 横浜ネオン街


与作
与作は木を切る ヘイヘイホー ヘイヘイホー
こだまが返るよ ヘイヘイホー ヘイヘイホー
女房ははたを織る トントントン トントントン
気立てのいいこだよ トントントン トントントン
与作 与作 もう日が暮れる 与作与作 女房が呼んでいる ホーホー ホー

藁ぶき屋根には ヘイヘイホー ヘイヘイホー
星屑が降るよ ヘイヘイホー ヘイヘイホー
女房は藁をうつ トントントン トントントン
働き者だよ トントントン
与作 与作 もう夜が明ける 与作 与作 小山が呼んでいる ホーホー ホー


よせばいいのに
”いつまでたっても駄目なわたしね”
女に生れて 来たけれど 女の幸せ まだ遠い
せっかくつかんだ 愛なのに 私のほかに いいひといたなんて
どうにもならない愛だとわかっていても お嫁にゆきたい あなたと暮らしたい
馬鹿ね 馬鹿ね よせばいいのに 駄目な駄目な 本当(ほんと)に駄目な
いつまでたっても 駄目なわたしね

悩んでみたって やぼだよと 他人は気軽に 言うけれど
あまりに深い 愛だから 今すぐ忘れるの とっても無理なこと
一緒になれない 人だと感じた時から あきらめきれずに メソメソ泣いている
馬鹿ね 馬鹿ね よせばいいのに 駄目な駄目な 本当に駄目な
いつまでたっても 駄目なわたしね

”いつまでたっても駄目なわたしね” 
女に生れて 来たけれど  女の幸せ いつくるの
やさしく抱かれた その日から あなたの妻に なれると思ったの
あなたと別れて 一人で暮らしてゆくなら このまま死にたい 私は意気地なし
馬鹿ね 馬鹿ね よせばいいのに 駄目な駄目な 本当に駄目な
いつまでたっても 駄目なわたしね


夜空
あの娘 どこにいるのやら 星空のつづく あの町あたりか
細い風の口笛が 恋の傷あとにしみる
あああ あきらめた恋だから なおさら逢いたい逢いたい もう一度 夜は いつもひとりぼっち

あの娘 帰っておいでと 流れ星にのせ そっと呼んでみた
だれも答えはしないよ 白い花が散るばかり
あああ とどかない夢だから なおさら 淋しい淋しい この胸よ 夜空 遠く果てしない


四つのお願い
たとえば私が恋を 恋をするなら 四つのお願い聞いて 聞いてほしいの
一つ やさしく 愛して 二つ わがまま 言わせて
三つ さみしく させないで 四つ 誰にも 秘密にしてね
四つのお願い聞いて 聞いてくれたら あなたに私は夢中 恋をしちゃうわ

それからあなたが恋を 恋をするなら 四つのお願い聞いて 聞いてほしいの
一つ やさしく キスして 二つ こっそり 教えて
三つ あなたの 好きなこと 四つ そのあと わたしにしてね
四つのお願い聞いて 聞いてくれたら あなたに私は夢中 恋をしちゃうわ

一つ やさしく いつでも 二つ ふたりは しあわせ
三つ いつしか 結ばれて 四つ あなたと わたしは一つ
四つのお願い聞いて 聞いてくれたら あなたに私は夢中 恋をしちゃうわ


夜の銀ぎつね   作詞:水沢圭吾  作曲:中川博之
淋しくないかい  うわべの恋は  心を隠して  踊っていても
ソーログリス デラノーチェ 信じているのさ
ソーログリス デラノーチェ 愛しているのさ
欲しくはないかい  女としての  静かな幸せ  欲しくはないかい

泣きたくないかい  一人の部屋の  明かりをまさぐる  夜更けの時間
ソーログリス デラノーチェ ドレスが泣いてる
ソーログリス デラノーチェ くちびるむなしい
小さなマンション  お前のために  探しておいたよ  二人で住みたい

ソーログリス デラノーチェ 信じておくれよ
ソーログリス デラノーチェ 愛しているのさ
きれいな服も  素敵だけれど  似合うと思うよ  エプロン姿


夜の銀座に雨が降る
雨の降る日には 心が揺れる あなた無しでは 生きては行けぬ
すがりつくよな その目には 熱い涙があふれてた
女がすすり泣くように 夜の銀座に雨が降る

あなたこの頃 つれないそぶり 信じさせてよ 私にだけは
銀座にネオン灯るころ 一人女が立ち止まる
女がしのび泣くように 夜の銀座に雨が降る

電話かけてもあなたは出ない 他の誰かを愛したあなた
銀座の夜に雨が降る 女心に雨が降る
行きかく人は急ぎ足 夜の銀座に雨が降る


夜のめぐり逢い
かわいい 横顔 やつれたお前 別れて 今日まで 探したあなた
離すものかと 抱きしめて 熱い涙を 拭いてやる
夜の 東京 二人の めぐり逢い

さみしい 目をして 飲んでたあなた 枯葉の ように 座ったお前
細いさだめの この糸は 誰が結んでくれたのか
夜の 東京 二人の めぐり逢い

こんなに こんなに 愛しいお前 優しさ 強さは 変わらぬあなた
薄いコートで 包みあう 肩の先にも 幸せが
夜の 東京 二人の めぐり逢い


喜びも悲しみも幾歳月   木下忠司 作詞/作曲
俺ら岬の 灯台守は 妻と二人で 沖行く船の 
無事を祈って 灯をかざす 灯をかざす

冬が来たぞと 海鳥なけば 北は雪国 吹雪の夜の 
沖に霧笛が 呼びかける 呼びかける

離れ小島に 南の風が 吹けば春来る 花の香便り 
遠いふるさと 思い出す 思い出す

星を数えて 波の音きいて 共に過ごした 幾歳月の 
喜び悲しみ 目に浮かぶ 目に浮かぶ


ラブ・イズ・オーヴァー   伊藤 薫 作詞/作曲
Love is over 悲しいけれど 終わりにしよう きりがないから
Love is over わけなどないよ ただひとつだけ あなたのため
Love is over 若いあやまちと 笑って言える 時が来るから
Love is over 泣くな男だろう 私のことは 早く忘れて
わたしはあんたを 忘れはしない 誰に抱かれても 忘れはしない 
きっと 最後の 恋だと 思うから 

ve is over あたしはあんたの お守りでいい そっと心に
Love is over 最後にひとつ 自分をだましちゃ いけないよ
お酒なんかで ごまかさないで 本当の自分を じっと見つめて
きっと あんたに お似合いの 人がいる
Love is over 悲しいよ 早く出てって ふりむかないで
Love is over uh....... 元気でいてね Love is over oh.........


ラブ・ユー東京   上原尚作 作詞   中川博之 作曲
七色の虹が 消えてしまったの シャボン玉のような あたしの涙
あなただけが いきがいなの 忘れられない ラブユー ラブユー 涙の東京

いつまでもあたし めそめそしないわ シャボン玉のような 明るい涙
明日からは あなたなしで 生きてゆくのね ラブユー ラブユー 涙の東京

幸せの星を きっとみつけるの シャボン玉のような 夢見る涙
お馬鹿さんね あなただけを 信じたあたし ラブユー ラブユー 涙の東京 涙の東京


リンゴ追分
リンゴの花びらが 風に散ったよな 月夜に 月夜に
そっと エーーーー 津軽娘は泣いたとさ 辛い別れに泣いたとさ
リンゴの花びらが 風に散ったよな アーーー


リンゴの歌   サトウハチロー 作詞   万城目 正 作曲
赤いリンゴに 口びるよせて だまってみている 青い空
リンゴはなんにも いわないけれど リンゴの気持ちは よくわかる
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ 

あの娘よい子だ 気立のよい娘 リンゴに良く似た 可愛いい娘
どなたがいったか うれしいうわさ かるいクシャミも とんで出る
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ

朝のあいさつ 夕べの別れ いとしいリンゴに ささやけば
言葉は出さずに 小くびをまげて あすも又ねと 夢見がお
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ 

歌いましょうか リンゴの歌を 二人で歌えば なおたのし
皆なで歌えば なおなおうれし リンゴの気持ちを 伝えよか
リンゴ可愛いや 可愛いやリンゴ


りんご村から
おぼえているかい 故郷の村を 便りも途絶えて 幾年過ぎた
都へ積出す 真赤なリンゴ 見る度 辛いよ 俺らのナ 俺らの胸が

おぼえているかい 別れたあの夜 泣き泣き走った 小雨のホーム
上りの夜汽車の にじんだ汽笛 切なく 揺するよ 俺らのナ 俺らの胸を

おぼえているかい 子供の頃に 二人で遊んだ あの山小川
昔とちっとも 変わっちゃいない 帰って おくれよ 俺らのナ 俺らの胸に


流転
男命を みすじの糸に かけて三七 二十一目(さいのめ)くずれ
浮世かるたの 浮世かるたの 浮き沈み

どうせ一度は あの世とやらへ 落ちて流れて 行く身じゃないか
鳴くな夜明の 鳴くな夜明の 渡り鳥

意地は男よ 情は女 ままになるなら 男をすてて
俺も生きたや 俺も生きたや  恋のため


若いふたり
君には君の 夢があり 僕には僕の 夢がある
二人の 夢を 寄せ合えば そよ風甘い 春の丘 若い若い 若いふたりの 事だもの

君には君の 歌があり 僕には僕の 歌がある
二人の歌を 覚えたら 楽しく晴れる 青い空 若い若い 若いふたりの 事だもの

君には君の 道があり 僕には僕の 道がある
二人の道は 遠いけど 昨日も今日も はずむ足 若い若い 若いふたりの 事だもの


若者たち  藤田敏雄 作詞  佐藤 勝 作曲
君の行く道は 果てしなく遠い だのになぜ 歯をくいしばり
君は行くのか そんなにしてまで

君のあの人は 今はもういない だのになぜ なにを探して
君は行くのか あてもないのに 

君の行く道は 希望へと続く 空にまた 陽がのぼるとき 
若者はまた 歩きはじめる 
空にまた 陽がのぼるとき 若者はまた 歩きはじめる


別れの一本杉
泣けた 泣けた こらえきれずに 泣けたっけ あの娘と別れた 悲しさに
山のかけすも 泣いていた  一本杉の 石の地蔵さんのよ 村はずれ 
 
遠い 遠い 想い出しても 遠い空  必ず東京へ ついたなら
便りおくれと 言った娘(ひと)  りんごのような  赤い頬っぺたのよ あの泪

呼んで 呼んで  そっと月夜にゃ 呼んでみた 嫁にもゆかずに この俺の
帰りひたすら 待っている  あの娘はいくつ  とうに二十はよ 過ぎたろに


別れのブルース
窓を開ければ 港が見える メリケン波止場の灯が見える
夜風 汐風 恋風のせて  今日の出船は どこへ行く
むせぶ心よ はかない恋よ  踊るブルースの 切なさよ

腕にいかりの いれずみほって やくざに強い マドロスの
お国言葉は 違っていても  恋には弱い すすり泣き
二度と逢えない 心と心  踊るブルースの 切なさよ


別れの夜明け
【男】おまえは死ぬほど つくしてくれた
【女】あなたは誰より 愛してくれた
【男】過去を許して ささやかな 明日を見つけた 恋なのに
【男女】なんで なんで なんで世間は 切り離す

【女】あなたに男の 強さを知った
【男】おまえに女の いとしさ知った
【女】熱い両手に ささえられ  生きるたしかな 歓びを
【男女】肌で 肌で 肌で感じて  きたものを

【男】お前も最後の グラスを乾した
【女】あなたも切ない 吐息をついた
【男】愛は燃えても 運命(さだめ)には しょせん勝てない 哀しさよ
【男女】なみだ なみだ なみだ分けあう  夜明け前


別れの予感
泣き出して しまいそう 痛いほど 好きだから
どこへも 行かないで 息を止めて側に居て
体から この心 取り出して くれるなら あなたに 見せたいの この胸の 想いを
教えて 悲しくなるその訳 あなたに触れていても 信じること それだけ だから
海よりも まだ深く 空よりも まだ青く
あなたを これ以上 愛するなんて 私には できない

もう少し きれいなら 心配は しないけど
私の ことだけを 見つめていて欲しいから
悲しさと 引き換えに この命 できるなら 私の 人生に あなたしか いらない
教えて 生きることの全てを あなたの言うがままに ついてくこと それだけ だから
海よりも まだ深く 空よりも まだ青く
あなたを これ以上 愛するなんて 私には できない
あなたを これ以上 愛するなんて 私には できない


理由(わけ)
あの人と 別れたわけは何でもないの 夜明けに帰ってきた彼の
背広についてた口紅が 許せなかった だけのこと
麻雀してたと 言い訳も 投げ出すように 冷たくて
熱いコーヒー 淹れながら もうおしまいねと 泣きました

あの人と 別れたわけは何でもないの 夜中にかかってきた電話
あの人だしてと 親しげな 若い女の 笑い声
誰よとせめても 応えない たばこ輪にする 横顔に
男心を 見たようで もうこれきりねと 泣きました

あの人と 別れたわけは何でもないの お休みぐらいは うちに居て
二人でゆっくりしましょうと 甘い約束 した後で
仕事があるよと 新しい ネクタイ締めて 行く背中
ドアにもたれて 見送って もう今日限りねと 泣きました


忘れないわ   山上路夫 作詞   三木たかし 作曲
忘れないわ あなたを 別れたあとも 胸に生きるわ
もしもふたたび 恋をしても あなたに似てる ひとでしょう
忘れないわ I'll never forget you 愛したひとよ 忘れないわ

忘れないわ いつまでも 初めての恋 心に抱くわ
たとえひとときの 喜びでも 愛してくれた あなただから
忘れないわ I'll never forget you 愛した人よ 忘れないわ   忘れないわ


忘れな草をあなたに   木下竜太郎 作詞   江口浩司 作曲
別れても 別れても 心の奥に いつまでも いつまでも 憶えておいて ほしいから
幸せ祈る 言葉に換えて 忘れな草を あなたに あなたに

いつの世も いつの世も 別れる人と 逢う人の 逢う人の 運命は常に あるものを
ただ泣きぬれて 浜辺に摘んだ 忘れな草を あなたに あなたに

よろこびの よろこびの 涙にくれて 抱(いだ)き合う 抱き合う その日がいつか 来るように
二人の愛の 想い出にそえて 忘れな草を あなたに あなたに


わたしの城下町
格子戸を くぐりぬけ 見あげる 夕焼の空に 誰が歌うのか 子守唄 わたしの城下町
好きだとも いえずに 歩く川のほとり 行きかう人に なぜか目をふせながら 心は燃えてゆく

家並(いえなみ)が とぎれたら お寺の鐘がきこえる 四季の草花が咲き乱れ わたしの城下町
橋のたもとにともる 灯(あかり)のように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ きまずく別れたの
橋のたもとにともる 灯(あかり)のように ゆらゆらゆれる 初恋のもどかしさ きまずく別れたの


私は街の子
私は街の子 巷の子 窓に灯りが ともる頃 いつもの道を 歩きます
赤い小粒の 芥子の花 あの街角で ひらきます
 
私は街の子 巷の子 なんで灯りが 恋しやら いつもの歌を 歌います
柳落葉が ひらひらと 赤いリボンに つもります
 
私は街の子 巷の子 ついた灯りが また消えりゃ いつもの人に 出逢います
今は恋しい 母様に うしろ姿も そっくりな


ワンレイニーナイトイン東京
小雨降る夜は なぜか淋しくて しんみりあなたと お話したいの
なんにもいわずに 別れたあの夜 つれない方と うらんでますのよ
ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー やるせない雨よ

小窓うつ音は 雨のささやきか しみじみあなたを 想い出してるの
あなたがいるなら なんにもいらない せめてもう一度 いわせてアイラブユー
ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー やるせない雨よ



唱歌・フォークソング          (ページトップに戻る)

あおげば尊し   作詞・作曲者 不詳
あおげば尊し 我が師の恩 教えの庭にも はや幾年(いくとせ)
思えばいととし この年月 今こそ別れめ いざさらば

互いに睦(むつ)みし 日頃の恩 別るる後にも やよ忘るな
身を立て名をあげ やよ励めよ 今こそ別れめ いざさらば

朝夕(あさゆう)なれにし 学びの窓 蛍のともしび つむ白雪
忘るるまぞなき ゆく年月 今こそ別れめ いざさらば


赤い靴    野口雨情 作詞   本居長世 作曲
赤い靴 はいてた 女の子 異人さんに つれられて いっちゃった
横浜の はとばから 船に乗って 異人さんに つれられて いっちゃった
今では 青い目に なっちゃって 異人さんの お国に いるんだろ
赤い靴 見るたび かんがえる 異人さんに 会うたび かんがえる


赤い花・白い花   中林ミエ 作詞/作曲
赤い花摘んで あの人にあげよ あの人の髪に この花さしてあげよ
赤い花赤い花 あの人の髪に 咲いて揺れるだろう お日さまのように

白い花摘んで あの人にあげよ あの人の胸に この花さしてあげよ
白い花白い花 あの人の胸に 咲いて揺れるだろう お月さんのように

赤い花揺れる あの娘の髪に やさしい人の 微笑みに揺れる
白い花揺れる あの人の胸に いとしい人の 口づけに揺れる 口づけに揺れる


赤とんぼ   三木露風 作詞   山田耕筰 作曲
夕焼け 小焼けの 赤とんぼ おわれて見たのは いつの日か
山の畑の 桑の実を 小籠(こかご)に 摘(つ)んだは まぼろしか
十五でねえやは 嫁に行き お里のたよりも 絶えはてた
夕焼け 小焼けの 赤とんぼ とまっているよ 竿の先


亜麻色の髪の乙女   橋本 淳 作詞   すぎやまこういち 作曲
亜麻色の 長い髪を 風が優しくつつむ 乙女は胸に 白い花束を
羽根のように 丘をくだり やさしい彼のもとへ 明るい歌声は 恋をしてるから

色のほほえみ 青い空 幸せな二人は よりそう
亜麻色の 長い髪を 風がやさしくつつむ 乙女は羽根のように 丘をくだる 彼のもとへ

ばら色のほほえみ 青い空 幸せな二人はよりそう
亜麻色の長い髪を 風がやさしくつつむ 乙女は羽根のように 丘をくだる 彼のもとへ
彼のもとへ・・・・・


アジアの純真
北京ベルリン ダブリンリベリア 束になって 輪になって
イランアフガン 聞かせてバラライカ
美人アリラン ガムランラザニア マウスだってキーになって
気分イレブンアクセスためそうか
開けドア 今はもう 流れ出たら アジア     
白のパンダを どれでも全部並べて
ピュアなハートが 夜空ではじけ飛びそうに 輝いている 火花のように

火山マゼラン 上海マラリア 夜になって熱が出て
たぶん香港 またたく熱帯夜
開けドア 涙流れ出ても あふれ出ても アジア    
地図の黄河に 星座を全部浮かべて
ピュアなハートが 誰かに巡り合えそうに 流されてゆく 未来の方へ

白のパンダを どれでも全部並べて
ピュアなハートが 世界を飾り付けそうに輝いている 愛する限り
瞬いている 今アクセスラブ


明日があるさ  青島幸男 作詞  中村八大 作曲
いつもの駅でいつも逢う  セーラー服のお下げ髪  もうくる頃 もうくる頃  
今日も待ちぼうけ  明日がある 明日がある  明日があるさ

ぬれてるあの娘コウモリへ  さそってあげよと待っている  声かけよう 声かけよう  
だまって見てる僕  明日がある 明日がある  明日があるさ

今日こそはと待ちうけて  うしろ姿をつけて行く  あの角まで あの角まで  
今日はもうヤメタ  明日がある 明日がある  明日があるさ

思いきってダイヤルを  ふるえる指で回したよ  ベルがなるよ ベルがなるよ
出るまで待てぬ僕  明日がある 明日がある  明日があるさ

はじめて行った喫茶店  たった一言好きですと  ここまで出て ここまで出て
とうとう言えぬ僕  明日がある 明日がある  明日があるさ

明日があるさ明日がある  若い僕らにゃ夢がある  いつかきっと いつかきっと
わかってくれるだろ  明日がある 明日がある  明日があるさ
明日がある 明日がある  明日があ る さ


あなたが夜明けをつげる子供たち
見上げてごらん あの山を 山に続く 深い空を
あなたの生命より 偉大なものは 何もないんだ この地上には
あなたが夜明けを つげる子どもたち 素足で大地を かけぬける子どもたち

見上げてごらん あの山を 山に続く 深い空を
あなたが未来に 生きる子どもなら みんなで一緒に 歩いて行きなさい
あなたが夜明けを つげる子どもたち 素足で大地を かけぬける子どもたち

見上げてごらん あの山を 山に続く 深い空を
たとえ悲しい 今日があっても 生きるって素晴らしい 明日(あした)があるかぎり
あなたが夜明けを つげる子どもたち 素足で大地を かけぬける子どもたち
あなたが夜明けを つげる子どもたち 素足で大地を かけぬける子どもたち


あの素晴らしい愛をもう一度   北山 修 作詞  加藤和彦 作曲
命かけてと ちかった日から すてきな 思い出 残してきたのに
あのとき 同じ花を見て 美しいと いった二人の 心と心が 今は もう通わない
あの 素晴らしい 愛をもう一度   あの 素晴らしい 愛をもう一度

赤トンボの唄を うたった空は なんにも 変わって いないけれど
あの時 ずっと夕焼けを 追いかけて いった二人の 心と心が 今は もう通わない
あの 素晴らしい 愛をもう一度   あの 素晴らしい愛 をもう一度

広い荒野に ぽつんといるよで 涙が 知らずに あふれてくるのさ
あの時 風が流れても 変わらないと 言った二人の 心と心が 今は もう通わない
あの 素晴らしい 愛をもう一度   あの 素晴らしい 愛をもう一度


ある日突然  山上路夫 作詞  村井邦彦 作曲
ある日突然 二人だまるの あんなにおしゃべり していたけれど
いつか そんな 時が来ると 私にはわかっていたの

ある日じっと 見つめ合うのよ 二人はたがいの 瞳の奥を
そこに 何が あるか急に 知りたくて おたがいを 見る

ある日そっと 近寄る二人 二人をへだてた 壁をこえるの
そして 二人 すぐに 知るの さがしてた愛があるのよ

ある日突然 愛し合うのよ ただの友だちが その時かわる
いつか 知らず 胸の 中で 育ってた二人の 愛


いい日旅立ち    作詞作曲:谷村新司
雪解け 間近の 北の空に 向かい  過ぎ去りし日々の夢を 叫ぶ時
帰らぬ 人たち 熱い胸を過(よ)ぎる  せめて今日から一人きり 旅に出る
ああ 日本のどこかに  私を待ってる 人が居る
いい日旅立ち 夕焼けを探しに  母の背中で聞いた 歌を 道連れに

岬の外れに 少年は 魚釣り  青いススキの小道を 帰るのか
私は今から 想い出を作るため  砂に枯れ木で 書くつもり さようならと
ああ 日本のどこかに  私を待ってる 人が居る
いい日旅立ち 羊雲を探しに  父が教えてくれた 歌を 道連れに

ああ 日本のどこかに  私を待ってる 人が居る
いい日旅立ち 幸せを探しに  子供の頃に歌った 歌を 道連れに


いちご白書をもう一度  荒井由実 作詞/作曲
いつか 君と行った 映画が また来る 授業を 抜け出して 二人出かけた
悲しい 場面では 涙ぐんでた 素直な 横顔が 今も 恋しい
雨に破れかけた 街角のポスターに 過ぎ去った昔が 鮮やかによみがえる
君も 見るだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリ どこかでもう一度

僕は ぶしょう髭と 髪を のばして 学生集会へも 時々出かけた
就職が決まって 髪を切ってきた時 もう若くないさと 君に言い訳したね
君も 見るだろうか 「いちご白書」を 二人だけのメモリ どこかでもう一度


五木の子もり唄   熊本県地方子もり歌
おどま 盆ぎり盆ぎり 盆から先ゃ おらんど 盆が早よ来りゃ 早よ戻る
おどま 勧進(かんじん)勧進 あん人達ゃ 良か衆 良か衆良か帯 良か着物
おどんが 打っ死んだば 道端 いけろ 通る人ごち 花あぎゆ
花はなんの花 つんつん椿 水は天から もらい水
あすは山越え どこまで行こか 鳴くは裏山 蝉ばかり


いつまでもいつまでも   佐々木 勉 作詞/作曲
そよ風が僕にくれた 可愛いこの恋を いつまでも いつまでも 離したくない いつまでも
花の様な君の口もと 優しく微笑んで 僕を見つめてくれた 忘れられない いつまでも

夏の日の虹の様に 澄んだ君の瞳 いつまでも いつまでも 想いつづける いつまでも 
湖に君と遊んだ 二人だけの想い出 君も好きだと言った 忘れられない あの言葉

木枯らしが僕の可愛い あの娘を連れていった いつまでもいつまでも 後ろ姿をいつまでも
冷たい君の頬に 優しく口づけした あふれる僕の涙 つきることなく いつまでも


いとしのエリー  桑田佳祐 作詞/作曲
泣かしたこともある 冷たくしてもなお 寄り添う気持ちがあればいいのさ
俺にしてみりゃこれで最後の Lady Ellie My Love So Sweet

二人がもしも醒めて 目を見りゃつれなくて 人に言えず思い出だけがつのれば
言葉につまるようじゃ恋は終わりね Ellie My Love So Sweet
笑ってもっと BABY 無邪気に On My Mind 映ってもっと BABY 素敵に In Your Sight
誘い涙の陽が落ちる Ellie My Love So Sweet   Ellie My Love So Sweet

あなたがもしもどこかの遠くへ行き失せても 今までしてくれたことを忘れずにいたいよ
もどかしさもあなたにゃ程よくいいね Ellie My Love So Sweet

笑ってもっと BABY 無邪気に On My Mind 映ってもっと BABY 素敵に In Your Sight
みぞれまじりの心なら Ellie My Love So Sweet   Ellie My Love So Sweet

笑ってもっと BABY 無邪気に On My Mind 映ってもっと BABY 素敵に In Your Sight
泣かせ文句のその後じゃ Ellie My Love So Sweet   Ellie My Love So Sweet
Ellie  My Love   Ellie


ウォン ビー ロング
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ   レッツゲツオン
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ   レッツゲッツオン
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ

足りない頭なら 知恵を盗みゃいい 帳尻合わすなら 嘘も必要さ
ウォン ビー ロング  ウォン ビー ロング もうすぐさ 届くまで
ウォン ビー ロング ウォン ビー ロング お前の ために 全て
いつの間にか 覚えた スモーキン デイ もう 忘れはしない 愛が トリップしても
ウォン ビー ロング ウォン ビー ロング もうすぐさ 届くまで
ウォン ビー ロング ウォン ビー ロング お前の ために 全て

オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ   レッツゲッツオン
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ
恥もかいてきた たどり着くために でも そばに お前がいる 何も 怖くない
いつの間にか 見つけた サン シャイン デイ もう 忘れはしない 心が クラッシュしても
ウォン ビー ロング  ウォン ビー ロング もうすぐさ 笑えるのは
ウォン ビー ロング ウォン ビー ロング お前の ために 全て

オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ   レッツゲッツオン
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ
ウォン ビー ロング  ウォン ビー ロング もうすぐさ 届くまで
ウォン ビー ロング ウォン ビー ロング お前の ために 全て
ウォン ビー ロング  ウォン ビー ロング もうすぐさ 笑えるのは
ウォン ビー ロング ウォン ビー ロング お前の ために 全て
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー
ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ   レッツゲッツオン
オリオリオリオー ヤリヤリヤリアー ジアップタウン トウキョウ スラミン ナイトゥ   F.O


おぼろ月夜
菜の花畠に 入り日薄れ 見わたす山の端(は)、霞(かすみ)ふかし
春風そよふく 空を見れば 夕月かかりて におい淡(あわ)し

里わの火影(ほかげ)も 森の色も 田中の小路(こみち)を たどる人も
蛙(かわず)のなくねも かねの音も さながら霞(かす)める 朧(おぼろ)月夜


おお牧場はみどり
おお牧場は緑 草の海風が吹く おお牧場は緑 良く茂ったものだ ホイ
雪が解けて 川となって 山を下り 谷を走る
野を横切り 畑うるおし 呼びかけるよ 私に ホイ

おお聞け歌の声 若人等が歌うのか おお聞け歌の声 晴れた空のもと ホイ
雪が解けて 川となって 山を下り 谷を走る
野を横切り 畑うるおし 呼びかけるよ 私に ホイ

おお仕事は愉快 山のように積み上げろ おお仕事は愉快 みな冬の為だ ホイ
雪が解けて 川となって 山を下り 谷を走る
野を横切り 畑うるおし 呼びかけるよ 私に ホイ


贈る言葉
暮れなずむ町の 光と影の中 去りゆくあなたへ 贈る言葉
悲しみこらえて 微笑むよりも 涙かれるまで 泣くほうがいい
人は悲しみが 多いほど 人には優しく できるのだから
さよならだけでは さびしすぎるから 愛するあなたへ 贈る言葉

夕暮れの風に 途切れたけれど 終わりまで聞いて 贈る言葉
信じられぬと 嘆くよりも 人を信じて 傷つくほうがいい
求めないで 優しさなんか 臆病者の 言いわけだから
はじめて愛した あなたのために 飾りもつけずに 贈る言葉

これから始まる 暮らしの中で 誰かがあなたを 愛するでしょう
だけど私ほど あなたのことを 深く愛した ヤツはいない
遠ざかる影が 人混みに消えた もう届かない 贈る言葉       
もう届かない 贈る言葉


想い出の赤いヤッケ  高石友也 作詞/採譜
いつの日にか 君にあえると きっときっと信じてた けどもう やめたやめた
白い雲と 青い空と 赤いヤッケと あの娘と
今のゲレンデは 想い出だけ 君のかげさえも 今はもう 見えず

いついつまでも ぼくの胸に きっときっと想い出す けどもう あえぬ (繰り返し)


想い出の渚   鳥塚繁樹 作詞   加瀬邦彦 作曲
君を見つけた この渚に 一人たたずみ 想い出す
小麦色した 可愛い頬 忘れはしない いつまでも

水面走る 白い船 長い黒髪 風になびかせ
波に向かって 叫んでみても もう帰らない あの夏の日

長いまつげの 大きな瞳が 僕を見つめて うるんでた

このまま二人で 空の果てまで 飛んで行きたい 夜だった
波に向かって 叫んでみても もう帰らない あの夏の日 あの夏の日 あの夏の日


おもちゃのチャチャチャ
おもちゃのチャチャチャ おもちゃのチャチャチャ チャチャチャおもちゃの チャチャチャ
空にキラキラ お星さま みんなスヤスヤ 眠るころ
おもちゃは 箱を 飛び出して 踊る おもちゃの チャ チャ チャ  
おもちゃのチャチャチャ おもちゃのチャチャチャ チャチャチャおもちゃの チャチャチャ

鉛の兵隊 トテチテタ ラッパ鳴らして 今晩は
フランス人形 すてきでしょう 花のドレスで チャ チャ チャ  
おもちゃのチャチャチャ おもちゃのチャチャチャ チャチャチャおもちゃの チャチャチャ

とんぼみたいな ヘリコプター ぐんと速いな ジェット機は
サイレンなれば 発車です 宇宙ロケット チャ チャ チャ  
おもちゃのチャチャチャ おもちゃのチャチャチャ チャチャチャおもちゃの チャチャチャ

今日はおもちゃの お祭りだ みんな楽しく 歌いましょう
仔羊メエメエ 子猫はニャー 子豚ブースカ チャ チャ チャ  
おもちゃのチャチャチャ おもちゃのチャチャチャ チャチャチャおもちゃの チャチャチャ

空にさよなら お星さま 窓に お日さま こんにちは
おもちゃは 帰る おもちゃ箱 そして 眠るよ チャ チャ チャ  
おもちゃのチャチャチャ おもちゃのチャチャチャ チャチャチャおもちゃの チャチャチャ


およげ!たいやきくん  高田ひろお 作詞  佐瀬寿一 作曲
毎日 毎日 僕らは 鉄板の 上で焼かれて いやになっちゃうよ
ある朝 僕は 店のおじさんと 喧嘩して 海に 逃げ込んだのさ

初めて 泳いだ 海の底 とっても 気持ちが いいもんだ
お腹の アンコが 重いけど 海は 広いぜ 心が弾む
桃色サンゴが 手を振って 僕の 泳ぎを 眺めていたよ

毎日 毎日 楽しいことばかり 難破船が 僕の 住み家さ
時々 サメに いじめられるけど そんなときゃ そうさ 逃げるのさ

一日 泳げば ハラペコさ 目玉も クルクル 回っちゃう
たまには エビでも 喰わなけりゃ 潮水 ばかりじゃ ふやけてしまう
岩場の 影から 喰いつけば それは 小さな 釣り針だった

どんなに どんなに もがいても ハリが 喉から 取れないよ
浜辺で 見知らぬ おじさんが 僕を つり上げ びっくりしてた

やっぱり 僕は タイヤキさ すこし 焦げある タイヤキさ
おじさん 唾を 飲み込んで 僕を うまそに 食べたのさ


折り鶴
生きていてよかった それを感じたくて 広島のまちから 私は歩いてきた
苦しみをことばに 悲しみをいかりに きずついたからだで ここまで歩いてきた
この耳をふさいでも 聞こえる声がある この心閉ざしても  あふれる愛がある
はばたけ折り鶴 私からあなたへ はばたけ折り鶴 あなたから世界へ

生きていてよかった それをみつけたくて 長崎のまちから 私は歩いてきた
この胸のいたみを 歌声にたくして 焼けあとの下から ここまで歩いてきた
この耳をふさいでも 聞こえる声がある この心閉ざしても  あふれる愛がある
はばたけ折り鶴 私からあなたへ はばたけ折り鶴 あなたから世界へ


母さんの歌  窪田 聡 作詞/作曲
かあさんが 夜なべをして 手袋あんでくれた 木枯らし吹いちゃ 冷たかろうて
せっせとあんだだよ ふるさとの便りはとどく いろりのにおいがした

かあさんは 麻糸つむぐ 一日つむぐ おとうは土間で わら打ち仕事 
お前もがんばれよ ふるさとの冬はさみしい せめてラジオ聞かせたい

かあさんの あかぎれ痛い 生みそをすりこむ 根雪もとけりゃ もうすぐ春だで
畑が待ってるよ 小川のせせらぎが聞こえる なつかしさがしみとおる


案山子(かかし)   歌:さだまさし   詞:さだまさし   曲:さだまさし
元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか 寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る
城跡から見下せば  蒼(あお)く細い河 橋のたもとに造り酒屋の レンガ煙突
この町を綿菓子に 染め抜いた雪が  消えれば お前がここを出てから  初めての春
手紙が無理なら  電話でもいい 「金頼む」の一言でもいい
お前の笑顔を 待ちわびる おふくろに 聴かせてやってくれ

元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか 寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る
山の麓  煙吐いて列車が走る 凩(こがらし)が雑木林を 転げ落ちて来る
銀色の毛布つけた 田圃にぽつり 置き去られて 雪をかぶった 案山子がひとり
お前も都会の 雪景色の中で 丁度あの案山子の様に
寂しい思い してはいないか 体をこわしてはいないか

手紙が無理なら  電話でもいい 「金頼む」の一言でもいい
お前の笑顔を 待ちわびる おふくろに 聴かせてやってくれ
元気でいるか 街には慣れたか 友達出来たか 寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る
寂しかないか お金はあるか 今度いつ帰る


かごの鳥
かごの鳥でも 翼があれば 飛んでゆきたい 青い空
それも叶わぬ この世ゆえ ああ 泣くに泣けない かごの鳥

君が十九の 厄年ならば 僕は二十歳の まだ蕾(つぼみ)
花の咲く日を 待ちながら ああ 心は燃える かごの鳥

たった一度の 人生ならば 恋に生きたい この恋に
それも叶わぬ この世ゆえ ああ 死ぬに死ねない かごの鳥


川はよんでる    
そよ吹く風に  小鳥の群れは  川の流れに  囁きかける
ごらんよ  あの空  幸せの陽が  あなたの上にも  微笑えんでいる

野ばらのかげに  小鳥は憩い  森の泉も  静かに眠る
ごらんよ  あの川  囁く声が  私の胸にも  呼びかけている


神田川  喜多条忠 作詞  南こうせつ 作曲
あなたはもう 忘れたかしら 赤い手拭い マフラーにして
二人で行った 横丁の風呂屋 一緒に出ようねって言ったのに
いつも私が 待たされた 洗い髪が 芯まで冷えて
小さな石鹸 カタカタ鳴った あなたは私の 体を抱いて 冷たいねって 言ったのよ
若かったあの頃 何も恐くなかった ただあなたのやさしさが 恐かった

あなたはもう 捨てたのかしら 二十四色の クレパス買って
あなたが描いた 私の似顔絵 うまく描いてねって 言ったのに
いつもちっとも 似てないの 窓の下には 神田川
三畳一間の 小さな下宿 あなたは私の 指先見つめ 悲しいかいって 訊いたのよ
若かったあの頃 何も恐くなかった ただあなたのやさしさが 恐かった


乾杯  長渕 剛 作詞/作曲
かたいきずなに 想いをよせて 語り尽くせぬ 青春の日々
時には傷つき 時には喜び 肩をたたき合った あの日
あれからどれくらい たったのだろう 沈む夕日を いくつかぞえたろう
ふるさとの友は 今でも君の 心の中に いますか
乾杯 今君は人生の 大きな大きな 舞台に立ち
はるか長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ

キャンドルライトの 中の二人を 今こうして 目を細めてる
大きな喜びと 少しの淋しさを 涙の言葉で 唄いたい
明日の光を 身体に浴びて 振り返らずに そのまま行けばよい
風に吹かれても 雨に打たれても 信じた愛に 背を向けるな
乾杯 今君は人生の 大きな大きな 舞台に立ち
はるか長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ

乾杯 今君は人生の 大きな大きな 舞台に立ち
はるか長い道のりを 歩き始めた 君に幸せあれ 


切手のないおくりもの  財津和夫 作詞/作曲
私から あなたへ この歌を とどけLよう 
広い世界に たった一人の わたしの 好きな あなたへ

年老いた あなたへ この歌を とどけよう
心やさしく 育ててくれた お礼がわりに この歌を

夢のない あなたへ この歌を とどけよう
愛することの 喜びを知る 魔法じかけの この歌を

知りあえた あなたに この歌を とどけよう
今後 よろしくお願いします 名刺がわりに この歌を

別れゆく あなたに この歌を とどけよう 
淋しい時に 歌ってほしい 遠い空から この歌を


今日の日はさようなら  金子詔一 作詞/作曲
いつまでも 絶えることなく 友だちでいよう 明日の日を 夢見て 希望の道を

空を飛ぶ 鳥のように 自由に生きる 今日の日は さようなら また会う日まで

信じあう よろこびを 大切にしよう 今日の日はさようなら また会う日まで また会う日まで


教訓   作詞作曲:加川良
命はひとつ  人生は一回  だから命を  捨てないようにね
あわてるとつい  ふらふらと お国の為などと  言われるとね
青くなって  しり込みなさい 逃げなさい  隠れなさい

お国は 俺たち  死んだとて ずっと後まで  残りますよね
失礼しましたで  終わるだけ 命のスペアは  ありませんよ
青くなって  しり込みなさい 逃げなさい  隠れなさい

命を捨てて  男になれと 言われた時には  震えましょうよね
そうよ  あたしゃ  女で結構 女の腐ったので  構いませんよ
青くなって  しり込みなさい 逃げなさい  隠れなさい

死んで  神様と  言われるよりも 生きて  馬鹿だと  言われましょうよね
奇麗ごと  並べられた時も この命  捨てないようにね
青くなって  しり込みなさい 逃げなさい  隠れなさい
青くなって  しり込みなさい 逃げなさい  隠れなさい
青くなって  しり込みなさい 逃げなさい  隠れなさい


靴が鳴る   清水かつら作詞・弘田龍太郎作曲
お手(てて) つないで 野道を 行(ゆ)けば みんな 可愛(かわ)い 小鳥になって
歌を うたえば 靴(くつ)が 鳴(な)る  晴れたみ空に 靴が鳴る

花を つんでは お頭(つむ)に させば みんな 可愛(かわ)い うさぎになって
はねて 踊(おど)れば 靴が鳴る 晴れた み空に 靴が鳴る


クラリネットをこわしちゃった   石井好子訳詞・フランス民謡
ぼくの大すきな クラリネット パパからもらった クラリネット
とっても大事に してたのに こわれて出ない 音がある
どうしよう(オー) どうしよう(オー) オ パキャマラド パキャマラド パオパオ パンパンパン
オ パキャマラド パキャマラド パオパオパ

ドとレとミの音が出ない ドとレとミの音が出ない
とっても大事に してたのに こわれて出ない 音がある
どうしよう(コラ) どうしよう(コラ) オ パキャマラド パキャマラド パオパオ パンパンパン
オ パキャマラド パキャマラド パオパオパ

ドとレとミとファとソと ラとシの音が出ない ドとレとミとファとソと ラとシの音が出ない
パパも大事に してたのに 見つけられたら おこられる
どうしよう(オー) どうしよう(オー) オ パキャマラド パキャマラド パオパオ パンパンパン
オ パキャマラド パキャマラド パオパオパ オパ


黒の舟唄  野坂昭如 作詞  桜井 順 作曲
男と女の あいだには ふかくて暗い 河がある 
誰も渡れぬ 河なれど エンヤコラ今夜も 舟を出す
※ROW & ROW  ROW & ROW ふりかえるな ROW ROW

おまえが十七 おれ十九 忘れもしない この河に
ふたりの星の ひとかけら ながして泣いた 夜もある  (※を繰り返す)

あれからいくとせ 漕ぎつづけ 大波小波 ゆれゆられ
極楽見えた こともある 地獄が見えた こともある  (※を繰り返す)

たとえば男は あほう鳥 たとえば女は わすれ貝
まっかな潮が 満ちるとき 失したものを 想い出す  (※を繰り返す)

お前と俺との あいだには ふかくて暗い 河がある
それでもやっぱり 逢いたくて エンヤコラ今夜も 舟を出す  (※を繰り返す)×2


結婚しようよ  吉田拓郎 作詞/作曲
僕の髪が 肩までのびて 君と同じに なったら
約束通り 街の教会で 結婚しようよ ンンン

古いギターを ボロンとならそう 白いチャペルが 見えたら
仲間を呼んで 花をもらおう 結婚しようよ ンンン
もうすぐ春が ペンキを肩に お花畑の中を 散歩に来るよ  

そしたら君は 窓を開けて えくぼを見せる 僕のために
僕は君を さらいに来るよ 結婚しようよ ンンン

雨があがって 雲の切れ間に お日さまさんが 見えたら
ひざっこぞうを たたいてみるよ 結婚しようよ ンンン

二人で買った 緑のシャツを 僕のお家の ベランダに 並べて干そう 
結婚しようよ 僕の髪は もうすぐ肩まで 届くよ


恋  松山千春 作詞/作曲
愛することに 疲れたみたい 嫌いになった わけじゃない
部屋の灯は つけてゆくわ カギはいつもの ゲタ箱の中
きっと貴方は いつものことと 笑いとばすに ちがいない
だけど今度は 本気みたい 貴方の顔も ちらつかないわ
男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた それでも 恋は恋

多分あなたは いつもの店で 酒を飲んで くだをまいて
洗濯物は 机の上に 短い手紙 そえておくわ
今度生れて くるとしたなら やっぱり女で 生れてみたい
だけど二度と へマは しない貴方になんか つまづかないわ
男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた それでも 恋は恋

男はいつも 待たせるだけで 女はいつも 待ちくたびれて
それでもいいと なぐさめていた それでも 恋は恋     それでも 恋は  恋


恋人もいないのに  落合武司 作詞  西岡たかし 作曲
恋人もいないのに バラの花束抱いて いそいそ出かけて 行きました
空はいつになく 青く澄んで 思わず泣きたく なるのです

恋人もいないのに バラの花束抱いて これからいったい どこへ行くの
風はいつになく いじわるそうに つらい質問 するのです

バラの花束 胸にいっぱい いそいそ出かける 思い出の海
白い波間に 花びらちぎって 恋に別れを 告げるため

恋人もいないのに バラの花束抱いて いそいそ出かけて 行きました
海はいつになく 涙色で 悲しみたたえて いるのです  ラララ・・・・・


恋人よ  五輪真弓 作詞/作曲
枯葉散る 夕暮れは 来る日の寒さを ものがたり
雨に壊れた ベンチには 愛をささやく 歌もない
恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ
そして一言 この別れ話が 冗談だよと 笑ってほしい

砂利道を 駆け足で マラソン人が 行き過ぎる
まるで忘却 のぞむように 止まる私を 誘ってる
恋人よ さようなら 季節はめぐって くるけれど
あの日の二人 宵の流れ星 光っては消える 無情の夢よ
恋人よ そばにいて こごえる私の そばにいてよ
そして一言 この別れ話が 冗談だよと   笑って ほしい


鉱夫の祈り
朝もやの中に  ひとつ  こだまする  汽笛の音
答えはいつも  ひとつ  いつもこだまは  ひとつだけ
子供らは  泣きじゃくる  腹をすかし  泣きじゃくる
私に出来るのは  ただ  泣き疲れ  寝るのを  待つことだけ
お願いだ  聞いておくれ  町に住む  お偉い方
この子らが  泣かないように 鉱夫の祈りを  聞いておくれ

凍りつく  土の下で  鉱夫の汗は  流され
凍りつく  鉱夫の下に  石炭(いし)は眠り  続ける
家族らは  今日も待つ  深く頭を  たれて
子供らは  帰りを待つ  今日の日の  終わりを
お願いだ  聞いておくれ  町に住む  お偉い方
この子らが  泣かないように 鉱夫の祈りを  聞いておくれ

子供らは  泣きじゃくる  腹をすかし  泣きじゃくる
私に出来るのは  ただ  泣き疲れ  寝るのを  待つことだけ
お願いだ  聞いておくれ  町に住む  お偉い方
この子らが  泣かないように 鉱夫の祈りを  聞いておくれ


心の旅  財津和夫 作詞/作曲
ああ だから今夜だけは  君を抱いていたい  ああ 明日の今頃は 僕は汽車の中
旅立つ僕の心を 知っていたのか 遠く離れてしまえば 愛は終わると言った
もしも許されるなら 眠りについた君を ポケットに詰め込んで そのまま連れ去りたい
ああ だから今夜だけは  君を抱いていたい  ああ 明日の今頃は 僕は汽車の中

にぎやかだった町も 今は声を静めて 何を待っているのか 何を待っているのか
いつもいつの時でも 僕は忘れはしない 愛に終わりがあって 心の旅が始まる
ああ だから今夜だけは  君を抱いていたい  ああ 明日の今頃は 僕は汽車の中
ああ だから今夜だけは  君を抱いていたい  ああ 明日の今頃は 僕は汽車の中


心もよう  井上陽水 作詞/作曲
淋しさの つれづれに 手紙を したためています あなたに
黒いインクが きれいでしょう 青い便せんが 悲しいでしょう

あなたの 笑い顔を 不思議なことに 今日は憶えて いました
十九になった お祝いに 作った歌も 忘れたのに

寂しさだけを 手紙に詰めて 故郷に住む あなたに送る
あなたにとって 見飽きた文字が 季節の中で 埋もれてしまう Oh

遠くで 暮らす事が 二人に よくないのは 分かっていました
曇りガラスの 外は雨 私の気持ちは 書けません

寂しさだけを 手紙に詰めて 故郷に住む あなたに送る
あなたにとって 見飽きた文字が 季節の中で 埋もれてしまう
鮮やか色の 春はかげろう まぶしい夏の 光は強く
秋風のあと 雪が追いかけ 季節はめぐり あなたを変える ああ ああ


秋桜(コスモス)   さだまさし 作詞/作曲
薄紅の コスモスが 秋の日の なにげない 日溜まりに 揺れている
この頃 涙もろくなった 母が 庭先で ひとつ せきをする
縁側で アルバムを 開いては 私の 幼い日の 思い出を
何度も同じ話 繰り返す 独り言 みたいに 小さな声で
こんな 小春日和の 穏やかな日は あなたの 優しさが しみてくる
明日 嫁ぐ私に 苦労はしても 笑い話に 時が変えるよ 心配いらないと 笑った 

あれこれと 思い出を たどったら いつの日も 一人では なかったと 
今さらながら わがままな 私に 唇 噛んで います 
明日への 荷造りに 手を借りて しばらくは 楽しげに いたけれど  
突然 涙こぼし 元気でと 何度も 何度も 繰り返す母  
ありがとうの言葉を かみしめながら 生きて みます 私なりに 
こんな 小春日和の 穏やかな日は もう少し あなたの 子供で いさせて 下さい

ありがとうの言葉を かみしめながら 生きて みます 私なりに 
こんな 小春日和の 穏やかな日は もう少し あなたの 子供で いさせて 下さい


この広い野原いっぱい  小園江圭子 作詞  森山良子 作曲
この広い 野原いっぱい 咲く花を ひとつ のこらず あなたにあげる
赤い リボンの 花束にして

この広い 夜空いっぱい 咲く星を ひとつ のこらず あなたにあげる
虹に かがやく ガラスにつめて

この広い 海いっぱい 咲く舟を ひとつ のこらず あなたにあげる
青い 帆に イニシャルつけて

この広い 世界中の なにもかも ひとつ のこらず あなたにあげる
だから 私に 手紙を 書いて     手紙を 書いて     手紙を 書いて


この道   北原白秋 作詞   山田耕筰 作曲
この道は いつか来た道 ああ そうだよ あかしやの 花が咲いてる
あの丘は いつか見た丘 ああ そうだよ ほうら白い 時計台だよ
この道は いつか来た道 ああ そうだよ おかあさまと 馬車で行ったよ
あの雲は いつか見た雲 ああ そうだよ 山査子(サンザシ)の 枝も垂れてる


五番街のマリーへ  阿久 悠 作詞  都倉俊一 作曲
五番街へ行ったならば マリーの家へ行き どんなくらし しているのか 見て来てほしい
五番街は古い町で 昔からの人が きっと住んで いると思う たずねてほしい
マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが 気がかり
五番街でうわさをきいて もしも嫁に行って 今がとても しあわせなら 寄らずにほしい

五番街へ行ったならば マリーの家へ行き どんなくらし しているのか 見て来てほしい
五番街で住んだ頃は 長い髪をしてた 可愛いマリー 今はどうか しらせてほしい
マリーという娘と 遠い昔にくらし 悲しい思いをさせた それだけが気がかり
五番街は近いけれど とても遠いところ 悪いけれどそんな思い 察してほしい


酒と泪と男と女   河島英五 作詞/作曲
忘れてしまいたいことや どうしようもない寂しさに 包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう
飲んで飲んで 飲まれて飲んで 飲んで飲みつぶれて 眠るまで飲んで
やがて男は 静かに 眠るのでしょう

忘れてしまいたいことや どうしようもない悲しさに 包まれたときに女は 泪みせるのでしょう
泣いて泣いて ひとり泣いて 泣いて 泣きつかれて 眠るまで 泣いて
やがて女は 静かに 眠るのでしょう

またひとつ 女の方が 偉く思えてきた またひとつ 男のずるさが 見えてきた
俺は男 泣きとおすなんて 出来ないよ 今夜も酒を あおって 眠ってしまうのさ
俺は男 泪はみせられないもの

飲んで飲んで 飲まれて飲んで 飲んで 飲みつぶれて 眠るまで 飲んで
やがて男は 静かに 眠るのでしょう


SACHIKO  小泉長一郎 作詞  馬場章幸 作曲
幸せを 数えたら 片手にさえ 余る 不幸せ 数えたら 両手でも 足りない
いくら心が 綺麗でも 醜いアヒルの 子では嫌だと
泣いた夜さえ いつの日か 笑い話に なるものさ
SACHIKO 思い通りに SACHIKO 生きてごらん
それが悲しい 恋でもいい 笑い方も 忘れた時は 思い出すまで そばにいるよ

幸せを 話したら 五分あれば 足りる 不幸せ 話したら 一晩でも 足りない
SACHIKOという名は 皮肉だと 自分に宛てた 手紙燃やして
窓に額を 押し当てて 家を出たいと つぶやいた
SACHIKO 思い通りに SACHIKO 生きてごらん
ひとりぼっちの 旅でもいい 倒れそうに 疲れた時は 僕の両手に 戻ればいいさ

SACHIKO 思い通りに SACHIKO 生きてごらん
そして心が 傷ついたなら 泣きながら 帰っておいで 僕はお前の そばにいるよ

SACHIKO 思い通りに SACHIKO 生きてごらん
そして心が 傷ついたなら 泣きながら 帰っておいで 僕はお前の そばにいるよ


里の秋   斎藤信夫 作詞   海沼 実 作曲
静かな 静かな 里の秋 お背戸に 木の実の 落ちる夜は
ああ 母さんと ただ二人 栗の実 煮てます いろりばた

あかるい あかるい 星の空 鳴き鳴き 夜鴨の わたる夜は
ああ 父さんの あの笑顔 栗の実 たべては 思い出す

さよなら さよなら 椰子の島 おふねに ゆられて 帰られる
ああ 父さんよ ごぶじでと 今夜も 母さんと 祈ります


サボテンの花  財津和夫 作詞/作曲
ほんの 小さな 出来事に 愛は 傷ついて 
君は 部屋を とび出した 真冬の 空の 下に
編みかけ ていた 手袋と 洗い かけの 洗濯物
シャボンの 泡が ゆれていた 君の 香りが ゆれてた
たえまなく ふりそそぐ この 雪のように 君を愛せば よかった
窓に ふりそそぐ この 雪のように 二人の愛は 流れた

思い出 つまった この部屋を 僕も 出て行こう 
ドアに 鍵を おろした時 なぜか 涙が こぼれた
君が 育てた サボテンは 小さな 花をつくった 
春は もうすぐ そこまで 恋は 今 終わった
この 長い冬が 終わるまでに 何かをみつけて 生きよう
何かを 信じて 生きてゆこう この冬が 終わるまで
この 長い冬が 終わるまでに 何かをみつけて 生きよう
何かを 信じて 生きてゆこう この冬が 終わるまで
ララララ・・・・・・・


さらば青春  小椋 佳 作詞/作曲
僕は 呼びかけはしない 遠く 過ぎ去る者に 僕は 呼びかけはしない 傍らを行く 者さえ
見るがいい 黒い水が 抱き込むように 流れて行く
少女よ 泣くのはおやめ 風も木も 川も土も みんなみんな 戯れの 口笛をふく

僕は 呼びかけはしない 遠く 過ぎ去る者に 僕は 呼びかけはしない 傍らを行く 者さえ
見るがいい 黒い犬が 獲物探して 駆けて行く
少女よ 泣くのはおやめ 空も海も 月も星も みんなみんな うつろな輝きだ ララララ・・・・・


四季の歌  荒木とよひさ 作詞/作曲
春を愛する人は 心清き人 すみれの花のような 僕の友達
夏を愛する人は 心強き人 岩をくだく波のような 僕の父親
秋を愛する人は 心深き人 愛を語るハイネのような 僕の恋人
冬を愛する人は 心広き人 雪を溶かす大地のような 僕の母親


シクラメンのかほり  小椋 佳 作詞/作曲
真綿色した シクラメンほど すがしい ものはない
出会いの時の 君のようです ためらいがちに かけた言葉に
驚いたように ふりむく君に 季節が 頬をそめて 過ぎて ゆきました

薄紅色の シクラメンほど まぶしい ものはない
恋する時の 君のようです 木もれ陽あびた 君を抱(いだ)けば
淋しささえも おきざりにして 愛が いつのまにか 歩き 始めました

疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく
呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう

薄紫の シクラメンほど 淋しい ものはない
後ろ姿の 君のようです 暮れまどう街の 別れ道には
シクラメンのかほり むなしくゆれて 季節が 知らん顔して 過ぎて ゆきました

疲れを知らない子供のように 時が二人を追い越してゆく
呼び戻すことができるなら 僕は何を惜しむだろう


時代  中島みゆき 作詞/作曲
今はこんなに 悲しくて 涙も 枯れはてて もう二度と 笑顔には なれそうも ないけど
そんな 時代も あったねと いつか 話せる 日が来るわ 
あんな 時代も あったねと きっと 笑って 話せるわ
だから 今日は くよくよしないで 今日の 風に 吹かれましょう
まわるまわるよ 時代はまわる 喜び悲しみ くり返し
今日は 別れた 恋人たちも 生まれかわって めぐりあうよ

旅を 続ける 人々は いつか 故郷に 出会う日を
たとえ 今夜は 倒れても きっと 信じて ドアを出る
たとえ 今日は 果てしもなく 冷たい雨が 降っていても
めぐるめぐるよ 時代はめぐる 別れと出会いを くり返し
今日は 倒れた 旅人たちも 生まれかわって 歩き出すよ

まわるまわるよ 時代はまわる 別れと出会いを くり返し
今日は 倒れた 旅人たちも 生まれかわって 歩き出すよ
今日は 倒れた 旅人たちも 生まれかわって 歩き出すよ


しゃぼん玉   野口雨情 作詞   中山晋平 作曲
しゃぼん玉 飛んだ 屋根まで 飛んだ 屋根まで 飛んで こわれて 消えた
しゃぼん玉 消えた 飛ばずに 消えた 生まれて すぐに こわれて 消えた
風 風 吹くな しゃぼん玉 飛ばそ   (最初から繰り返す)


精霊流し  さだまさし 作詞/作曲
去年のあなたの 想い出が テープレコーダーから こぼれています
あなたのために お友達も 集まって くれました
二人でこさえた おそろいの 浴衣も今夜は 一人で着ます
線香花火が 見えますか 空の上から
約束通りに あなたの愛した レコードも一緒に 流しましょう
そしてあなたの 舟のあとを ついて ゆきましょう
私の小さな弟が 何も知らずに はしゃぎまわって
精霊流しが 華やかに 始まるのです

あの頃あなたがつま弾いた ギターを私が弾いてみました
いつのまに さびついた糸で くすり指を 切りました
あなたの愛した 母さんの 今夜の着物は 浅黄色
わずかの間に 年老いて 寂しそうです
約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう
そして黙って 舟のあとを ついてゆきましょう
人ごみの中を 縫うように 静かに時間が 通り過ぎます
あなたと私の 人生を かばうみたいに

約束通りに あなたの嫌いな 涙は見せずに 過ごしましょう
そして黙って 舟のあとを ついてゆきましょう
人ごみの中を 縫うように 静かに時間が 通り過ぎます
あなたと私の 人生を かばうみたいに


少年時代  井上陽水 作詞/作曲
夏が過ぎ かぜあざみ 誰の憧れに さまよう 青空に 残された 私の心は 夏模様
夢が醒め 夜の中 長い冬が 窓を閉じて 呼びかけたままで 夢はつまり 想い出の後先
夏祭り 宵かがり 胸の高なりに あわせて 八月は夢花火 私の心は 夏模様
Hum hum ..........

目が醒めて 夢のあと 長い影が 夜にのびて 星くずの空へ 夢はつまり 想い出の後先
夏が過ぎ かぜあざみ 誰の憧れに さまよう 八月は 夢花火 私の心は 夏模様  Oh


白いサンゴ礁  阿久 悠 作詞  村井邦彦 作曲
青い海原 群れとぶカモメ 心ひかれた 白いサンゴ礁
いつか愛する 人ができたら きっと二人で 訪れるだろう

南の果ての 海の彼方に ひそかに眠る 白いサンゴ礁
まことの愛を 見つけたときに きっと二人で 訪れるだろう

南の果ての 海の彼方に ひそかに眠る 白いサンゴ礁
まことの愛を 見つけたときに きっと二人で 訪れるだろう


ジョニーへの伝言  阿久 悠 作詞  都倉俊一 作曲
ジョニーが来たなら 伝えてよ 二時間 待ってたと
わりと元気よく 出て行ったよと お酒の ついでに 話してよ
友だちなら そこのところ うまく 伝えて

ジョニーが来たなら 伝えてよ わたしは大丈夫
もとの踊り子で また稼げるわ 根っから陽気に できてるの
友だちなら そこのところ うまく 伝えて

今度のバスで行く 西でも東でも 気がつけば さびしげな町ね この町は 
ジョニーが来たなら 伝えてよ 二時間 待ってたと
サイは投げられた もう出かけるわ わたしは わたしの 道を行く
友だちなら そこのところ うまく 伝えて

今度のバスで行く 西でも東でも 気がつけば さびしげな町ね この町は 
ジョニーが来たなら 伝えてよ 二時間 待ってたと
サイは投げられた もう出かけるわ わたしは わたしの 道を行く
友だちなら そこのところ うまく 伝えて   うまく  伝えて


白神山地の詩(うた)  歌:唐土久美子  作詞:さとの深花  作曲:黒木惇而
神の恵みの 賜物(たまもの)でしょう 北に息づく ブナの原生林(もり)よ
谷の湧き水 アオモリマンテマ 世界中の人に 届けたい
白神山地 秘めて豊かに 美しい宝物

ゆれる木漏陽(こもれび) すくった指に 香り気高き ブナの原生林(もり)よ
繁み深々 みどりの布団に 幾千万の生命(いのち) 抱きとめる
白神山地 母のふところ 美しい宝物

想いかくした はるかな人に 語りかけたい ブナの原生林(もり)よ
迷い疲れた 心を溶かして 岩魚(いわな)泳ぐ川は 流れゆく
白神山地 紅葉(もみじ)しぐれて 美しい宝物

純白(しろ)のサンゴを 散りばめながら 樹氷まぶしい ブナの原生林(もり)よ
千古斧鉞(せんこふえつ)を 容(い)れない聖姿(すがた)を 世界中の人に遺(のこ)したい
白神山地 永遠(とわ)の輝き 美しい宝物


白い一日   小椋佳作詞・井上陽水作曲
真っ白な 陶磁器を 眺めては あきもせず かといって 触れもせず
そんな風に 君のまわりで 僕の一日が 過ぎてゆく

目の前の 紙くずは 古くさい 手紙だし 自分でも おかしいし
破り捨てて 寝ころがれば 僕の一日が 過ぎてゆく

ある日 踏切のむこうに 君がいて 通り過ぎる汽車を待つ
遮断機が上がり 振り向いた君は もう 大人の顔をしてるだろう

この腕を さしのべて その肩を 抱きしめて ありふれた幸せに
落ち込めれば いいのだけれど 今日も一日が 過ぎてゆく

真っ白な 陶磁器を 眺めては あきもせず かといって 触れもせず 
そんな風に 君のまわりで 僕の一日が 過ぎてゆく


白い色は恋人の色  北山 修 作詞  加藤和彦 作曲
花びらの 白い色は 恋人の色 なつかしい 白百合は 恋人の色
ふるさとの あの人の あの人の 足もとに 咲く白百合の
花びらの 白い色は 恋人の色 

青空の すんだ色は 初恋の色 どこまでも美しい 初恋の色 
ふるさとの あの人と あの人と 肩並べ 見たあの時の
青空の すんだ色は 初恋の色 

夕やけの 赤い色は 想い出の色 涙でゆれていた 想い出の色 
ふるさとの あの人の あの人の うるんでいた ひとみにうつる 
夕やけの赤い色は 想い出の色   想い出の色   想い出の色


白いブランコ  小平なほみ 作詞  菅原 進 作曲
君はおぼえて いるかしら あの白い ブランコ 
風に吹かれて 二人でゆれた あの白い ブランコ
日暮はいつも 淋しいと 小さな肩を ふるわせた
君にくちづけ したときに 優しくゆれた 白い白い ブランコ

君はおぼえて いるかしら あの白いブランコ
寒い夜に よりそってゆれた あの白い ブランコ
誰でもみんな ひとりぼっち 誰かを愛して いたいのと
つめたいほほを よせたとき 静かにゆれた 白い白い ブランコ

僕の心に 今もゆれる あの白い ブランコ
幼い恋を 見つめてくれた あの白い ブランコ
まだこわれずに あるのなら 君のおもかげ 抱きしめて
ひとりでゆれて みようかしら 遠いあの日の 白い白い 白いブランコ 


死んだ男の残したものは  谷川俊太郎 作詞  武満 徹 作曲
死んだ男の 残したものは ひとりの妻と ひとりの子ども
他には何も 残さなかった 墓石ひとつ 残さなかった

死んだ女の 残したものは しおれた花と ひとりの子ども
他には何も 残さなかった 着もの一枚 残さなかった

死んだ子どもの 残したものは ねじれた脚と 乾いた涙
他には何も 残さなかった 思い出ひとつ 残さなかった

死んだ兵士の 残したものは こわれた銃と ゆがんだ地球
他には何も 残せなかった 平和ひとつ 残せなかった

死んだかれらの 残したものは 生きてるわたし 生きてるあなた
他には誰も 残っていない 他には誰も 残っていない

死んだ歴史の 残したものは 輝く今日と また来るあした
他には何も 残っていない 他には何も 残っていない


スイート メモリーズ
懐かしい 痛みだわ ずっと前に 忘れていた
でも あなたを見た時 時間だけ 後戻りしたの
幸せ?と 聞かないで 嘘つくのは 上手じゃない
友達なら いるけど あんなには 燃え上がれなくて
失った 夢だけが 美しく 見えるのは 何故かしら
過ぎ去った 優しさも今は 甘い 記憶 スイート メモリーズ

ドン キッス ミー ベイビー    ウィ キャン ネバー ビー
ソー ドン アッド モア ペイン   プリーズ ドン ハーツ ミー アゲイン
アイ ハブ スペント ソー メニー ナイト シンキング オブ ユー
ロンギング フォー ヨー タッチ   アイ ハブ ワンス ラブドゥ ユー ソー マッチ
あの頃は 若すぎて いたずらに 傷つけあった二人
色あせた 悲しみも今は 遠い 記憶 スイート メモリーズ

失った 夢だけが 美しく 見えるのは 何故かしら
過ぎ去った 優しさも今は 甘い 記憶 スイート メモリーズ


少しは私に愛を下さい   小椋佳作詞・作曲
少しは 私に 愛を下さい 全てを あなたに 捧げた 私だもの
一度も 咲かずに 散ってゆきそうな バラが 鏡に 映っているわ 少しは 私に愛を下さい

たまには 手紙を 書いて下さい いつでも あなたを 想う私だもの
あなたの心の ほんの片隅に 私の 名前を残してほしいの たまには 手紙を書いて下さい

みぞれの 捨て犬 抱いて 育てた やさしい あなたを 想い出して いるの
少しは 私に 愛を下さい


赤色エレジー  あがた森魚 作詞  八洲秀章 作曲
愛は愛とて 何になる 男一郎 誠とて    
幸子の幸は どこにある 男一郎 ままよとて
昭和余年は 春もよい 桜吹雪けば 情も舞う 
寂しかったは どうしたの お母さまの 夢を見たね 
おふとんも一つ 欲しいよね いえいえこうして 居られたら

あなたの口から さようならは 言えない事と 想ってた
はだか電球 舞踏会 踊りし日々は 走馬燈
愛は愛とて 何になる 男一郎 誠とて    
幸子の幸は どこにある 男一郎 ままよとて
幸子と一郎の 物語 お泪頂戴 ありがとう


千の風になって   Mary Frye作詞(注2)/新井満日本語詞・新井満作曲
私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 眠ってなんかいません
千の風に 千の風になって あの 大きな空を 吹きわたっています
秋には光になって 畑にふりそそぐ 冬はダイヤのように きらめく雪になる
朝は鳥になって あなたを目覚めさせる 夜は星になって あなたを見守る

私のお墓の前で 泣かないでください そこに私はいません 死んでなんかいません
千の風に 千の風になって あの 大きな空を 吹きわたっています

千の風に 千の風になって あの 大きな空を 吹きわたっています
あの 大きな空を 吹きわたっています


早春賦(そうしゅんふ)   吉丸一昌作詞・中田章作曲
春は名のみの 風の寒さや 谷の鶯(うぐいす) 歌は思えど
時にあらずと 声も立てず 時にあらずと 声も立てず

氷解(と)け去り 葦(あし)は角(つの)ぐむ  さては時ぞと 思うあやにく
今日もきのうも 雪の空 今日もきのうも 雪の空


ぞう列車よ走れ    作詞:清水則雄  作曲:藤村記一郎
僕たちの胸から 真っ直ぐに伸びたレールは  遙かな野山越え 象たちのもとへとどく
冷たい冬が過ぎ 春を迎えたように   今こそ伝えよう あふれる喜びを
長い戦争を 生き抜いた象たちに  象たちの命を 守った人たちに
象列車よ急げ 闇をさいて走れ  象列車よ急げ 空をかけて走れ

僕たちの胸から あふれ出た熱い思いが  一つに集まって 走らせた象列車
小さな僕たちでも 心を一つにすれば  夢だってかなうと 信じよう今こそ
夢を戦争で 無くした人たちも  新しい時代を 生きて行く人たちも
象列車よ急げ 闇をさいて走れ  象列車よ急げ 空をかけて走れ
象列車よ急げ 闇をさいて走れ  象列車よ急げ 空をかけて走れ


卒業写真   荒井由実作詞・作曲/昭和50年
悲しいことがあると 開く革の表紙 卒業写真のあの人は やさしい目をしてる
町で見かけた時 何も言えなかった 卒業写真の面影が そのままだったから
人ごみに流されて 変わって行く私を あなたは 時々 遠くで 叱って

話しかけるように ゆれる柳の下を 通った道さえ今はもう 電車から見えるだけ
あの頃の生き方を あなたは忘れないで あなたは 私の 青春 そのもの
人ごみに流されて 変わって行く私を あなたは 時々 遠くで 叱って
あなたは 私の 青春 そのもの


そっとおやすみ   クニ河内 作詞/作曲
化粧の後の かがみの前で いつも貴方の 手を借りた
背中のボタンが とめにくい 一人ぼっちの部屋で
今は居ない 貴方に そっとそっと おやすみなさい

もう陽にやけた タタミのにおい 白いフスマに 傷ついた
けんかの名残りも 悲しそう 一人ぼっちの部屋で
今は居ない 貴方に そっとそっと おやすみなさい

別れの夜の 涙のしずく 星も流れて 散ってゆく
今夜のベッドも 冷たそう 一人ぼっちの部屋で
今は居ない 貴方に そっとそっと おやすみなさい そっとそっと おやすみなさい


空に星があるように  荒木一郎 作詞/作曲
空に星があるように 浜辺に砂があるように 
ボクの心にたった一つの 小さな夢がありました
風が 東に 吹くように 川が 流れて 行くように 
時の流れに たった一つの 小さな夢は 消えました

淋しく淋しく 星を見つめ ひとりでひとりで 涙にぬれる
何もかもすべては 終わってしまったけれど 何もかもまわりは 消えてしまったけれど
春に小雨が 降るように 秋に枯葉が 散るように
それは 誰にも あるような ただの 季節の かわりめの頃


そんな町を
ひとりひとりの 力は小さいけれど みんなで寄せ合えば 大きな力になるさ
君とぼくの 生きている町 夕日のきれいな町
呼び掛け合えば 笑顔がかえる そんな町を

ひとりひとりが 心に光を持って 道は暗くても みんなで照らし合おう
君とぼくの 生きている町 夕日のきれいな町
呼び掛け合えば 笑顔がかえる そんな町を

ひとりひとりの ささやかな願いだけど ひとつに寄せ合えば 大きな希望になるさ
君とぼくの 生きている町 夕日のきれいな町
呼び掛け合えば 笑顔がかえる そんな町を

どんな時でも 人間らしく生きよう そんな思いを みんなであたため合おう
君とぼくの 生きている町 夕日のきれいな町
呼び掛け合えば 笑顔がかえる そんな町を


たきび   巽 聖歌 作詞   渡辺 茂 作曲
垣根の 垣根の まがりかど たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ 北風 ぴいぷう 吹いている

さぎんか さぎんか 咲いた道 たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ しもやけ おててが もうかゆい

ここがらし こがらし 寒い道 たきびだ たきびだ おちばたき
あたろうか あたろうよ 相談しながら 歩いてる


竹田の子守唄  作者不詳
守(もり)もいやがる 盆から先にゃ 雪もちらつくし 子もなくし
盆が来たとて なにうれしかろ かたびらはなし おびはなし

この子よう泣く 守をばいじる 守も一日 やせるやら
はよう行きたや この在所こえて 向こうに見えるは 親のうち 
向こうに見えるは 親のうち


旅の宿   岡本おさみ 作詞   吉田拓郎 作曲
浴衣の君は ススキのかんざし 熱燗とっくりの首を つまんで
もう一杯 いかがなんて 妙に 色っぽいね

僕は僕で あぐらをかいて 君の頬と耳は 真っ赤っか
ああ風流だなんて 一つ俳句でも ひねって

部屋の明かりを すっかり消して 風呂上がりの髪 いい香り
上弦の月だったっけ 久しぶりだね 月見るなんて

僕はすっかり 酔っちまって 君の膝枕に うっとり
もう飲み過ぎちまって 君を抱く気にも なれないみたい


誰もいない海  山口洋子 作詞  内藤法美 作曲
今は もう秋 誰も いない海 知らん顔して 人が ゆきすぎても
わたしは忘れない 海に約束したから つらくても つらくても 死にはしないと

今は もう秋 誰も いない海 たった ひとつの 夢が 破れても
わたしは忘れない 砂に約束したから 淋しくても 淋しくても 死にはしないと

今は もう秋 誰も いない海 いとしい 面影 帰らなくても
わたしは忘れない 空に約束したから ひとりでも ひとりでも 死にはしないと
ひとりでも ひとりでも 死にはしないと    ルルル・・・・・・・


たんぽぽ
雪の 下の 故郷の夜 冷たい 風と 土の中で
青い 空を 夢に見ながら 野原に 咲いた 花だから
※どんな花より タンポポの 花をあなたに 贈りましょう    (※を繰り返す)

高い 工場の 壁の下で どれだけ 春を 待つのでしょう
数え た指を 優しく開き 空き地に 咲いた 花だから   (※を繰り返す)×2

ガラス の部屋の バラの 花より 嵐の 空を 見つめ続ける
あなた の胸の 想いのように 心に 咲いた  花だから   (※を繰り返す)×2


ちいさい秋みつけた   サトウ ハチロー 作詞   中田喜直 作曲
だれかさんが だれかさんが だれかさんが 見つけた
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
めかくし鬼さん 手のなる方へ すましたお耳に かすかにしみた
呼んでる 口ぶえ もずの声 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた

だれかさんが だれかさんが だれかさんが 見つけた
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
おへやは北向き くもりのガラス うつろな目の色 とかしたミルク
わずかな すきから 秋の風 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた

だれかさんが だれかさんが だれかさんが 見つけた
ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた
むかしの むかしの 風見の鳥の ぼやけたとさかに はぜの葉ひとつ
はぜの葉 赤くて 入日色 ちいさい秋 ちいさい秋 ちいさい秋 みつけた


小さな木の実
小さな 手のひらに一つ 古ぼけた木の実 握り締め
小さな 足跡が一つ 草原の中を かけて行く
パパと 二人で拾った 大切な木の実 握り締め
今年 また秋の丘を 少年は一人 かけて行く

小さな 心にいつでも 幸せな秋は あふれてる
風と よく晴れた空と 暖かいパパの 思い出と
坊や 強く生きるんだ 広いこの世界 お前のもの
今年 また秋がくると 木の実はささやく パパの言葉
    
坊や 強く生きるんだ 広いこの世界 お前のもの
今年 また秋がくると 木の実はささやく パパの言葉


小さな日記  原田晴子 作詞  落合和徳 作曲
小さな日記に つづられた 小さな過去の ことでした
私と彼との 過去でした 忘れたはずの 恋でした

ちょっぴりすねて 横むいて 黙ったままで いつまでも
やがては笑って 仲なおり そんなかわいい 恋でした

山に初雪 降るころに 帰らぬ人と なった彼
二度と笑わぬ 彼の顔 二度と聞こえぬ 彼の声

小さな日記に つづられた 小さな過去の ことでした
二度と帰らぬ 恋でした 忘れたはずの 恋でした


翼をください  山上路夫 作詞  村井邦彦 作曲
今 私の願いごとが かなうならば 翼がほしい 
この背中に鳥のように 白い翼つけてください 
この大空に翼を広げ 飛んで行きたいよ 
悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ行きたい

今 富とか名誉ならば いらないけど 翼がほしい
子供の時夢見たこと 今も同じ夢に見ている
この大空に翼を広げ 飛んで行きたいよ 
悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ
この大空に翼を広げ 飛んで行きたいよ 
悲しみのない自由な空へ 翼はためかせ行きたい


手のひらを太陽に  やなせたかし 作詞  いずみたく 作曲
僕等はみんな 生きている 生きているから 歌うんだ
僕等はみんな 生きている 生きているから 悲しいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば 真紅に流れる 僕の血潮
みみずだって おけらだって あめんぼだって
みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ

僕等はみんな 生きている 生きているから 笑うんだ
僕等はみんな 生きている 生きているから うれしいんだ
手のひらを太陽に すかしてみれば 真紅に流れる 僕の血潮
とんぼだって かえるだって みつばちだって
みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ

手のひらを太陽に すかしてみれば 真紅に流れる 僕の血潮
みみずだって おけらだって あめんぼだって
みんなみんな 生きているんだ 友達なんだ


遠い世界に  西岡たかし 作詞/作曲
遠い 世界に 旅に 出ようか それとも 赤い風船に 乗って
雲の 上を 歩いて みようか 太陽の 光で にじを 作った
お空の 風を もらって 帰って 暗い 霧を 吹き飛ばしたい

ボクらの 住んでる この町にも 明るい 太陽 顔を 見せても
心の 中は いつも 悲しい 力を 合わせて 生きる 事さえ
今では みんな 忘れて しまった だけど ボク達 若者がいる

雲に かくれた 小さな 星は これが 日本だ 私の 国だ
若い 力を 体に 感じて みんなで 歩こう 長い 道だが
一つの道を 力の かぎり  ※明日の 世界を さがしに 行こう    ※繰り返し


どこかで春が   百田宗治 作詞   草川 信 作曲
どこかで春が 生まれてる   どこかで水が ながれ出す
どこかでひばりが ないている   どこかで芽の出る 音がする
山の三月 東風吹いて   どこかで春が 生まれてる


どこまでもゆこう  小林亜星 作詞/作曲
どこまでもゆこう 道はきびしくとも 口笛を吹きながら 走ってゆこう
どこまでもゆこう 道はけわしくとも 幸せが待っている あの空の向こうに
どこまでもゆこう 道がなくなっても 新しい道がある この丘の向こうに
どこまでもゆこう 道は淋しくとも あの星をみつめながら 迷わずにゆこう
どこまでもゆこう 道はけわしくとも 幸せが待っている あの空の向こうに
幸せが待っている あの空の向こうに    あの空の向こうに


どじょっこふなっこ   東北地方わらべうた   岡本敏明 作曲
春になれば すがこもとけて どじょっこだの 
ふなっこだの 夜が明けたと 思うべな

夏になれば わらしこ泳ぎ どじょっこだの 
ふなっこだの おにこ来たなと 思うべな

秋になれば 木の葉こ落ちて どじょっこだの 
ふなっこだの ふねこ来たなと 思うべな

冬になれば すがこもはって どじょっこだの 
ふなっこだの てんじょこはったと 思うべな


友よ  岡林信康 作詞/作曲
友よ 夜明け前の 闇の中で 友よ たたかいの 炎をもやせ
夜明けは近い 夜明けは近い 友よ この闇の 向こうには 友よ 輝く あしたがある 

友よ 君の涙 君の汗が 友よ むくわれる その日がくる
夜明けは近い 夜明けは近い 友よ この闇の 向こうには 友よ 輝く あしたがある

友よ のぼりくる 朝日の中で 友よ 喜びを わかちあおう
夜明けは近い 夜明けは近い 友よ この闇の 向こうには 友よ 輝く あしたがある


なごり雪  伊勢正三 作詞/作曲
汽車を待つ君の横で僕は 時計を 気にしている 季節はずれの雪が 降ってる 
「東京で見る雪はこれが最後ね」と さみしそうに君が つぶやく 
なごり雪も 降る時を知り ふざけすぎた 季節のあとで
今春が来て 君は きれいになった 去年より ずっと きれいになった

動き始めた汽車の窓に 顔をつけて 君は何か言おうと している
君のくちびるが「さようなら」と 動くことが こわくて下を 向いてた
時がゆけば 幼い君も 大人になると 気づかないまま
今春が来て 君は きれいになった 去年よりずっと きれいになった

君が去った ホームにのこり 落ちては溶ける 雪を見ていた
今春が来て 君は きれいになった 去年よりずっと きれいになった
去年よりずっと きれいになった 去年よりずっと きれいになった


涙(なだ)そうそう   森山良子作詞・BEGIN作曲
古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた 
いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ
晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠く あせても
おもかげ 探して よみがえる日は 涙そうそう

一番星に祈る それが私のくせになり 
夕暮れに見上げる空 心いっぱい あなた探す
悲しみにも 喜びにも 思うあの笑顔 あなたの場所から私が
見えたら きっといつか 会えると信じ 生きてゆく

晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔 想い出遠く あせても
さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう 
会いたくて 会いたくて 君への想い 涙そうそう


夏は来ぬ   佐佐木信綱 作詞   小山作之助 作曲
卯の花の 匂う垣根に ほととぎす 早も来 鳴きて 
忍音(しのびね)もらす 夏は来ぬ 

さみだれの そそぐ山田に 早乙女が もすそぬらして 
玉苗(たまなえ)植うる 夏は来ぬ

橘(たちばな)の 薫るのきばの 窓近く 螢飛びかい 
おこたり諌(いさ)むる 夏は来ぬ

棟(おうち)散る 川辺の宿の 門遠く 水鶏(くいな)声して 
夕月すずしき 夏は来ぬ 

五月闇(さつきやみ) 螢飛びかい 水鶏なき 卯の花咲きて 
早苗植えわたす 夏は来ぬ


夏の思い出
夏が来れば 思い出す 遥かな尾瀬 遠い空
霧の中に 浮かび来る 優しい影 野の小道
水芭蕉の花が 咲いている 夢見て咲いている 水のほとり
シャクナゲ色に たそがれる 遥かな尾瀬 遠い空

夏が来れば 思い出す 遥かな尾瀬 野の旅よ
花の中に そよそよと 揺れ揺れる 浮島よ
水芭蕉の花が 匂っている 夢見て匂っている 水のほとり
まなこ つぶれば 懐かしい 遥かな尾瀬 遠い空       

水芭蕉の花が 匂っている 夢見て匂っている 水のほとり
まなこ つぶれば 懐かしい 遥かな尾瀬 遠い空


七つの子   野口雨情 作詞   本居長世 作曲
烏 なぜ啼(な)くの 烏は山に 可愛 七つの 子があるからよ
可愛 可愛と 烏は啼くの 可愛 可愛と 啼くんだよ
山の 古巣へ いって見て御覧 丸い眼をした いい子だよ


涙くんさよなら
涙君 さよなら さよなら涙君 また会う日まで
君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうも無い
だけど僕は恋をした すばらしい恋なんだ
だからしばらくは君と 会わずに暮らせるだろ
涙君 さよなら さよなら涙君 また会う日まで

涙君 さよなら さよなら涙君 また会う日まで
君は僕の友達だ この世は悲しいことだらけ 君なしではとても 生きて行けそうも無い
だけど僕のあの子はね とっても優しい人なんだ
だからしばらくは君と 会わずに暮らせるだろ
涙君 さよなら さよなら涙君 また会う日まで  また会う日まで


22才の別れ  伊勢正三 作詞/作曲
あなたに さよならって 言えるのは 今日だけ 明日になって またあなたの 暖かい手に
触れたら きっと 言えなくなって しまう そんな気がして
わたしには 鏡に映った あなたの姿を 見つけられずに
わたしの 目の前にあった 幸せに すがりついて しまった

私の 誕生日に22本の ローソクをたて 一つ一つがみんな君の 人生だねって言って
17本目からは 一緒に火をつけたのが きのうの ことのように
今はただ 五年の月日が ながれすぎた春と いえるだけです
あなたの 知らないところへ 嫁いでゆく わたしに とって

ウウウーウウウ・・・・
ひとつだけ こんなわたしの わがままきいて くれるなら
あなたは あなたのままで 変わらずにいてください そのままで


野に咲く花のように
野に咲く 花のように 風に吹かれて 野に咲く 花のように 人を爽やかにして
そんなふうに 僕たちも 生きてゆけたら 素晴らしい
時には暗い人生も トンネル抜ければ 夏の海
そんな時こそ 野の花の けなげな心を 知るのです

野に咲く 花のように 雨にうたれて 野に咲く 花のように 人を和やかにして
そんなふうに 僕たちも 生きてゆけたら 素晴らしい
時にはつらい人生も 雨のち曇りで また晴れる
そんな時こそ 野の花の けなげな心を 知るのです

ルルルル … … … … …     ルルルル … … … … …
そんなふうに 僕たちも 生きてゆけたら 素晴らしい
時にはつらい人生も 雨のち曇りで また晴れる
そんな時こそ 野の花の けなげな心を 知るのです


バス・ストップ   千家和也 作詞   葵まさひこ 作曲
バスを 待つあいだに 涙を拭くわ 知ってる誰かに見られたら あなたが傷つく
なにを とりあげても わたしが悪い あやまちつぐなう その前に 別れが来たのね

どうぞ 口を開かないで 甘い言葉聞かせないで ひとりで帰る 道がとてもつらいわ
バスを 待つあいだに 気持を変える つないだこの手の ぬくもりを 忘れるためにも

どうぞ 顔をのぞかないで あとのことを 気にしないで 一人で開ける 部屋の鍵は重たい
バスを 待つあいだに 気持を変える うるんだその目の 美しさ 忘れるためにも


八月の濡れた砂    作詞:吉岡治  作曲:むつひろし
あたしの 海を  真っ赤に 染めて  夕日が 血潮を  流して いるの
あの夏の  光と影は  どこへ行って しまったの
悲しみ さえも  焼き尽く された  あたしの 夏は  明日も 続く
打ち上げ られた  ヨットのように  いつかは 愛も  朽ちる物 なのね
あの夏の  光と影は  どこへ行って しまったの
思い出 さえも  残しは しない  あたしの 夏は  明日も 続く

あの夏の  光と影は  どこへ行って しまったの
思い出 さえも  残しは しない  あたしの 夏は  明日も 続く


初恋の人に似ている  北山 修 作詞  加藤和彦 作曲
あなたにささげた 言葉の中に 嘘はないけど 何か気になる
こんな気持ちを 違うあなたに ほのかによせた 思い出があるの
そうよ あなたは似ている 初恋の人に 好きだった 
でもそれは いけないことじゃないけど
言っちゃいけない 今は あなただけなの

あなたと肩よせ 歩いていても 前に誰かと 歩いたような
そんな気がして たちどまったの ごめんなさいね ただそれだけなの
そうよ あなたは似ている 初恋の人に 好きだった 
でもそれは いけないことじゃないけど
言っちゃいけない 今は あなただけなの 今は あなただけなの


花   武島羽衣 作詞   瀧 廉太郎 作曲
春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が
櫂(かい)のしずくも 花と散る 眺めをを何に 喩(たと)うべき

見ずやあけぼの 露浴びて われにもの言う 桜木を
見ずや夕ぐれ 手をのべて われさしまねく 青柳を

錦織りなす 長堤(ちょうてい)に 暮るればのぼる おぼろ月
げに一刻も 千金の 眺めを何に 喩うべき


花   喜納昌吉作詞・作曲
川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの
そんな流れが つくころには 花として 花として 咲かせてあげたい
泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

涙流れて どこどこ行くの 愛も流れて どこどこ行くの
そんな流れを このうちに 花として 花として 迎えてあげたい
泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ

花は花として 笑いもできる 人は人として 涙も流す
それが自然の うたなのさ 心の中に 心の中に 花を咲かそうよ
泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ
泣きなさい 笑いなさい いついつまでも いついつまでも 花をつかもうよ
泣きなさい 笑いなさい いつの日か いつの日か 花を咲かそうよ


花の首飾り   菅原房子/なかにし礼 作詞   すぎやまこういち 作曲
花咲く娘たちは 花咲く野辺で ひな菊の花の首飾り  優しく編んでいた 
おお愛のしるし 花の首飾り
私の首にかけておくれよ あなたの腕がからみつくように
花つむ娘たちは 日暮れの 森の 湖に浮かぶ 白鳥に 姿を変えていた 
おお愛のしるし 花の首飾り

私の首にかけて下さい はかない声で 白鳥は言った
涙の白鳥に 花の首飾り かけた時 嘆く 白鳥は 娘になりました
おお愛のしるし 花の首飾り   おお愛のしるし 花の首飾り


花嫁  北山 修 作詞  端田宣彦・坂庭省悟 作曲
花嫁は 夜汽車に乗って とついでゆくの あの人の 写真を 胸に 海辺の街へ
命かけて燃えた 恋が結ばれる 帰れない 何があっても 心に誓うの

小さな カバンにつめた 花嫁衣装は ふるさとの 丘に咲いてた 野菊の花束
命かけて燃えた 恋が結ばれる 何もかも 捨てた花嫁 夜汽車に乗って 夜汽車に乗って


花嫁人形   蕗谷虹児  作詞   杉山長谷夫 作曲
金襴緞子(きんらんどんす)の 帯しめながら 
花嫁御寮(ごりょう)は なぜ泣くのだろ

文金島田(ぶんきんしまだ)の 髪結いながら 
花嫁御寮は なぜ泣くのだろ

あねさんごっこの 花嫁人形は 
赤い鹿(か)の子の 振袖(ふりそで) 着てる

泣けば鹿の子の たもとが切れる 
涙で鹿の子の 赤い紅(べに) にじむ

泣くに泣かれぬ 花嫁人形は 
赤い鹿の子の 千代紙(ちよがみ) 衣裳


埴生の宿   J.W.Payne 作詞   Sir Henry Rowley Bishop 作曲 里見義 訳詞
埴生(はにゅう)の宿も わが宿 玉の装い 羨(うらや)まじ
のどかなりや 春の空 花はあるじ 鳥は友 
おお わが宿よ 楽しとも たのもしや

書(ふみ)読む窓も わが窓 瑠璃(るり)の床も 羨(うらや)まじ
清らなりや 秋の夜半(よわ) 月はあるじ 虫は友 
おお わが窓よ 楽しとも たのもしや


浜辺の歌   林 古渓 作詞   成田為三 作曲
あした浜辺を さまよえば 昔のことぞ 忍ばるる 
風の音よ 雲のさまよ 寄する波も 貝の色も

ゆうべ浜辺を もとおれば 昔の人ぞ 忍ばるる
寄する波よ 返す波よ 月の色も 星の影も


バラライカ   作詞作曲:藤原和義
バラライカ バラライカ バラライカ バラライカ  バラライカ おまえを いつも夢に見る

苦しい仕事に 疲れ 果てて 帰って 寝るだけ そんな俺だけど  
バラライカ バラライカ バラライカ バラライカ  バラライカ おまえを いつも夢に見る

着た切り すずめの 貧乏 暮らし 優しい 言葉に いつも飢えている 
バラライカ バラライカ バラライカ バラライカ  バラライカ おまえを いつも夢に見る

悲しい 恋をして 泣くことだって あるさ 呼んでも 帰らぬ 人だっているさ  (※を繰り返す)

苦しみ 悲しみ 乗り越えて 行こう バラライカ 歌ってくれ 生きる喜びを
バラライカ バラライカ バラライカ バラライカ  バラライカ おまえを いつも夢に見る
バラライカ バラライカ バラライカ バラライカ  バラライカ おまえを いつも夢に見る


春が来た   高野辰之 作詞   岡野貞一 作曲
春が来た 春が来た どこに来た 山に来た 里に来た 野にも来た
花が咲く 花が咲く どこに咲く 山に咲く 里に咲く 野にも咲く
鳥がなく 鳥がなく どこでなく 山でなく 里でなく 野でもなく
春が来た 春が来た どこに来た 山に来た 里に来た 野にも来た


春の小川   高野辰之 作詞   林 柳波 改詞   岡野貞一 作曲
春の小川は さらさら行くよ きしのすみれや れんげの花に
すがたやさしく 色うつくしく 咲けよ咲けよと ささやきながら

春の小川は さらさら行くよ えびやめだかや 小ぶなのむれに
今日も一日 日なたでおよぎ あそべあそべと ささやきながら


春よ来い   相馬御風 作詞   弘田龍太郎 作曲
春よ来い 早く来い あるき始めた みいちゃんが
赤いはなおの ジョジョはいて おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い おうちの前の 桃の木の
つぼみもみんな ふくらんで はよ咲きたいと 待っている      

春よ来い 早く来い あるき始めた みいちゃんが
赤いはなおの ジョジョはいて おんもへ出たいと 待っている


バラ色の雲   橋本 淳 作詞   筒美京平 作曲
バラ色の雲と 思い出をだいて 僕は行きたい 君の故郷へ
野菊を飾った 小舟の陰で くちずけ交わした 海辺の町へ
初めて見つけた 恋の喜び 君は優しく 涙をふいていた
バラ色の雲と 思い出をだいて 逢いに行きたい 海辺の町へ

初めて見つけた 恋の喜び 君は優しく 涙をふいていた
バラ色の雲と 思い出をだいて 逢いに行きたい 海辺の町へ
逢いに行きたい 海辺の町へ


比叡おろし  松岡正剛 作詞/作曲
風は山から 降りてくる レタスのかごを かかえて
唇は くびれて いちご 遠い夜の街を 越えて来た そうな
うちは 比叡おろしですねん あんさんの 胸を雪にしてしまいますえ

風は琵琶湖に 落ちてくる 北山杉を 下に見て
夕焼けは よそゆきマント 光る銀の靴を はいていた そうな
うちは 比叡おろしですねん あんさんの 胸を雪にしてしまいますえ

風は今夜も 吹いている 死んでは駄目よと いいながら
さよならは 小さなみぞれ そっと京都の街に 捨てて来た そうな
うちは 比叡おろしですねん あんさんの 胸を雪にしてしまいますえ2
うちは 比叡おろしですねん あんさんの 胸を雪にしてしまいますえ


東へ西へ   井上陽水 作詞/作曲
昼寝を すれば 夜中に 眠れないのは どういう訳だ
満月 空に満月 明日はいとしいあの娘に逢える
目覚まし時計は 母親みたいで 心が通わず 
たよりの自分は 睡眠不足で 
だから ガンバレ みんな ガンバレ 月は流れて東へ西へ

電車は 今日もスシズメ のびる線路が拍車をかける
満員 いつも満員 床にたおれた老婆が笑う
お情け無用の お祭り電車に呼吸も止められ 
身動き出来ずに 夢みる旅路へ
だから ガンバレ みんな ガンバレ 夢の電車は東へ西へ

花見の 駅で待ってる 君にやっとの思いで逢えた
満開 花は満開 君はうれしさあまって気がふれる
空ではカラスも 負けないくらいに喜んでいるよ 
とまどう僕には なんにも出来ない
だから ガンバレ みんな ガンバレ 黒いカラスは東へ西へ  
だから ガンバレ みんな ガンバレ 月は流れて東へ西へ


人は愛に生き平和に生きる
人は 愛に生き 平和に生きる 一人の しあわせは みんなのしあわせ
夢は大切に 心と心が 固く結ばれた 地球に住もうよ

人は 愛のため 平和を祈る 一人の 悲しみは みんなの悲しみ
夢は大切に あなたと私の 心通いあう 地球を作ろう

夢は大切に 心と心が 固く結ばれた 地球に住もうよ
夢は大切に 心と心が 固く結ばれた 地球に住もうよ


ビリーブ
たとえば君が 傷ついて くじけそうに なった時は
かならずぼくが そばにいて ささえてあげるよ その肩を
世界中の 希望のせて この地球は まわってる
いま 未来の 扉を 開けるとき 悲しみや 苦しみが
いつの日か 喜びに 変わるだろう アイ ビリーブ イン フューチャー 信じてる

もしも誰かが 君のそばで 泣き出しそうに なった時は
だまって腕を とりながら いっしょに歩いて くれるよね
世界中の やさしさで この地球を つつみたい
いま 素直な 気持ちに なれるなら 憧れや 愛しさが
大空に はじけて 耀(ひか)るだろう アイ ビリーブ イン フューチャー 信じてる
いま 未来の 扉を開けるとき アイ ビリーブ イン フューチャー 信じてる 


琵琶湖周航の歌 第三高等学校   小口太郎 作詞作曲
我(われ)は 湖(うみ)の子 放浪(さすらい)の 旅にしあれば しみじみと
昇るさ霧や さざなみの 志賀の都よ いざさらば

松は緑に 砂白き 雄松(おまつ)が里の 処女子(おとめご)は
赤い椿の 森陰(もりかげ)に はかない恋に 泣くとかや

波のまにまに 漂(ただよ)えば 赤い泊火(とまりび) 懐かしみ
行方(ゆくえ) 定めぬ 波まくら 今日は今津(いまず)か 長浜(ながはま)か

瑠璃(るり)の花園 珊瑚の宮 古い伝えの 竹生島(ちくぶじま)
仏のみ手に 抱(いだ)かれて 眠れ処女子(おとめご)よ 安らけく


冬景色   文部省唱歌
さ霧消ゆる 湊江(みなとえ)の 舟に白し 朝の霜(しも) 
ただ水鳥の 声はして いまだ覚(さ)めず 岸の家

烏(からす) 啼(な)きて 木に高く 人は畑(はた)に 麦を踏む 
げに小春日の のどけしや かえり咲きの 花も見ゆ


冬の星座   堀内敬三 訳詞   W・S・ヘイズ 作曲
木枯らしとだえて さゆる空より 地上に降りしく 奇(くす)しき光よ
ものみな憩える しじまの中に きらめき揺れつつ 星座はめぐる

ほのぼの明かりて 流るる銀河 オリオン舞い立ち すばるはさざめく
無窮(むきゅう)を指さす 北斗(ほくと)の針と きらめき揺れつつ 星座はめぐる


プライド・Pride
私は今 南の一つ星を 見上げて誓った どんな時も 微笑みを絶やさずに 歩いて 行こうと
あなたを想うと ただ切なくて 涙を流しては 星に願いを 月に祈りを
捧げるためだけに 生きてきた Uh・・・   だけど今は あなたへの愛こそが 私のプライド

優しさとは 許しあうことを知る 最後の真実 我儘さえ いとしく思えたなら 本当に幸せ
あなたは私に 自由と孤独を 教えてくれた人 夜が来るたびに 無口になって
震える肩を 抱きしめていた Uh・・・  だけど今は あなたへの愛こそが 私のプライド

いつか私も 空を飛べるはず ずっと信じていた 翼があったら 飛んでゆくのに
あなたの胸に 今すぐにでも Uh・・・  

見上げてみて 南の一つ星を 素敵な空でしょう
私は今 あなたへの愛だけに 笑って 泣いてる


故郷   高野辰之 作詞   岡野貞一 作曲
兎(うさぎ)追いし かの山 小鮒釣りし かの川 夢は今も めぐりて 忘れがたき 故郷
いかに在ます父母 つつがなしや 友がき 雨に風に つけても 思い出ずる 故郷
志(こころざし)を はたして いつの日にか 帰らん 山は青き 故郷 水は清き 故郷


ペチカ   北原白秋 作詞   山田耕筰 作曲
雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ お話しましょ
昔 昔よ 燃えろよ ペチカ 

雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ 表は寒い
栗や 栗やと 呼びます ペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ じき春来ます
今に楊(やなぎ)も 萌(も)えましょ ペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ 誰だか来ます
お客さまでしょ うれしい ペチカ

雪の降る夜は 楽しいペチカ ペチカ燃えろよ お話しましょ
火の粉ぱちぱち はねろよ ペチカ


部屋
いつもならこんなに 優しいはずはない
明日の朝 起きたら 貴方がいない 気がして...
眠れない夜が 続いています 胸にすがりつく 私の髪に
貴方は ポツンと ばかだなって言う

今夜は街へなど 出かけたくないけど
買ってくれたドレス 着てみたくなっただけなの...
そんなに優しく しないでおいて つくろう笑顔が こわれてしまう
でも涙に 気づいたらもう一度だけ 抱いて

黄昏た部屋には 貴方と私だけ
バラも椅子も 時計も すべてが止まって しまった...
そんなに優しく しないでおいて つくろう笑顔が こわれてしまう
でも涙に 気づいたら もう一度だけ 抱いて
おー涙に 気づいたら もう一度だけ 抱いて


僕にまかせてください   歌:クラフト   詞:さだまさし   曲:さだまさし
君はその手に 花をかかえて 急な坂道を のぼる
僕の手には 小さな水おけ 君のあとに つづく
君のかあさんが 眠っている ささやかな 石のまわり
草をつみながら 振り返ると 泣き虫の 君がいた
両手をあわせた かたわらで 揺れてる  れんげ草
あなたの 大事な人を 僕に まかせてください

君がとても 大切にしてた 藤色の お手玉
あれは昔 君の かあさんが 作って くれたもの
そして僕が 大切にしてる 日だまりの ような人
それもそっと 君のかあさんが 残してくれたもの
※集めた落ち葉に 火をつけて  君は ぽつりと  ありがとう
   彼岸過ぎたら 僕の部屋も あたたかくなる       (※を繰り返す)


ぼくのひこうき
大空に翼を 広げて飛んで行く ぼく達の夢乗せて 地球を飛び越えて  
どこまでも行こうよ ララ みんなと手を取って  さぁ明るい明日へ
小さな手を離れ 今旅立つ時が来た さぁ飛んでけ ぼくのひこうき

幸せを乗せて どこまで飛んで行く 愛の歌口ずさむ 僕等の未来込め  
いつまでも歌おう ララ みんなと手を取って  さぁ明るい明日へ
小さな手を離れ 今旅立つ時が来た さぁ飛んでけ ぼくのひこうき    

どこまでも行こうよ ララ みんなと手を取って  さぁ明るい明日へ
小さな手を離れ 今旅立つ時が来た さぁ飛んでけ ぼくのひこうき


蛍の光   作詞者 不詳   スコットランド民謡
蛍の光 窓の雪 書よむ月日 重ねつつ 
いつしか年も すぎの戸を あけてぞ今朝は 別れゆく

とまるも行くも 限りとて かたみに思う ちよろずの
心のはしを ひとことに さきくとばかり 歌うなり


牧場の朝
ただ一面に 立ち込めた 牧場の朝の 霧の海
ポプラ並木の うっすりと 黒いそこから 勇ましく 鐘が鳴るなる カンカンと

もう起きだした 小屋小屋の あたりに高い 人の声
霧に包まれ あちこちに 動く羊の 幾(いく)群れの 鈴が鳴るなる リンリンと

今さし昇る 日の影に 夢から覚めた 森や山
赤い光に 染められた 遠い野末に 牧童の 笛が鳴るなる ピイピイと


僕たちの失敗  
春の 木漏れ日の中で 君の 優しさに
埋もれていた僕は 弱虫だったんだよね

君と 話し疲れて いつか黙り込んだ
ストーブ代わりの電熱器 赤く燃えていた

地下の ジャズ喫茶 変われない僕たちがいた
悪い夢のように 時がなぜてゆく

僕が 一人になった 部屋に君の好きな
チャーリーパーカー見つけたよ 僕を忘れたかな

ダメに なった僕を見て 君もびっくりしただろう
あの子はまだ元気かい 昔の話だね

春の 木漏れ日の中で 君の優しさに
埋もれていた僕は 弱虫だったんだよね


星に祈りを  佐々木 勉 作詞/作曲
夜空の星に 祈りをささぐ そのこのやさしい 瞳のなかに 
よろこびの涙が あふれていた
生まれて初めて 知った恋を 求めて離さず ここまできた

遠くつらかった 二人の道よ ここは僕等の パラダイス 
愛しあう二人の いこいの園 
涙をふいて 笑顔をみせて あすの明るい 陽ざしをあびよう
若い二人の 行くてには 今日にもまさる よろこびがある


真夏の夜の夢
骨までとけるような テキーラみたいな キスをして
夜空もむせ返る 激しい ダンスを 踊りましょう   
わたし 遠い 夢は 待てなかった  
最後は もっと私を見て 燃えつくすように
さよなら ずうっと忘れないわ 今夜の 二人のこと

花火は舞い上がり スコールみたいに 降り注ぐ
キラキラ思い出が いつしか 終わって 消えるまで   
あなた の影 わたし だけの物よ   
最後は もっと抱いて抱いて 息もできぬほど
さよなら ずうっとアモーレアモーレ この世で あなた一人

踊る ライト まわる ダンスフロアー  
カリビアン ナイト もっと私を見て 燃えつくすように
さよなら ずうっと忘れないわ 今夜の 二人のこと
最後は もっと抱いて抱いて 息もできぬほど
さよなら ずうっとアモーレアモーレ この世で あなた一人

カリビアン ナイト ああ 更けてゆくわ 盛り上がるリズム
さよなら ずうっと忘れないわ 今夜の 二人のこと   カリビアン ナイト


岬めぐり   山上路夫 作詞   山本コウタロー 作曲
あなたがいつか 話してくれた 岬を 僕は 訪ねて来た
二人で行くと 約束したが 今では それも かなわないこと
岬めぐりの バスは走る 窓に 広がる 青い海よ 
悲しみ 深く 胸に 沈めたら この旅 終えて 街に帰ろう

幸せそうな 人々たちと 岬を まわる 一人で僕は
くだける波の あの激しさで あなたを もっと 愛したかった
岬めぐりの バスは 走る 僕は どうして 生きて行こう
悲しみ 深く 胸に 沈めたら この旅 終えて 街に帰ろう

岬めぐりの バスは走る 窓に 広がる 青い海よ
悲しみ 深く 胸に 沈めたら この旅 終えて 街に帰ろう


みかんの花咲く丘   加瀬省吾 作詞   海沼 実 作曲
みかんの花が 咲いている 思い出の道 丘の道
はるかに見える 青い海 お船がとおく かすんでる

黒い煙を はきながら お船はどこへ 行くのでしょう
波に揺られて 島のかげ 汽笛がボウと 鳴りました

いつか来た丘 母さんと いっしょにながめた あの島よ
今もひとりで 見ていると やさしい母さん 思われる


無縁坂   さだまさし 作詞/作曲
母がまだ 若い頃 僕の手をひいて 
この坂を 登るたび いつも ため息をついた
ため息つけば それで済む 後ろだけは 見ちゃだめと 
笑ってた 白い手は とても やわらかだった
運がいいとか 悪いとか 人は時々 口にするけど 
そういうことって たしかにあると あなたを見てて そう思う
忍ぶ忍ばず 無縁坂 かみしめるような ささやかな 僕の 母の 人生

いつかしら 僕よりも 母は小さくなった 
知らぬまに 白い手は とても 小さくなった
母はすべてを 暦にきざんで 流して来たんだろう
悲しさや 苦しさは きっと あったはずなのに 
運がいいとか 悪いとか 人は時々 口にするけど
巡る暦(こよみ)は 季節の中で 漂いながら 過ぎてゆく
忍ぶ忍ばず 無縁坂 かみしめるような ささやかな 僕の 母の 人生


村の鍛冶屋   文部省唱歌
しばしも 止(や)まずに 槌(つち)打つひびき 飛散る火の花 はしる湯玉
ふいごの風さえ 息をもつがず 仕事に精出す 村の鍛冶屋

あるじは名高き いっこく老爺(おやじ) 早起早寝の 病(やまい)知らず
鉄より竪(かた)しと ほこれる腕に 勝(まさ)りて堅きは 彼がこころ

刀はうたねど 大鎌小鎌 馬鍬(まぐわ)に 作鍬(さくぐわ) 鋤(すき)よ 鉈(なた)よ
平和のうち物 休まずうちて 日毎に戦う 懶惰(らんだ)の敵と

かせぐにおいつく 貧乏なくて 名物(めいぶつ) 鍛冶屋は 日々に繁昌(はんじょう)
あたりに類なき 仕事のほまれ 槌うつ響に まして高し


村祭   葛原しげる 作詞   南 能衛 作曲
村の鎮守(ちんじゅ)の 神様の 今日はめでたい お祭日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ ドンドンヒャララ ドンヒャララ 
朝から聞こえる 笛太鼓

年も豊年 満作で 村は総出の 大祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ ドンドンヒャララ ドンヒャララ 
夜まで賑う 宮の森 

稔(みのり)の秋に 神様の めぐみたたえる 村祭 
ドンドンヒャララ ドンヒャララ ドンドンヒャララ ドンヒャララ 
聞いても心が 勇み立つ


もずが枯木で   サトウ ハチロー 作詞   徳富 繁 作曲   小谷 肇 編曲
もずが枯木で 鳴いている おいらは藁(わら)を たたいてる
綿挽車(わらびきぐるま)は お婆さん コットン水車も まわってる

みんな去年と 同じだよ けれども たんねえもんがある
あんさの まきわる音がねえ バッサリ まきわる音がねえ

あんさは満州へ 行っただよ 鉄砲が涙で 光っただ
もずよ寒いと 鳴くがよい あんさは もっと寒いだろ     
もずよ寒いと 鳴くがよい あんさは もっと寒いだろ


紅葉(もみじ)   高野辰之 作詞   岡野貞一 作曲
秋の夕日に 照る山紅葉 こいもうすいも かずあるなかに
松をいろどる かえでやつたは 山のふもとの すそもよう

谷の流れに 散り浮く紅葉 波にゆられて はなれてよって
赤や黄いろの 色さまざまに 水の上にも 織る錦


木綿のハンカチーフ   松本 隆 作詞   筒美京平 作曲
恋人よ 僕は旅立つ 東へと 向かう 列車で
はなやいだ街で 君への贈りもの 探す 探すつもりだ
いいえ あなた 私は 欲しいものは ないのよ 
ただ 都会の絵の具に 染まらないで 帰って 染まらないで 帰って

恋人よ 半年が過ぎ 逢えないが 泣かないでくれ
都会で流行りの 指輪を送るよ 君に 君に似合うはずだ
いいえ 星の ダイヤも 海に眠る 真珠も 
きっと あなたのキスほど きらめくはず ないもの きらめくはず ないもの

恋人よ いまも素顔で 口紅も つけない ままか
見間違えるような スーツ着た僕の 写真 写真を 見てくれ
いいえ 草に 寝ころぶ あなたが 好きだったの 
でも 木枯らしのビル街 体に気を つけてね 体に気を つけてね

恋人よ 君を忘れて 変わってく 僕を 許して
毎日愉快に 過ごす街角 僕は 僕は 帰れない
あなた 最後の わがまま 贈りものを ねだるわ 
ねえ 涙拭く木綿の ハンカチーフ ください ハンカチーフ ください


森の水車   清水みのる 作詞   米山正夫 作曲
緑の森の 彼方から 陽気な唄が 聞こえましょう
あれは水車の 廻る音 耳を澄まして おききなさい
コトコト コットン コトコト コットン ファミレド  シドレミファ
コトコト コットン コトコト コットン 仕事に励みなさい
コトコト コットン コトコト コットン 何時(いつ)の日か 楽しい春が やってくる

雨の降る日も 風の夜も 森の水車は 休みなく
粉挽臼(こなひきうす)の 拍子取り 愉快な唄を つづけます
コトコト コットン コトコト コットン ファミレド シドレミファ
コトコト コットン コトコト コットン 仕事に励みましょう
コトコト コットン コトコト コットン 何時の日か 楽しい春が やってくる

もしもあなたが 怠けたり 遊んでいたく なったとき
森の水車の うた声を 独りしずかに おききなさい
コトコト コットン コトコト コットン ファミレド シドレミファ
コトコト コットン コトコト コットン 仕事に励みましょう
コトコト コットン コトコト コットン 何時の日か 楽しい春が やってくる


山小舎の灯(ともしび)   米山正夫 作詞/作曲
たそがれの灯は ほのかに点(とも)りて 
懐かしき山小舎は ふもとの小径よ
想い出の窓に寄り 君をしのべば 
風は過ぎし日の 歌をばささやくよ

暮れ行くは白馬(しろうま)か 穂高はあかねよ 
樺(かば)の木のほの白き 影も薄れ行く
寂しさに君呼べど わが声空しく 
はるか谷間より こだまは帰り来る

山小舎の灯は 今宵も点りて 
一人聞くせせらぎも 静かにふけゆく
憧れは若き日の 夢をのせて 
夕べ星のごと み空に群れとぶよ


焼小焼   中村雨紅 作詞   草川 信 作曲
夕焼小焼で 日が暮れて 山のお寺の 鐘がなる
お手々つないで みな帰ろう からすといっしょに 帰りましょう

子供が帰った 後からは まるい大きな お月さま
小鳥が夢を 見るころは 空にはきらきら 金の星


雪   文部省唱歌
雪やこんこ 霰(あられ)やこんこ 降っては 降っては ずんずん 積る
山も野原も 綿帽子かぶり 枯木残らず 花が咲く 

雪やこんこ 霰やこんこ 降っても 降っても まだ降り やまぬ
犬は喜び 庭駆けまわり 猫はこたつで 丸くなる


雪の降る街を   内村直也 作詞   中田喜直 作曲
雪の降る街を 雪の降る街を 想い出だけが 通りすぎてゆく
雪の降る街を 遠い国からおちてくる 
この想い出を この想い出を いつの日か包まん
あたたかき 幸福の ほほえみ

雪の降る街を 雪の降る街を 足おとだけが 追いかけてゆく
雪の降る街を 一人心に満ちてくる 
この哀しみを この哀しみを いつの日か解(ほぐ)さん
緑なす 春の日の そよかぜ

雪の降る街を 雪の降る街を 息吹(いぶき)とともに こみあげてくる
雪の降る街を だれも分からぬわが心 
この空しさを この空しさを いつの日か祈らん
新しき 光ふる 鐘の音


陽気に生きようこの人生をさ
やけに 寂しそうな 顔をしてるじゃないか
僕たちの人生って そんなはずじゃないぜ
たとえ きょうが 寂しすぎても 涙を 拭こうよ 明日のためにさ
夢が夢があるから 歌おうじゃないか もっともっと陽気にさ 僕たちの人生をさ
夢が夢があるから 歌おうじゃないか もっともっと陽気にさ 僕たちの人生をさ

やけに しょぼくれた 顔をしてるじゃないか
僕たちの人生って そんなはずじゃないぜ
たとえ 一人で しょぼくれたって 僕らの 人生 変わりはしないさ
夢が夢があるから 歌おうじゃないか もっともっと陽気にさ 僕たちの人生をさ
夢が夢があるから 歌おうじゃないか もっともっと陽気にさ 僕たちの人生をさ

やけに むなしそうな 顔をしてるじゃないか
僕たちの人生って そんなはずじゃないぜ
たとえ 今が 闇の中でも 陽気に 生きよう この人生をさ
夢が夢があるから 歌おうじゃないか もっともっと陽気にさ 僕たちの人生をさ
夢が夢があるから 歌おうじゃないか もっともっと陽気にさ 僕たちの人生をさ


わかって下さい   因幡 晃 作詞/作曲
貴方の愛した 人の名前は あの夏の日と共に 忘れたでしょう
いつも言われた 二人の影には 愛がみえると

忘れたつもりでも 思い出すのね 町で貴方に似た 人を見かけると
ふりむいてしまう 悲しいけれど そこには愛は見えない
これから 淋しい秋です ときおり 手紙を書きます
涙で文字が にじんでいたなら わかって下さい

私の二十才の お祝いにくれた 金の指輪は 今も光っています
二人でそろえた 黄色いティーカップ 今もあるかしら
これから 淋しい秋です ときおり 手紙を書きます
涙で文字が 滲んでいたなら わかって下さい    
涙で文字が 滲んでいたなら わかって下さい


我は海の子   宮原晃一郎 作詞   作曲者不詳
我は海の子 白浪(しらなみ)の さわぐいそべの 松原に
煙りたなびく とまやこそ わがなつかしき 住家なれ

生れて潮に 浴(ゆあみ)して 浪を子守の 歌と聞き
千里寄せくる 海の気を 吸いてわらべと なりにけり

高く鼻つく いその香に 不断の花の かおりあり
なぎさの松に 吹く風を いみじき楽(がく)と 我は聞く

丈余(じょうよ)の ろかい 操(あやつ)りて 行く 手定めぬ 波まくら
百尋千尋(ももひろちひろ) 海の底 遊びなれたる 庭ひろし        

我は海の子 白浪(しらなみ)の さわぐいそべの 松原に
煙りたなびく とまやこそ わがなつかしき 住家なれ

日本語のポップス・映画曲          (ページトップに戻る)

愛が止まらない・ターン イッツ イントゥー ラブ
カー レジオ 流れる 切なすぎるバラードが 友達のライン 壊したの
きらめく星座が 二人を無口にさせてく
重なり合った眼の
甘い罠 ジャストゥ
心ごと 止まらない もう あなたにドラマ始まっている
ジン
ジン ジン 感じてる

彼女のことなら 初めから百も承知よ なのに今夜なぜ 素直なの
走り出した愛に 理性のバリアは利かない
ルームライトを消す
指が震え ジャストゥ
いとしくて 止まらない もう あなたに微熱奪われている
フラ
フラ フラ 乱れてる ジャストゥ

もう 止まらない   感じてる   もう 止まらない   乱れてる

街の輪郭が 葡萄色に変わるまでに
あなたに本気を
映したい ジャストゥ
心ごと 止まらない もう あなたにドラマ始まっている
ジン
ジン ジン 感じてる ジャストゥ

いとしくて 止まらない もう あなたに微熱奪われている
フラ
フラ フラ 乱れてる ジャストゥ

心ごと 止まらない もう あなたにドラマ始まっている
ジン
ジン ジン 感じてる


愛は花 君はその種子(たね)・The rose
優しさを 押し流す それは川  
魂を切り裂く
それはナイフ
とめどない 渇きが 愛だというけれど  
愛は花
生命(いのち)の花 君は その種子(たね)

くじけるのを 恐れて 踊らない 君の心  
醒めるのを
恐れて チャンス逃す 君の夢
奪われるのが 嫌さに 与えない心  
死ぬのを
恐れて 生きる ことが出来ない

長い夜 ただ一人 遠い道 ただ一人  
愛なんて
来やしない そう 思うときには
思い出して ごらん 雪に埋もれていても  
種子(たね)は春
お日様の 愛で 花開く


アイム ビリーバー
おとぎ話の中だけさ 本当の恋なんて
愛は決まって 僕をさけて 通り過ぎて行くよ
君を見た  その瞬間に  僕は  恋をした    アイム イン ラブ
アイム ビリーバー  嘘じゃない  ほんとさ

どうやって君に声を かけたらいいのか
僕は信じる
恋が今 僕にも来たことを
君を見た  その瞬間に  僕は  恋をした アイム イン ラブ
アイム ビリーバー  嘘じゃない  ほんとさ


Oh  僕は信じる 恋が今 僕にも来たことを
君を見た  その瞬間に  僕は  恋をした アイム イン ラブ
アイム ビリーバー  嘘じゃない  ほんとさ


君を見た ナウ アイム ビリーバー  僕に テル イン マイ マインド
Oh アイム ビリーバー イエイ イエイ イエイ イエイ イエイ・・・
アイム ビリーバー イエイ     アイム ビリーバー   F.O


愛さずにいられない・アイ キャント ストップ ラヴィン ユー
アイ キャント ストップ ラヴィン ユー
愛さずに
いられない いつまでも
アイ キャント ストップ ウォンティング ユー
求めずに
いられない いつまでも

こころの
痛みは 時と共に 消え去る  
誰かが
言ってたけど 僕の時は 止まったまま

アイ キャント ストップ ラヴィン ユー
愛さずに
いられない いつまでも
アイ キャント ストップ ウォンティング ユー
求めずに
いられない いつまでも


ただ一人 僕には 君だけが 愛おしい  
想うは
あの頃の 真実の 愛の日々

アイ キャント ストップ ラヴィン ユー
愛さずに
いられない いつまでも
アイ キャント ストップ ウォンティング ユー
求めずに
いられない いつまでも


愛の聖書・ナッシング トゥ ハイドゥ
何も   隠し事はない   愛は 真実
すべて   あなただけが全て   欲しいものは   真実の愛

空を   見上げて誓うの   愛は   真実
いつか   心の底から   愛せる人を    してたの

あなた    私はあなたに    なにも   秘密はない
すべて   心の奥まで   あなたになら   見せられるわ
すべて   心の奥まで   あなたになら   見せられるわ   
あなたになら
   見せられるわ


愛のファンタジー・リアリティー(ラ ブーム)
柔らかな  風の中  巡り合う 二人   
唇が
触れ合えば  まぶしく揺れる街
不思議なものさ  恋はいつも ファンタジー  
少し背伸びして
 甘い香り  赤いバラになる
愛することは  春の嵐  ファンタジー   
夢の向こうまで
君と歩く  限りない  ファンタジー

誘われて  さらわれて  迷い道 二人   
石畳
 濡らす雨  心に忍び込む
不思議なものさ  恋は時に  ファンタジー   
胸をかきむしり
 嘆くことが  明日に続くのか
愛することは  涙色の  ファンタジー   
虹のかなたには
 君の好きな  美しい世界

メッチュー バイ サプライズ   アイ ディドゥントゥ リアライズ
ザッツ マイ ライフ ウッドゥ チェンジ  フォ エバー
テル ミー ザッツ イッツ トゥルー   フィーリン ザッツ アー ニュー 
アイ フィール サムスィング スペシャル  アバウチュー

ドゥリームス アー マイ リアリティー 
ワンダラス ワールド ウェア アイ ライク トゥ ビー 
イリュージョンズ アー   コモン スィング   
アイ
トゥライ トゥ リイキン ドゥリームス
オールゾー イッツ オンリー ファンタジー

ドゥリームス アー マイ リアリティー 
アイ
ライク トゥ ドゥリーム オブ ユー クロス トゥ ミー
アイ ドゥリーム オブ ラビング イン ナイトゥ
アンドゥ ラビング ユー スィームズ ライトゥ  
パハップス ザッツ マイ リアリティー


赤い河の谷間     小林幹治作詞・アメリカ民謡
サボテンの花咲いてる 砂と岩の西部
夜空に星がひかり
おおかみ鳴く西部

赤い河の谷間よ きりたつ岩山よ
昼なお暗い森よ
通る人もたえて

牛の声はみどりの 草はらのかなたへ
高く低く流れる
赤い河の谷間  赤い河の谷間


朝日のあたる家
朝日の あたる  家が ある  
暗い
ニューオリンズの  片隅に

身を 持ち崩した  者達の 吹き溜まり  
神よ
知っているさ 俺も  俺も その一人

野良犬の ように  路地を さまよい歩き  
腹を
すかして うずくまる  ろくでなし

俺の ように  なるんじゃない  
悪いことは
何もかも 世間の  せいにして

酒に 飲まれ おぼれ  世の中を うらみ  
愚痴る
ばかりの  愚か者

朝日の あたる  家が ある 
暗いニューオリンズの
  片隅に

朝日の あたる  家が ある  
身を
持ち崩した者の 吹き 溜まり


アニーローリー    スコットランド民謡
露に濡れている  やさし緑  朝の風さやか  ほほに渡る
花の言葉  風に流し  はるかなアニーローリー  今も送る

春の匂いする  雲は低く  窓の静けさは  雨の調べ
歌の翼  心こめて  はるかなアニーローリー  今も歌う

空の月の影  木々も香り  夜の静けさに  君もなげく
哀しきむかし  忘れられぬ  はるかなアニーローリー  今も思う


アメイジング グレイス
アメイジング グレイス 神の恵みは こんな 私さえ救った
罪を 重ねた 私なのに 神は 許して くれた

道を踏み外した むかし 私の 罪は重い
闇の 中を 迷っていた 真実が 見える

人の心に 忍び込む 邪悪な 誘惑がある
私は二度と 罠には落ちぬ あなたと 共に 生きる

アメイジング グレイス 時が 過ぎて 召される その日 来ても
人を 愛し 罪を 憎み あなたを 称え 歌う


雨を見たかい?・ハブ ユー エバー スィーン レイン?
君は知ってるかい? 嵐がやってくる  前の 不思議な 静けさを
誰かが 言っていた 突然 降りそそぐ 青い 空を赤く染めて
アイ ワナ ノウ 雨が降るように 
アイ
ワナ ノウ すべてを焼き尽くす 炎の 雨を

熱く 冷たく 遅く 早く 雨は 広がりながら
頭の上から あたり一面に 雨が 真っ赤な雨が降る 
アイ ワナ ノウ 雨が降るように 
アイ
ワナ ノウ すべてを焼き尽くす 炎の 雨を


アイ ワナ ノウ 雨が降るように 
アイ
ワナ ノウ すべてを焼き尽くす 炎の 雨を


ある愛の詩・ラブ ストーリー
海よりも 美しい愛があるのを 教えてくれたのはあなた
この深い愛を私は
歌うの
いつかしら 最初に声かけてくれた あの時あなたは私の
世界に光と命を
与えた
大きな その不思議な 力で 心満たし 愛してくれるの
私はもう 怖くない あなたのいる方へ 手を出せば 届くから

もう何も この世で欲しい物はない 美しい愛は続くの
星が夜空に燃え尽きる
時まで

もう何も この世で欲しい物はない 美しい愛は続くの
星が夜空に燃え尽きる
時まで


イエロー リバー
この日を待っていた 荷物をまとめたら
ここからおさらばして
トゥ イエローリバー
戦いにはもう飽き飽きだ 拳銃ももういらない
俺の帰る場所へ
トゥ イエローリバー
イエローリバー イエローリバー 俺は生きて戻ってきた
イエローリバー イエローリバー ここが俺の居るべき場所
話したいことはいっぱい だけど 忘れたいこともいっぱい イエローリバー

耳に焼き付いている 大砲の嫌な音を
忘れさせてくれよ
イエローリバー
むかしお前のそばで 見かけたかわいい娘(こ)は
今でも元気で居るかい?
イエローリバー
イエローリバー イエローリバー 俺は生きて戻ってきた
イエローリバー イエローリバー 月の下で眠りたい
話したいことはいっぱい だけど 忘れたいこともいっぱい イエローリバー

イエローリバー イエローリバー 俺は生きて戻ってきた
イエローリバー イエローリバー 月の下で眠りたい
イエローリバー イエローリバー 俺は生きて戻ってきた
イエローリバー イエローリバー 月の下で眠りたい


イマジン
良く見てほしい 地球上には    国境なんか 無かったはず
すべての 人々に 陽は輝く ハァーーー

青い空にも 青い海にも   境なんか 見えやしない
すべての 人々に 陽は輝く フウーーー
平和に生きる それだけが望み 平和以外に 何を求める

欲張らないで 憎まないで 手を取り合って 暮らしてゆこう
すべての 人々に 陽は輝く フウーーー
平和に生きる それだけが望み 平和以外に 何を求める


ウィー アー ワールド
誰かが 助けを呼んでいる 君にも きっと 聞こえたはず
死にかけている 人々の声が 今も 聞こえるはず

ごまかす 事は もうできない 何かを しなければ 何かを
ほかの誰かを 待っていないで 自分の この手を 差し出そう

ウィー アー ワールド  ウィー アー チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ
立ち上がる その時

どこにも 逃げる場所もない 暴力と 飢えに 囲まれて
死にかけている 人々の叫びが 君にも 聞こえるはず    

ウィー アー ワールド  ウィー アー チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ
立ち上がる その時


絶望の 壁は高く 希望の 光が見えない
そんな時でも 諦めないで 力を合わせて 立ち向かう    

ウィー
アー ワールド  ウィー アー チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ
立ち上がる その時            

ウィー アー ザ ワールド  ウィー アー ザ チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ 立ち上がる その時


ウィー アー ザ ワールド  ウィー アー ザ チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ 立ち上がる その時

ウィー アー ザ ワールド  ウィー アー ザ チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ 立ち上がる その時


ウィー アー ザ ワールド  ウィー アー ザ チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ 立ち上がる その時

ウィー アー ザ ワールド  ウィー アー ザ チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ 立ち上がる その時

ウィー アー ザ ワールド  ウィー アー ザ チルドレン
彼らに届けよう 救いの手を 知らぬふりは もうできない
今こそ 立ち上がる その時



エーデルワイス
エーデルワイス エーデルワイス ま白き花よ
清く
光る 雪に咲く花
香れ 朝の風に 永久に咲けと
エーデルワイス
エーデルワイス 祖国の花よ

エーデルワイス エーデルワイス 小さな花よ
露に
揺れる 幸せの花   
香れ 朝の風に 永久に咲けと
エーデルワイス
エーデルワイス 祖国の花よ


エデンの東
君と二人 空のかなたに 変わらぬ愛を 結んでみたい
この世の悲しみは
美しいさだめ
君と二人 肩を寄せ合い 探しに行こう 幸せの町

愛の言葉 僕は知らない 心で知る 愛の力
この世の苦しみは
美しいさだめ
君と二人 肩を寄せ合い 探しに行こう 幸せの町


大きな古時計   保富康午作詞・ワーク作曲
おおきなのっぽの古時計 おじいさんの時計 
百年いつも動いていた ご自慢の時計さ

おじいさんの 生れた朝に 買ってきた時計さ 
いまは もう動かない その時計

百年 休まずに チク タク チク タク 
おじいさんと いっしょに チク タク チク タク

いまは もう動かない その時計

何でも知ってる 古時計 おじいさんの時計 
きれいな花嫁やってきた その日も動いてた

うれしいことも 悲しいことも みな知ってる 時計さ 
いまは もう動かない その時計

百年 休まずに チク タク チク タク 
おじいさんと いっしょに チク タク チク タク

いまは もう動かない その時計


真夜中にベルがなった おじいさんの時計 
お別れの時がきたのを みなにおしえたのさ

天国へのぼる おじいさん 時計とも お別れ 
いまは もう動かない その時計

百年 休まずに チク タク チク タク 
おじいさんと いっしょに チク タク チク タク

いまは もう動かない その時計



おおスザンナ   津川主一訳詞・フォスター作曲
私ゃアラバマから ルイジアナへ バンジョウを持って 出掛けたところです
降るかと思えば 日照(ひで)り続き 旅はつらいけど 泣くのじゃない
おおスザンナ 泣くのじゃない バンジョウを持って 出掛けたところです

船に乗り込んで 川を下り さまざまなことに 出会いました
ときには死ぬような 思いをして 息をこらしたり 立ちすくんだり
おおスザンナ 泣くのじゃない バンジョウを持って 出掛けたところです

けれど静かな夜 夢の中に 幾度(いくたび)スザンナを 見たことだろう
丘をおりて来る あのスザンナに 南から来たと 私は言う
おおスザンナ 泣くのじゃない バンジョウを持って 出掛けたところです

やがてルイジアナへ 着く日が来る そしたらスザンナに すぐに会える
けれどもしかして 会えなかったら 生きてるつもりは 少しもない
おおスザンナ 泣くのじゃない バンジョウを持って 出掛けたところです 
おおスザンナ 泣くのじゃない バンジョウを持って 出掛けたところです



おおブレネリ   松田稔作詞・スイス民謡
おおブレネリ あなたのおうちはどこ 
わたしのおうちは スイッツランドよ

きれいな湖水(こすい)の ほとりなのよ 
ヤッホー ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホ ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 

ヤッホー ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホ ホトゥラララ ヤッホホ


おおブレネリ あなたの仕事はなに 
わたしの仕事は 羊飼(か)いよ

おおかみ出るので こわいのよ 
ヤッホー ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホ ホトゥラララ
ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホー ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホ ホトゥラララ ヤッホホ


おおブレネリ あなたの心はどこ 
わたしの心は 山のかなた

なつかしふるさと スイッツランドよ
ヤッホー ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホ ホトゥラララ
ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホー ホトゥラララ ヤッホ ホトゥラララ 
ヤッホ ホトゥラララ ヤッホホ



思い出のサンフランシスコ
思い出すのは あの日の夢 風に揺れて 散って行った
二人の はかない 恋のすがたよ しあわせ いつ この胸に

思い出の サンフランシスコ あなたと 二人で
固くいだきあい 口づけした 悲しい 別れの 丘よ
思い出の サンフランシスコ わたしの 心は
今日も 一人 淋しく あなたを 恋したう

思い出の サンフランシスコ わたしの 心は
今日も 一人 淋しく あなたを 恋したう


オルフェノ歌
夢覚めて あおぐ この 朝の  バラ色した 花の露が 真珠のように 輝く
苦しみを のがれ この 春の 空に  新しい 天国が 開ける
歌え恋を めぐる朝の 陽の光の 中で
           

苦しみを のがれ この 春の 空に  新しい 天国が 開ける
歌え恋を めぐる朝の 陽の光の 中で



カウボーイの夢
夕べの空を見た 牧場に寝ころび  僕らの行く末を 星にうらなった
ローン ローン ローン ローン 風が吹いてきて  ローン ローン ローン ローン 星が流れゆく

幸せの道には 茨が生えている  明るいともしびは 地獄へのランプ  
ローン ローン ローン ローン 風が吹いてきて  ローン ローン ローン ローン 星が流れゆく

あの暗闇の中 悲しみに泣いた  帰らぬ仲間たち 夕空にうかぶ  
ローン ローン ローン ローン 風が吹いてきて  ローン ローン ローン ローン 星が流れゆく



カサブランカ
抱きしめると いつも君は 洗った髪の 香りがした
まるで若すぎた 季節の香りさ 結ばれると 信じてた

セピア色した 映画が好き 優しくて悲しい 愛があるから
スクリーン見つめて 濡れた そのほほを 僕の肩に 押し当てていたね

オォォ キッス イズ スティル キッス   イン カサブランカ
バッツァ キッス イズ ナッタ キス  ウィザウトゥ サイ
プリーズ カンバック トゥ ミー  イン カサブランカ
アイ ラブ ユー モア アン モア イーチ デイ   アズ タイム ゴーズ バイ


大人の恋を したと聞いた 新しい名前に なったと聞いたよ
でも僕の心の スクリーンの中 君がはしゃぎ 君が泣いている
オォォ キッス イズ スティルキッス   イン カサブランカ
バッツァ キッス イズ ナッタ キス  ウィザウトゥサイ
プリーズ カンバック トゥ ミー  イン カサブランカ
アイ ラブ ユー モア アン モア イーチ デイ   アズ タイム ゴーズ バイ


オォォ キッス イズ スティルキッス   イン カサブランカ
バッツァ キッス イズ ナッタ キス  ウィザウトゥサイ
プリーズ カンバック トゥ ミー  イン カサブランカ
アイ ラブ ユー モア アン モア イーチ デイ   アズ タイム ゴーズ バイ

アイ ラブ ユー モア アン  モア イーチ デイ            アズ タイム ゴーズ バイ


悲しき雨音
降りしきる雨のリズム 囁くよ僕に
なんて君は愚かなのか
雨が囁く
想いを寄せた彼女に 君は捨てられた
もう二度と戻らないと
雨が囁く
僕の心は空っぽ こんな気持ちがいつまで
続いて行くのか 雨よ 教えて
想いを寄せた彼女に 君は捨てられた
もう二度と戻らないと
雨が囁く

彼女に伝えておくれ 君なしじゃ生きられない
切ない僕の想いを
伝えて
降りしきる雨のリズム 囁くよ僕に
なんて君は愚かなのか
雨が囁く
オー リッスン トゥ フォーリン レイン

ピタパタ ピタパター ウォォ
リッスン
リッスン トゥ フォーリン レイン


ピタパタ ピタパター ウォォ
リッスン
リッスン トゥ フォーリン レイン
    F.o


悲しき片思い
ウォーウ ウォウオ オイェイ イイェイエ    
ウォーウ
ウォウオ オイェイ イェイエ

こんな気持ちが どんなに 淋しい物か
あの人だけに
もっと分かって 欲しいの
小さな胸が ドキドキ 痛くなるのも
あの人だけが
きっと治せる はずの物なの

誰かが 私に 話しかけても 少しも 嬉しくないの
こんな気持ちが いつまで 続くのかしら
誰かあの人 だけに教えて きて欲しいの

誰かが 私に 話しかけても 少しも 嬉しくないの
こんな気持ちが いつまで 続くのかしら
誰かあの人
だけに教えて きて 欲しいの

ウォーウ ウォウオ オイェイ イイェイエ    
ウォーウ
ウォウオ オイェイ イェイエ


カレンダー ガール
アイ ラブ ラブ ラブ マイ カレンダーガール
イェーイ
スィート カレンダー ガール
アイ ラブ ラブ ラブ マイ カレンダーガール とっても幸せ


春の日 二人ドライブ 夏の日 ビキニスタイル
秋の日 枯葉とデュエット 冬の日 楽しいクリスマス
イェーイ イェーイ そうなのよ だから私は カレンダーガール
エブリデイ
エブリデイ いつも

ごきげん春のピクニック 一緒に夏は山へ
二人は秋には喧嘩した
静かな冬はお部屋で
イェーイ イェーイ そうなのよ だから私は カレンダーガール
エブリデイ
エブリデイ いつも

イェーイ イェーイ そうなのよ だから私は カレンダーガール
エブリデイ
エブリデイ いつも
あなたと毎日デイト 何をするのも一緒よ   
泣いて笑っておあいこ
それで二人は幸せ 
イェーイ イェーイ そうなのよ だから私は カレンダーガール
エブリデイ
エブリデイ いつも

アイ ラブ ラブ ラブ マイ カレンダーガール
イェーイ
スィート カレンダー ガール
アイ ラブ ラブ ラブ マイ カレンダーガール とっても幸せ



かわいいベイビー  
かわいいベイビー ハイハイ  かわいいベイビー ハイハイ
かわいいベイビー と呼びのは 愛している からかしら
プリティ リトル ベイビー かわいいベイビーーー
小鳥たちの 歌う声 愛の歌に 聞こえるの
プリティ
リトル ベイビー 素敵なベイビーーー
恋をするって素敵じゃない 若いこの日を 二人で過ごしましょう
いついつまでも
wo wo wo
今すぐあって そして言って 忘れられぬ あの言葉
プリティ
リトル ベイビー 私のベイビー

恋をするって素敵じゃない 若いこの日をーー
二人で過ごしましょう いついつまでも wo wo wo
今すぐあって そして言って 忘れられぬ あの言葉
プリティ
リトル ベイビー 私のベイビー
プリティ リトル ベイビー ハイハイ   
プリティ
リトル ベイビー ハイハイ       Fo


ギブ ミー アップ・Give me up
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------ 
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------

これこそが愛と 信じていた二人の  
時計の針は
壊れたまま動かない
ほんの少し夢見て 愛したつもりでいたの  
私を引き留める
ことはもうできない
(※を繰り返す)

今の私には 二人の愛が見える 
それは色あせて
しおれて枯れた花びら
難しい話はしないで 私をもてあそばないで  
甘い言葉は私じゃなく
他の人にささやいて
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------ 
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------


ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------ 
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------


ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------ 
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------


間奏

ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------ 
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------

ギブ
ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------ 
ギブ ミー アップ oh------  ギブ ミー アップ oh------



キサナドゥーの伝説
ヨール ヒア マイ ボイス  オン ウィンドゥ クロス サンドゥ
イーフ ユー シュッドゥ リタァーン 連れて行こう はるかな キサナドゥー
コース ウィザウトゥ ホープ  ワズ ラブ ザットゥ アイ ソウトゥ
ロストゥ フロム スタートゥ  砂漠に眠る花園 キサナドゥー


あなたと二人で 愛だけに燃えて暮らしたい
愛する者だけが行ける国なのさ
いつかは
なにも いらない 愛が キサナドゥー キサナドゥー キサナドゥ

キサナドゥー キサナドゥー キサナドゥ   

ヨール ヒア マイ ボイス  オン ウィンドゥ クロス サンドゥ
イーフ ユー シュッドゥ リタァーン 連れて行こう はるかな キサナドゥー
コース ウィザウトゥ ホープ  ワズ ラブ ザットゥ アイ ソウトゥ
ロストゥ フロム スタートゥ  砂漠に眠る花園 キサナドゥー

キサナドゥー キサナドゥー キサナドゥー キサナドゥ


君は僕の太陽だ・ユー アー マイ サンシャイン
ある夜の 夢の中 君を抱きしめて
口づけを
交わす時 夢から覚めた
ユー アー マイ サンシャイン マイ オンリー サンシャイン
ユー メイク ミー ハピー ウェン スカイズ アー グレイ
ユール ネバー ノウ ディアー ハウマッチ アイ ラブ ユー
プリーズ ドント テイク マイ サンシャイン アウェーイ


いつだって 君だけを 愛し続けると
君だけを
幸せに すると誓うよ   
ユー アー マイ サンシャイン マイ オンリー サンシャイン
ユー メイク ミー ハピー ウェン スカイズ アー グレイ
ユール ネバー ノウ ディアー ハウマッチ アイ ラブ ユー
プリーズ ドント テイク マイ サンシャイン アウェーイ


君は言った 僕のこと 愛しているよと
それなのに
今君は どこにいるのか
ユー アー マイ サンシャイン マイ オンリー サンシャイン
ユー メイク ミー ハピー ウェン スカイズ アー グレイ
ユール ネバー ノウ ディアー ハウマッチ アイ ラブ ユー
プリーズ ドント テイク マイ サンシャイン アウェーイ

ユー アー マイ サンシャイン マイ オンリー サンシャイン
ユー メイク ミー ハピー ウェン スカイズ アー グレイ
ユール ネバー ノウ ディアー ハウマッチ アイ ラブ ユー
プリーズ ドント テイク マイ サンシャイン アウェーイ



グリーン グリーン グラス オブ ホーム   
いなかに 帰り 汽車から 降りる  ホームで待ってる ママとパパ
ブロンドの髪なびかせ 君が走り来る
懐かしい
グリーン グリーン グラス オブ ホーム
親戚や友達も  迎えに来ている
懐かしい
グリーン グリーン グラス オブ ホーム

今でも 変わらぬ 暖かな 我が家 むかし遊んだ樫の木よ
ふるさとの風に吹かれ 君を抱きしめる
懐かしい
グリーン グリーン グラス オブ ホーム

ふと目が 覚めて 周りを見た そうか夢を見ていただけか
夜が明けると 俺と牧師 階段を上る そして帰る
グリーン グリーン グラス オブ ホーム
あの樫の木の下に 俺は横たわる
懐かしい
グリーン グリーン グラス オブ ホーム


グリーン フィールズ
陽の沈む あの丘 谷川の 清き流れ
青い空に雲浮かび
恋の花も咲き残る
二人の思い出 オオ グリーフィールズ

沈む陽よ さよなら谷間の流れに沿いて
北風とともに
去りし 我が愛しの 恋人よ
二人の思い出 オオ グリーフィールズ

何ゆえ 去りにし君 空は曇りて 日も暗く
ただ一人
淋しさに 君求め さまよう
陽の沈む あの丘 谷川の 清き流れ
青い空に雲浮かび
恋の花も咲き残る
二人の思い出 オオ グリーフィールズ


ケセラセラ
私の小さい時 ママに聞きました
美しい 娘に なれるでしょうか

ケセラセラ なるようになるわ  
先のことなど 判らない
  判らない

大人になってから あの人に聞きました
毎日が 幸せに なれるでしょうか

ケセラセラ なるようになるわ  
先のことなど 判らない
  判らない

子供が できたら そのベビーが 聞きます
美しい 娘に なれるでしょうか

ケセラセラ なるようになるわ  
先のことなど 判らない ケセラセラ 

ケセラ
セラ


恋のサバイバル
どうすれば いいのか あなたなしでは生きて行けない
突然のわかれ むごい仕打ちね あなたを 信じていたのに
私には あなたが 人生のすべて 支えだったの
いつから別れを 考えていたの
わかったわ
あなたなんか 出てってよ

ゴーウンナウゴー
さよなら どこへでも 消えるがいい
私は一人生きてゆく 一人で 生き抜いて見せる
行きなよ あなたなど もう二度と 顔さえ 見たくない
幸せになるわ なって見せるわ さよなら さよなら ヘイヘイ


いつかあなたが 戻って 私のドアを 叩いたなら
入れてあげるわ 思い出の部屋に そして私はあなたを 見下ろすの
許しの 言葉は もう私の耳には届かない
それだけの仕打ち あなたはしたのよ
だから
すがり付かないで 出てってよ

ゴーウンナウゴー さよなら どこへでも 消えるがいい
私は一人生きてゆく 一人で 生き抜いて見せる
行きなよ あなたなど もう二度と 顔さえ 見たくない
幸せになるわ なって見せるわ さよなら さよなら ・・・・・

ゴーウンナウゴー
さよなら どこへでも 消えるがいい
私は一人生きてゆく 一人で 生き抜いて見せる
行きなよ あなたなど もう二度と 顔さえ 見たくない
幸せになるわ なって見せるわ さよなら さよなら ヘイヘイ



ゴッドファーザー・愛のテーマ
広い世界の片隅に やがて二人の朝が来る
溢れる 光が ほほの涙を映し出す  愛する 心に 言葉は いらない
どうぞ一人で泣かないで 忘れかけてる哀しみを
窓から 逃がして そっと二人で見送ろう

長い歴史の一コマに やがて二人の鐘がなる
名もない
小鳥が 声の限りに歌いだす 愛する 心に 言葉は いらない
どうぞどこにも行かないで 側に来ている幸せに
両手を
伸ばして そっと二人で育てよう


この胸のときめきを    エルビス プレスリー 
いつも あなたの 偽りのない 愛を求めて 手を伸ばすの
いつも 優しく ほほ笑み浮かべ 愛の言葉を 囁くけど
あなたの瞳のその奥に 不安の光が揺れている 
信じて 信じて この愛を 私の 全てを

一人 ぼっちに させはしないで 信じさせてよ 離れないと
あなたの瞳のその奥に 不安の光が揺れている 
ビリーブミー
  ビリーブミー

あなたの瞳のその奥に 不安の光が揺れている 
ビリーブミー
ビリーブミー ビリーブミー


コパ バーナ    バリー マニロー
踊れローラ ステージで 金色の羽飾り揺らして
身を焦がし 踊れチャチャ 今にスターへの階段を上るのさ ローラ
彼も見てる 知ってるさ彼はトニー
アット コパ コパカバーナ 情熱のハバナ 
アット コパ コパカバーナ 朝まで眠らない店
アット
コパ   ゼイ フェーリン ラブ


ある夜に  飲み過ぎた  見知らぬ野郎が  ローラ君に
手を出した  それを見た  トニーは怒り  突然彼に  殴りかかった
そして  バンバン  銃声が  鳴り響いた   
アット コパ コパカバーナ 情熱のハバナ 
アット コパ コパカバーナ 朝まで眠らない店
アット
コパ   
シー ロスト ハー ラブ

名前はローラ 彼女ダンサー だけどそれはもう 昔のこと
今はローラ 色あせた 羽飾りを付け 寂しく一人で酒を飲む
うつろな日々 若さも彼もなくし 踊る   
アット コパ コパカバーナ 情熱のハバナ 
アット コパ コパカバーナ 朝まで眠らない店
アット
コパ  
ドン フォーリン ラブ

アット コパ コパカバーナ 情熱のハバナ 
アット コパ コパカバーナ 朝まで眠らない店
アット
コパ   
ドン フォーリン ラブ
ドン フォーリン ラブ     ドン フォーリン ラブ     ドン フォーリン ラブ


コーヒールンバ
昔アラブの 偉いお坊さんが 恋を忘れた 哀れな男に
しびれるような香り いっぱいの
琥珀色した
飲み物を 教えてあげました
やがて心ウキウキ とっても不思議な このムード
たちまち男は
若い娘に 恋をした
コンガ マラカス 楽しいルンバのリズム 南の国の 情熱のアロマ
それは素敵な飲み物コーヒーモカマタリ
みんな陽気に飲んで踊ろう
愛のコーヒールンバ

昔アラブの 偉いお坊さんが 恋を忘れた 哀れな男に
しびれるような香り いっぱいの
琥珀色した
飲み物を 教えてあげました
やがて心ウキウキ とっても不思議な このムード
たちまち男は
若い娘に 恋をした
コンガ マラカス 楽しいルンバのリズム 南の国の 情熱のアロマ
それは素敵な飲み物コーヒーモカマタリ
みんな陽気に飲んで踊ろう
愛のコーヒールンバ

コンガ マラカス 楽しいルンバのリズム 南の国の 情熱のアロマ
それは素敵な飲み物コーヒーモカマタリ
みんな陽気に飲んで踊ろう
愛のコーヒールンバ


サバの女王
あなたゆえ 狂おしく 乱れた 私の心よ
惑わされ
背かれて 戸惑う 愛の まぼろし
私はあなたの 愛の奴隷  命もまごころも あげていたいの
あなたが居ないと 生きる力も 失われてゆく 砂時計

思い出は 遠すぎて 涙は今日もほほ濡らす
哀しみを
つれながら 歩けば 影も重たい
私はあなたの 愛の奴隷  たとえ嫌われても 愛してるわ
けれどもあなたが 帰る望みは 失われてゆく 砂時計


私はあなたの 愛の奴隷  たとえ嫌われても 愛してるわ
けれどもあなたが 帰る望みは 失われてゆく 砂時計



サンライズ サンセット
ふと気づくと君は 大人になったね 今は笑い声も しとやか
思い出すよ君が 生まれたあの日を まるで昨日のように
サンライズ サンセット サンライズ サンセット 時ながれ 
陽の光を浴びて
花びらは開く
サンライズ サンセット サンライズ サンセット 時うつり 
幸せの涙を 流す朝が 来る

ふと気づくと君は 美しい女 そして君はいつか 飛び立つ
思い出すよ君が 歩き始めた日 まるで昨日のように 
サンライズ サンセット サンライズ サンセット 時ながれ 
陽の光を浴びて
花びらは開く
サンライズ サンセット サンライズ サンセット 時うつり 
幸せの涙を 流す朝が 来る


シェリー
シェーリー シェリベイビー  シェリー シェリベイビー
シェーーーーーリー ベイビー (シェリーベイビー)
シェリー
さあ出ておいでよ
シェーーーーーリー ベイビー (シェリーベイビー)
シェリー そっとおいでよ
さぁ 出ておいで パパもママも ぐっすりと おやすみだけれど
忍び足でネ イェ イェ イェイ

シェーーーーーリー ベイビー (シェリーベイビー) 
シェリー
さあ出ておいでよ
二人のために 踊ろう (シェリーベイビー)  
月さえ雲の中

さぁ 出ておいで いつものとこ 踊りに行こう 
パパとママが
目を覚ますまで

シェーーーーーリー ベイビー (シェリーベイビー) 
シェリー
さあ出ておいでよ
カム カム   カム アウト トゥナイト    カム カム カム   アウト トゥナイト

シェリー シェリベイビー   シェリー シェリベイビー  
シェリー シェリベイビー   シェリー シェリベイビー  さあ出ておいでよ


ジャニー グッド
遠くルイジアナからニューオリンズ  緑の森と谷を抜け
古ぼけた小さな小屋に  暮らして居るのがジャニーBグッド
読み書きさえもできないが  ギターを彼に持たせれば
ゴーゴー ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー 
ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー  ジャニーBグッド



どこでもギターを抱えて  リズムを刻みに出かける
誰もかれもがビックリ  立ち止まり耳を傾ける
オーマイ ガッド少年が こんな小さな少年が
ゴーゴー ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー 
ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー  ジャニーBグッド


母親はジャニーにささやく  お前が大人になるころは
世界の果てからみんなが  お前のギターを聴きに来る
ジャニーBグッドの名前が 世界中を駆け巡る
ゴーゴー ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー 
ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー  ジャニーBグッド

ゴーゴー ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー 
ゴージャニー ゴーゴー  ゴージャニー ゴーゴー  ジャニーBグッド



シューベルトの子もり歌   内藤濯訳詞・シューベルト作曲
ねむれ ねむれ 母の胸(むね)に ねむれ ねむれ 母の手に
こころよき 歌声に むすばずや 楽しいゆめ

ねむれ ねむれ 母の胸に ねむれ ねむれ 母の手に
あたたかき その袖(そで)に つつまれて ねむれよや

ねむれ ねむれ かわいわく子(ご) 一夜(ひとよ) 寝(い)ねて さめてみよ
くれないの ばらの花 開くぞや まくらべに

ねむれ ねむれ 母の胸に 一夜 寝ねて 起きてみよ
かおりよき ゆきの花 におうぞや ゆりかごに


情熱の花
ヤヤヤヤー ヤヤヤヤー ヤヤヤヤー ヤヤヤヤ
お前のかわいい 胸に  開く 情熱の花 紅い 花よ
その花の開く たびにいつも 誰か男が 涙を流す

男心を 誘い 捕らえ  情熱の花 紅く 咲いた
可憐な その口 その目の 奥に  男を待つは 赤い

ヤヤヤヤー ヤヤヤヤー ヤヤヤヤー ヤヤヤヤ
罠だと知って なおも 近づく  男心を あざける ように
好きなの と甘い 微笑み 浮かべ  情熱の花 今日も 開く


誰かが誰かを愛してる
誰でもいつの日にか 誰かを愛するの
それは今
かしら 私の恋は
誰でもどこかで会って 誰かを愛するの
それはここ
かしら 私の 恋は
見知ら者どうし なぜか分かるの この人よ
待ってたのよあなたを
あなたにも分かるでしょう
愛する人はいつか かならず現れる
その時は突然
誰にでも いつか

見つめ合う瞳 交わす言葉も うわの空 
初めての
口づけ 胸の鼓動は高鳴る
愛する人はいつか かならず現れる
その時は突然
誰にでも いつか


ジョージー ガール
ヘイ ゼア ジョージー ガール 弾むように歩く
けれど誰も振り向くことさえ
しない
ヘイ ゼア ジョージー ガール 君には分からない 君の本当の その魅力
臆病な心を ときはなして 自分をさらけ出そう  ちょっぴり
ヘイ ゼア ジョージー ガール 怖がることじゃない
ほんの少しの
勇気出せば 君は ニュー ジョージー ガール

ヘイ ゼア ジョージー ガール 周りを見てごらん 君の世界が 回り始める
臆病な心を ときはなして 自分をさらけ出そう  ちょっぴり
ヘイ ゼア ジョージー ガール 怖がることじゃない
ほんの少しの 勇気出せば 君は ニュー ジョージー ガール 
カモン
ジョージー ガール
ニュー ジョージー ガール 
ウェイクアップ
ジョージー ガール


ジョニー エンジェル
ジョニーエンジェル 素敵な あなたの瞳には 誰も逆らえない 魅力が
ジョニーエンジェル あなたに 話しかけられると 私の心は 空に舞う
恋しい 誰よりも あなたのこと 愛してるの  
淋しい
気づいてよ 私の心は ドキドキなのよ
ジョニーエンジェル 私は あなたの側に居る 心のときめき 気づいてよ

恋しい 誰よりも あなたのこと 愛してるの 
淋しい
気づいてよ 私の心は ドキドキなのよ
ジョニーエンジェル いつかは あなたに愛されて 胸にうずもれて 夢を見るの


知りたくないの
あなたの過去など 知りたくないの 済んでしまったことは 仕方ないじゃないの
あの人のことは 忘れてほしい たとえこの私が 聞いても言わないで

あなたの愛が
まことなら ただ それだけで 嬉しいの
愛しているから 知りたくないの 早く昔の恋を 忘れてほしいの


スイート キャロライン
春の日 いつしか愛は 芽生え始めてた  
夏の日 二人は気付く 求め合う心
手を 伸ばし 君の ほほに 触れる
スイート キャロライン 燃え上がる愛よ  
アイブ
ビーン インクライン 永遠の愛をちかう

二人で 見つめる夜の 港は 優しい  
昨日の
淋しさは今 海に溶けてゆく
手を 伸ばし 君の ほほに 触れる   
スイート キャロライン 燃え上がる愛よ  
アイブ
ビーン インクライン 永遠の愛をちかう

スイート キャロライン 燃え上がる愛よ  
アイブ
ビーン インクライン 永遠の人よ  
スイート
キャロライン


砂に消えた涙
青い月の光を浴びながら 私は砂の中に
愛の形見をみんなうずめて 泣いたの 一人きりで アアア
あなたが私にくれた 愛の手紙 恋の日記
それの一つ一つのものが
偽りの プレゼント

白い波の打ち寄せる海辺で 私は砂の中に
恋の思い出みんなうずめて 泣いたの一人きりで アアア
あなたが私にくれた 甘い言葉 熱いキッス 
それの一つ一つのものが
偽りの プレゼント

青い月の光を浴びながら 私は砂の中に 
愛の形見をみんなうずめて 泣いたの   一人 きりで


スマイル
スマイル 悲しい時も 寂しい時も こらえながら
いやな ことは忘れて 微笑み浮かべ 生きていれば きっと
スマイル 明日の光が 君の心を 照らし 輝きだす
つらい 時だからこそ 涙こらえて 微笑んでいよう
イフ
ユール ジャスト スマイル

スマイル 泣いてみたって 何もならない 下を向いてないで
空を見上げてごらん 暗い雲間に 青い空が見える
スマイル 明日の光が 君の心を 照らし 輝きだす
つらい 時だからこそ 涙こらえて 微笑んでいよう
イフ
ユール ジャスト スマイル


スワニー
遠い旅路の果て ふるさと偲べば こころは 高鳴る 恋しさに
小鳥たちは歌い 私を呼んでいる 懐かしい ふるさと スワニー 今こそ
スワニー いとしい私の ふるさとスワニー 早くあいたい 懐かしい
デキシー マミー 私の帰りを 祈りながら  
いつまでも
待ってる 優しい母よ
スワニー スワニー 愛するこのスワニー   マミー